コンテンツへ

掲載日:2020.03.16

最終更新日:2021.10.29

頼れる海外旅行保険で、旅の安心と楽しさをアップ!

ANA's tweet

念入りに準備した海外旅行でも、現地でケガや病気等のトラブルに遭わないとは限りません。ANAマイレージクラブ会員限定の海外旅行保険なら、治療・救援費用の保険金を無制限で受け取れるだけでなく、旅先でも専用LINEの無料通話で日本語のサポートが受けられます。詳しくはこちらの『Travel & Life』の記事でご紹介しています 。

ANAカードの付帯補償を活かして、最適な補償プランをつくれる!

海外旅行の準備で欠かせないものといったら何でしょうか?
パスポート、航空券、スマートフォン、クレジットカードや現金、旅先の気候に合わせた衣服など。そして、ぜひ加入しておきたいのが、海外旅行保険です。

海外旅行中のトラブルで保険金が支払われる件数は、年間でなんと約17万件(*)。病気やケガにおける治療費だけでなく、入院時に家族が現地に駆けつけたときの渡航費、手荷物の盗難や破損に対する補償費、誤って他人にケガをさせてしまい賠償責任を負った場合の損害の補償費など、多岐にわたっています。それだけに、補償内容や補償金額の検討は大切です。

そこでご紹介したいのが、ANAマイレージクラブ会員限定のANAの保険「明日へのつばさ」の「海外旅行保険」。

特徴は大きく5つあります。

①「治療・救援費用」の保険金額が無制限

海外ではケガや病気、感染症などの治療費が非常に高額になるケースがあり、また、急遽、家族が現地に駆けつける費用も軽視できません。「明日へのつばさ」なら、治療・救援費用の補償額を無制限にできるので安心です。

②ANAカードの付帯補償に合わせた補償プランが作成できる

ANAカードをお持ちの方は、カード付帯の補償内容をWEB上で確認してから、その補償に上乗せする「ANAマイレージクラブ会員専用プラン」をワンタッチで作成可能! 万一の事態に対して心強い補償内容を設定できます。

  • ANAマイレージクラブ会員の方であれば、ANAカードをお持ちでない方もご加入いただけます。

③搭乗直前までスマートフォンで加入できる

旅行前は忙しくて加入の手続きができなかった人も、うっかり忘れていた人も、大丈夫!搭乗ゲートを通過する直前までスマートフォンからお申し込みいただけるので、保険に未加入のまま海外へ渡航することがなくなります。

④旅行中のトラブルはANA専用のLINE無料通話がサポート

もし病気やケガ、盗難などのアクシデントが起きた場合は、ANA専用のLINE無料通話を使えば、24時間・年中無休、担当スタッフが日本語で対応します。

⑤ANAマイレージクラブ会員専用商品『海外お買い物補償』

クレジットカードでの購入品に限定せず、海外旅行中に購入した商品を対象として帰国後も補償する、海外でのお買い物を安心して楽しんでいただくための保険商品(オプション)をご用意いたしました。

この他にも、多彩なサービスメニューをご用意。

ANAマイレージクラブ会員限定の特典が盛り沢山の海外旅行保険。この機会にスマートな選択でより安心な旅を!

  • 2018年度 海外旅行保険 保険金支払い件数(東京海上日動火災保険株式会社)

このホームページは各保険の概要についてご紹介したものです。ご加入にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。ご不明な点等がある場合には、下記問い合わせ先までお問い合わせください。

保険商品名:海外旅行保険・一般包括任意付保契約、動産総合保険
引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社
募集文書番号:21-T03190 作成年月:2021年10月
団体契約者:全日本空輸株式会社
募集代理店:ANAファシリティーズ株式会社
問い合わせ先:ANAの保険「明日へのつばさ」ご相談デスク
TEL:0120-002-773(受付時間)全日10:00~18:00
ガイダンス「1」海外旅行保険 10時~18時(年中無休)
ガイダンス「2」親介護保険・がん保険・傷害保険・定期見直し医療保険・一生続く医療保険・加入しやすい医療保険 10時~18時(年末年始を除く)

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る