コンテンツへ

    出典 : pixta_58084223

    掲載日:2020.06.24

    【獣医師監修】老犬の水分補給におすすめの給水器は?使用時の注意点・ポイントは?

    老犬の状態によっては水を飲ませる給水器に悩むこともあります。老犬は水を飲む意識も低下しがちであり、自分ではうまく飲めないこともあるので、十分に水分が摂れるようにしてあげることは大切です。老犬にはどんな給水器が向くのか、水分の摂り方があるのか、そのポイントをご紹介します。

    老犬の給水器【選び方・ポイントは?】

    【獣医師監修】老犬の水分補給におすすめの給水器は?使用時の注意点・ポイントは?
    pixta_64424969

    犬に水を飲ませる道具である給水器にもいくつかタイプがあります。

    自宅用

    老犬はふらふらして水をこぼすこともあるので、器はぐらぐらしない安定性のあるものを。
    犬のサイズにもよりますが、筋力が落ちている老犬では、首を伸ばして器の向こう側の縁に口を付けて飲む犬の場合、器が大き過ぎると首に負担がかかっていることが考えられるので、ひとまわり程度円周が小さめの器のほうが負担は軽減できるでしょう。

    ウォーターノズル付き給水器

    持病があるなど、飲水量をチェックしたいのであれば、目盛り付きのウォーターボトルがお勧めです。
    また、飲み皿付きのウォーターボトルで、お皿が深い場合、水が少なくなると飲みづらいことがあるので、飲み皿の水は常に一定量保てるかチェックを。

    自動給水器

    老犬の首の曲がり具合、筋力などによっては、水が上から流れ落ちてくるタイプの給水器であると飲みやすい場合もあります。

    お出かけ・携帯用

    飲み皿とセットのウォーターボトル

    お出かけにはもっとも便利です。
    愛犬の口の高さに合わせて持っていてあげられるのもメリット。
    ペットボトルに飲み皿を付けるだけのタイプもあります。

    水こぼれ防止機能が付いた器

    特に車移動の場合、車内でも水を飲ませることを考えると水がこぼれにくい器は便利ですが、こうした器の中の水量は少なめであることが多いため、老犬には飲みづらい場合もあるかもしれません。

    老犬の給水器【使用時の注意点・ポイントは?】

    老犬の給水器【使用時の注意点・ポイントは?】
    pixta_38485589

    犬に必要な水分量は?

    みなさんは愛犬にとって必要な1日の水分量をご存知でしょうか?

    1日の水分量(ml)=(体重kg)0.75乗×132

    この計算式にて求めることができますが、あらかじめその量を知っておくと日々の健康管理にも役立つことでしょう。

    おおむね、下の表のようになります。

    犬に必要な1日の水分量

       
    体重 必要水分量
    2kg
    222ml
    4kg 372ml
    6kg 506ml
    8kg 628ml
    10kg 742ml
    12kg 851ml
    14kg 956ml
    16kg 1,056ml
    18kg 1,154ml
    20kg 1,249ml
    22kg 1,341ml
    24kg 1,431ml
    26kg 1,519ml
    28kg 1,606ml
    30kg 1,692ml
    32kg 1,775ml
    34kg 1,859ml
    36kg 1,940ml
    38kg 2,021ml
    40kg 2,100ml
    42kg 2,178ml
    44kg 2,255ml
    46kg 2,332ml
    48kg 2,408ml
    50kg 2,482ml

    注:これはあくまでも目安であり、健康状態や環境などにより個体差があります。

    また、犬では1日の水の摂取量が体重1kあたり100mlを超えると多飲と考えられ、何らかの病気が隠れている可能性もあるそうなので、愛犬の飲水量に不安がある場合は動物病院で診てもらってください。

    【犬における1日の正常な水摂取量の目安】(*1)
    体重1kgあたり20~90ml

    【多飲多尿の症状が出る病気の例】
    ✔副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
    ✔腎疾患
    ✔肝不全
    ✔糖尿病
    ✔子宮蓄膿症
    ✔ストレス
    ✔薬の影響     など

    参考資料:
    (*1)公益社団法人埼玉県獣医師会「水の飲み過ぎは病気のサインかもしれません!」

    水を飲む環境づくり

    自宅

    老犬は筋力が低下し、脚が踏ん張り切れないこともありますし、首の筋肉も上げづらい、または下がってしまうこともあります。

    犬の体高にもよりますが、水入れを床に置いたままであると上記のように体に負担がかかって飲みにくいことがあるので、愛犬が飲みやすい口の高さに合わせて給水器を置いてあげるといいでしょう。

    器(お皿)の場合は、器が動かないように固定を。
    そして、床には滑り止めのマットを敷くことをお勧めします。

    また、中には水飲み場まで歩いて行くことが辛い、面倒ということもあるので、場合によっては行きやすい距離・場所に水飲み場を2~3ヶ所作ってあげるのもいいでしょう。

    お出かけ

    お出かけ時は普段と違う環境に興奮したり、ストレスを感じたりして水を飲む機会も増えがちですが、水の管理は飼い主さんになるので、休憩や目的地に着いてから、遊んだ後などなるべく水を飲めるように配慮してあげましょう。

    飲みやすさを考える

    老犬は首が曲がってしまうことがある他、体のこわばりなどから、一般的な器では飲みにくくなることがあります。
    その場合には、

    ✔器の形を替える
    ✔舌が届きやすいよう、水をなるべく器いっぱいに入れる
    ✔ウォーターノズル式の給水器に替える
    ✔水が上から流れ出てくるタイプの自動給水器を使う

    などが考えられますが、愛犬にとって一番よいものを見つけてみてください。
    ただ、中には器を変えることで飲まなくなる犬もいるので、その辺は臨機応変に対応しましょう。

    また、自力で水を飲めない老犬の場合は、シリンジや、人間の介護用の水飲みである吸い飲み、先の細いドレッシングボトルなどが使えます。
    その際、寝たままだったり、首を上にぐっと伸ばした状態で飲ませたりすると誤嚥に繋がることもあるので、枕を使って頭を少し高くする、首を上に伸ばし過ぎないなどご注意ください。

    老犬の給水器【嫌がる場合や代用品は?】

    老犬の給水器【嫌がる場合や代用品は?】
    pixta_62008201

    老犬が水を飲みたがらない場合、以下のような方法もあるので試してみてはいかがでしょう。

    1. ご飯の水分量を増やす。
      肉や野菜を茹でたスープを足す、犬用のミルクを飲ませるなど。
    2. 水に味を付ける。
      水に犬が好むスープなど少量混ぜる、犬でも飲める黒豆茶のようなものを少量与えるなど。
      黒豆茶にはデトックス効果があるとされます。
    3. 水分の多い食品を与える。
      レタス、キュウリ、トマト、スイカ、リンゴ、豆腐など。
    4. 凍らせたものを舐めさせる。
      犬に与える水は常温がよいといいますが、季節や犬の状況によってはスープやリンゴの絞り汁などを凍らせて少量舐めさせるという手もあります。

    あまりに水を飲まない場合は脱水の危険もあるので、動物病院でご相談ください。

    老犬の給水器【まとめ】

    老犬の給水器【まとめ】
    pixta_21896253

    犬の体のおよそ60~70%は水分で、10%以上が欠乏すると生命の危険が生じると言われます。
    人では4%の水分欠乏でいらいらや吐き気が起こり、6%で手足の震えや頭痛、8%では呼吸困難やめまい、チアノーゼ、精神錯乱が、10~12%の欠乏で筋痙攣や失神、腎機能不全などが起こり、20%欠乏すると死に至るそうです。

    老犬は若い犬に比べて体の水分も少ない傾向にあるので、ちゃんと水分が摂れているか確認することは忘れずに。
    足りていないようなら積極的に水分補給を心がけてあげましょう。

    ライター:大塚 良重 Yoshie Ootsuka
    監修者:箱崎 加奈子(獣医師)

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る