コンテンツへ

掲載日:2020.10.26

【マイラー自由研究】パートナー企業の魅力を探る!File14:ハウスクリーニング

「東急ベル」の専門スタッフが見えない部分に潜むカビや汚れまで徹底洗浄

ANAマイレージクラブで提携しているパートナー企業は、魅力的なところばかり。商品の購入やサービスの利用で、マイルを貯める・使うことも楽しんでいるマイラーとしては、各企業の特長やヒストリーなども興味津々。そこで、気になることをマイラーが自由に探っていきます! さて、今回のテーマは?

パートナー企業

東急株式会社

テーマ

掃除をプロに頼むメリットとは?

研究

ふだん家の掃除をしていて、「ここを自分できれいにするのは難しいな」と感じるところがあります。たとえば、キッチンの換気扇、エアコン内部、浴槽の見えないところ、浴室や洗面所の排水口など。そんなときに頭に浮かぶのが、ハウスクリーニングサービス。プロに依頼すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。ANAのマイルが貯まる「東急ベル」のハウスクリーニングについて調べてみました。

〈プロならではの良さ〉

東急ベルでサービスを担当する「ベルキャスト」は、定期的な研修を積み重ねて常に掃除のスキルを更新。また、使用する洗剤は家庭用から業務用まで20種類以上、掃除道具は100種類以上を備え、掃除をする場所や汚れの種類などによって適切に使い分ける。そんなプロの熟練の技術と特別な道具により、手の届きにくい部分や見えない部分まで徹底的にクリーンに仕上げる。

〈こんな場所・こんな人におススメ〉

  • 換気扇やエアコン内部など、分解しなくては掃除できない場所
  • 業務用の機械や洗剤を使ったほうがきれいになる場所
  • 水まわりの滑りやすい場所や高所など、作業に危険を伴う場所
  • 忙しくて、掃除をする時間が確保できない人
  • 健康を害する恐れのあるカビやホコリなどを除去したい人 など

〈東急ベルのハウスクリーニングメニュー例〉

  • エアコン
    エアコンを分解して、内部の汚れを高圧洗浄で清掃。カビやホコリが室内へ拡散されるのを防ぎ、イヤなニオイも解消。運転効率のアップにより、電気代の節約にもなる。
  • 浴室
    浴槽のエプロン内部や鏡、窓、換気扇フィルターなど、それぞれの場所にあわせた洗剤を使って効果的に汚れを落とし、カビや水アカ、皮脂などで汚れた浴室をきれいに掃除する。
  • 洗面所
    洗面ボウルや水栓、鏡をはじめ、換気扇フィルターまできれいに掃除。汚れがこびりつきやすい排水口は分解して部品まで洗浄し、汚れ・水アカを取り除く。
  • トイレ
    便器の黒ずみや黄ばみをきれいに落とし、換気扇フィルターも洗浄。ウォシュレットは可能な範囲で機器を外して分解し、ふだんは手の届かない隙間なども丁寧に掃除する。
  • キッチン
    シンクの水アカやコンロのしつこい油汚れなど、汚れの種類によって専門の道具を用いてきれいに洗浄。オーブンレンジや食洗器もオプションで対応する。
  • レンジフード
    換気扇のファンやフィルターなどを外してレンジフード内部を洗浄し、取り外した各部品も洗浄。レンジフード表面の汚れや吸い込み口に付着したホコリなども取り除く。

  • 砂ボコリや雨、手アカなどでくすんだ窓ガラス、サッシ、網戸をすっきりきれいにする。

    その他、ベランダ、カーペット、洗濯機などのクリーニングも手掛けている。

マイラーの感想

機器の内部や手の届かない隙間など、家の中には掃除しづらい場所が意外に多く、また、汚れの種類も様々なので、適した洗剤や道具を揃えるのは大変なもの。その点、プロに依頼すれば、技術も経験も道具も豊富にあって、丁寧で迅速に徹底洗浄してくれるのだとわかりました。年末の大掃除はもちろん、日頃から定期的に掃除してもらえば、常にきれいな状態を保てて、家で過ごす時間がより快適になるように思います。

マイル積算

サービス利用200円(税込)につき1マイル積算。

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る