コンテンツへ

掲載日:2021.02.04

ANA Trivia Vol.122 オペレーションの現場で飛び交う特殊用語。「ひとやま」とは?

飛行機が時間通りに空港から出発できるように、さまざまな調整を行うオペレーション業務。まさに時間との戦いです。そんな現場で飛び交う特殊用語、「ひとやま」とは何でしょう?

Q: オペレーションの現場で飛び交う特殊用語。「ひとやま」とは?

オペレーションの現場で飛び交う特殊用語。「ひとやま」とは?

1.富士山の上空を飛ぶ

不正解
A: 2.単純往復便

「ひとやま」とは、単純往復便のこと。日々のフライトが安全、快適、定時に運航できるよう調整や運航判断を行うオペレーション業務。わずかな時間で、状況に応じた最適な対応が求められます。オペレーションの現場では、より早く連携を図るために、さまざまな特殊用語が飛び交うのです。ちなみに「ざんく」は39便のこと、「早ハネ」は早い時間に運航を終える機材のことです。

2.単純往復便

正解
A: 2.単純往復便

「ひとやま」とは、単純往復便のこと。日々のフライトが安全、快適、定時に運航できるよう調整や運航判断を行うオペレーション業務。わずかな時間で、状況に応じた最適な対応が求められます。オペレーションの現場では、より早く連携を図るために、さまざまな特殊用語が飛び交うのです。ちなみに「ざんく」は39便のこと、「早ハネ」は早い時間に運航を終える機材のことです。

3.天候が荒れる日

不正解
A: 2.単純往復便

「ひとやま」とは、単純往復便のこと。日々のフライトが安全、快適、定時に運航できるよう調整や運航判断を行うオペレーション業務。わずかな時間で、状況に応じた最適な対応が求められます。オペレーションの現場では、より早く連携を図るために、さまざまな特殊用語が飛び交うのです。ちなみに「ざんく」は39便のこと、「早ハネ」は早い時間に運航を終える機材のことです。

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る