コンテンツへ

    掲載日:2017.03.21

    台北でワークショップが盛んな理由

    体験することが、商品の背景にある文化への興味をつくる

    ANAプレミアムメンバー向けライフスタイルマガジン「ana-logue(エーエヌエー・ローグ)」冬号では、「台湾デザインカルチャーの生まれるところ」という特集を掲載しております。その中から、Life & Mile読者の方にサイドストーリーを紹介しています。

    台北の中心・中山区にある「華山1914文創園区」。ヴィンテージ感あふれるいくつかの建物は、作りも広さもそれぞれ異なり、覗いてみると、若い人たちで賑わうポップアップストアがひしめいている。少量生産されたと思しき衣類や雑貨などは、どれもシンプルで親しみを感じるデザインだ。「職人棟」と呼ばれるエリアは皮革・金属・木工など素材別に部屋が分けられ、常にワークショップが開かれている。既成概念にとらわれない、若い作り手たちの気配。このような地域が、台湾では新しい文化が創造される場所として「文創区」と呼ばれている。

    他の文創区や、大きめの書店などでもちょっとした工芸のワークショップは盛況だ。アクセサリー作りや、木工の玩具作りなど子供も簡単にできる講座もたくさんある。台湾では人と関わることに臆せず積極的になんでもやってみる人が多い。台湾人の友人たちと食事の約束をすると、いつの間にか知らないメンバーが増えていることがあるが、それは特別なことではなく、他人同士が自然に関わりを持つことに慣れているのだ。

    店がワークショップを開くのは、参加費用を稼ぐためではない。文具店が手作りノートの作り方を教えたり、フィルムカメラの店がネガの現像体験を開催したりするのは、ワークショップを通して商品の背景にある文化にまで興味を促すためだ。自ら手を動かしながら楽しく学ぶからこそ、対象へのさらなる関心や、創作意欲がわいてくる。つまり、ワークショップとは、未来へ種をまく作業なのだ。

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る