コンテンツへ

掲載日:2020.02.19

【滋賀/長浜】 レトロモダンなガラスアートの町 “黒壁スクエア”

滋賀県北東部に位置する琵琶湖のほとり“長浜”に、話題の観光スポット「黒壁スクエア」があります。歴史的建造物をいかしたノスタルジックな街並みに美しいガラスアートの数々が揃い、こだわりのショップやカフェが立ち並びます。愛犬連れで楽しめるスポットも多く、今おすすめの旅先のひとつ。ガラスに実際に触れられる体験教室もあります。

黒壁スクエアのシンボル、黒壁ガラス館

黒漆喰の壁が印象的な黒壁ガラス館
明治33年、建設当時の趣そのままに佇む木造2階建ての建物。国の登録有形文化財に指定されている

まずは、黒漆喰の壁が印象的な黒壁ガラス館へ。
元々は約120年前の明治33年に銀行として建てられ、黒漆喰の壁であったことから「黒壁銀行」という愛称で市民より親しまれていました。
その後、カトリック教会として使われた時代には白かった外壁を黒く塗り直し、平成元年に黒壁ガラス館としてオープン。
内装も当時の趣きそのままに復元されました。

館内では、国内外の美しいガラス製品が展示販売されており、愛犬は抱っこで入店できます。

窓枠の雰囲気など、銀行だった当時の面影が残っている
2階。窓枠の雰囲気など、銀行だった当時の面影が残っている
静かな炎の灯りに癒されるオイルランプも

主に、1階は国内製品、2階には海外製品、およそ3万点のガラス製品が並べられています。

グラスやアクセサリーなどの日常使いできるものから、インテリアとして日常に取り入れたいアート作品まで、繊細で美しく、多彩なガラスの魅力に触れられます。

ガラスの発色やカットの方法、デザインなど、各国の特色を見比べてみるのも楽しいです。

手のひらサイズのチェコ製の香水瓶
手のひらサイズのチェコ製の香水瓶。インテリアとしても映える
急な階段も当時のままに
急な階段も当時のままに。ノスタルジックで味わい深い一角

明治時代の洋風建築を間近に堪能できることも魅力です。
繊細なレリーフや立体彫刻など、明治の職人技が館内の随所に残り、その丹念な仕事ぶりを間近に感じることができます。

ワクワクするようなメニューがたくさん!“96カフェ”でランチ

愛犬とテラス席へ
愛犬とテラス席へ。テイクアウト用のカウンターからオーダー
おしゃれな雰囲気が漂う、グリーンが配された広いテラス席

黒壁ガラス館の向かいの通り、黒壁スクエアの中心に96カフェ(クロカフェ)が佇んでいます。
広々したテラス席でランチタイムを楽しみましょう。
11:00から14:00はランチメニューが用意されています。

「近江鶏卵のオムライス」950円(税込)

ランチメニューの「近江鶏卵のオムライス」は、近江鶏卵を使用し、食感はふわふわ、とろとろ。

「ホット ゴスラテ」550円(税込)

ロンドン生まれのゴスラテは、食用の竹炭でカプチーノを真っ黒に仕上げています。

「黒壁ソフト」店内:450円/テイクアウト:400円(税込)

「黒壁ソフト」は見た目が楽しくインパクト十分。
竹炭とココアパウダーで色づけされており、チョコレート味です。

また、ここ96カフェでは、近江牛や近江豚をはじめ、地元の食材を使ったメニューが人気。
「黒壁」にちなんだ黒いドリンクやスイーツなどのメニューがあり、ついあれもこれもと試したくなってしまいます。

ガラスにまつわる体験教室が充実

学校の工作室を思わせる黒壁体験教室
学校の工作室を思わせる黒壁体験教室。愛犬も同伴可能

ガラス工房が点在する黒壁スクエア。
ガラスアートで知られる街だからこそ、ぜひトライしてみたいのが、ガラスの体験教室です。
黒壁体験教室では、飼い主さんが製作している間、愛犬と側にいることができます。
(※ペットカートやリードなどが必要です)

ガラス細工やアクセサリー、キャンドル製作など、誰でも気軽に楽しめるものから本格的なコースまで、さまざまな教室が設けられているので是非チェックしてみてください。
(※体験のメニューは、季節によって変わります)

ステンドガラス館
ステンドガラス館。ガラス張りの工房は制作風景を外からも眺められる

ステンドガラス館では、ステンドガラス工房にて、色とりどりの板ガラスを使ったフォトフレームやミラー、スタンドなどの製作体験を行なっています。
完成作品はもちろん、ものづくりの楽しさが旅のなによりの思い出になりますね。
愛犬は抱っこで見学が可能です。

センスのよいギフトショップでお土産選び

色とりどりの雑貨が美しく並べられ、眺めているだけでも心が浮き立つ
落ち着いた雰囲気の店内
落ち着いた雰囲気の店内。お気に入りの品をゆっくり見つけたい

旅の思い出に、センスのよいものを記念の品として持ち帰りたい。
そんなときには、ギフトショップMONOKOKORO(ものこころ)へ。
店内には、国内外からセレクトした、デザインと機能性に優れたアイテムがずらりと揃います。
大切な人や自分へのギフトに、素敵なものが見つかりそうです。
愛犬は抱っこで入店が可能です。

レトロな街並を散策

通りを散策。ぐるりと見てまわるだけでも楽しい気持ちに
古さの中にも、どこかモダンな雰囲気が漂う

江戸から明治にかけての建造物が多く残る黒壁スクエア。
古建築が当時の趣きそのままに立ち並び、風情たっぷりです。

どこか懐かしい風景を通りから通りへ、愛犬とのぶらりと気ままな街歩きがなんとも楽しく感じられます。
ゆっくりと散策しながらこの地の歴史と文化をじっくり感じてくださいね。

黒壁スクエア

抱っこで入店できるスポットが多く、愛犬連れでも十分に楽しめる黒壁スクエアは、コンパクトにまとまっていて移動がしやすいのも魅力のひとつ。

ギャラリーやショップをのぞいたり、カフェテラスでランチを楽しんだり、美しいガラスアートを堪能して、おまけに製作体験までできる充実ぶり。
1日かけてゆっくりと楽しみたいですね。

愛犬とともに楽しむ滋賀・長浜エリアの旅。
是非とも行ってみたいスポットとして、チェックしてみてはいかがでしょうか。

<DATA> 黒壁スクエア

【住所】滋賀県長浜市元浜町12-38
【電話】0749-65-2330
【営業時間】10:00〜18:00(11月〜3月は10:00〜17:00) 施設により異なる
【アクセス】電車の場合:JR長浜駅から徒歩約5分/車の場合:北陸自動車道長浜ICから車で約10分
【公式HP】https://www.kurokabe.co.jp

ライター:石川 明加 Haruka Ishikawa

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る