コンテンツへ

掲載日:2021.05.20

樹上で大冒険!自然の森で遊ぶ空中フィールドアスレチック5選

近年、フィールドアスレチックが進化し、ハーネスを着けて森の中を大冒険する施設が増えています。樹から樹へ空中移動をしたり、樹から地面へ滑り降りたりするため、子供だけでなく、大人も一緒に楽しめるのがポイント。大自然の中で爽快に遊びまわれる全国のおすすめ施設をご紹介します。

NACアドベンチャーパーク(北海道)

NACアドベンチャーパークのエントランス。ここから冒険が始まる!

北海道のニセコひらふエリアに2017年に開園した国内最大級のフィールドアスレチック。その規模は、広さ9,265㎡の敷地に10のコースと131のアクティビティが集合。最大収容人数120人の圧倒的なスケールで森の中を大冒険することができます。トドマツの樹の上からダイブしたり、羊蹄山に向かってジップラインで疾走したり、スリルと爽快感が待っています。

カメレオンⅡコースは、3~5mの樹上に本格的なアクティビティが連続。高さが苦手な人でも挑戦できる

コースはレベル別に初心者・初級、中級・上級・エキスパートがあります。初めは簡単なアクティビティからスタートし、転落防止用の安全装置をかけ替えながらクリアしていきます。

ヒルサイドグリーン。変化に富んだアクティビティが好奇心を刺激する

樹と樹の間の渡し部分が、丸太や木枠だけになり、だんだんとレベルアップ。うまくバランスをとって一歩一歩空中散歩を楽しみましょう。

冒険の前には、準備が大切。スタッフから15分程度のレクチャーを受け、いざ出発!

パーク内は、初心者(カメレオン2コース・イエロー2コース)・初級(グリーン2コース)・中級(ブルー2コース)・上級(レッド)・エキスパート(ブラック)があります。身長115cmから楽しめる8コースと、身長140cmから楽しめるレッド・ブラックコースが各1コースあります。レッドは上級者、ブラックは日本最難関クラスのコースです。

パーク内のコース全長は1,000m以上あるので、1日かけて普段の運動不足を解消するのにぴったり。親子で訪れるのはもちろん、デートで訪れるのもおすすめです。レベルや時間に合わせて挑戦してみましょう。

最後はジップラインでひとっ飛び!

各コースの最後に設けられているのが、ジップライン(ブラックのみツリーダイブ)。スタートするときは勇気がいりますが、滑空してみれば気分爽快!

NACアドベンチャーパーク

住所:北海道虻田郡倶知安町山田
電話番号:0136-23-2093
営業時間:4〜11月9:00〜17:00 、12〜3月10:00〜17:00
URL:https://nacadventurepark.jp

那須の森の空中アスレチックNOZARU(栃木)

ノザル1コースの平行ジップライン

栃木県・那須ハイランドパーク内にある「NOZARU」は、敷地内の約25,000㎡の森林と傾斜地を使った日本最大級の空中アスレチック。那須の森とその地形を生かして、樹と樹の間に設置されたアクティビティをクリアしていきます。コースは、身長130cm以上の人向けのノザルコースで7コース62アクティビティ、身長110cm以上の人向けのコザルコースで5コース37アクティビティが用意されています。ノザルコースに用意された100m以上を滑走するジップラインは、大迫力で森が接近します。

コザル3コースのチックタックブリッジ。コザルコースで最も苦戦するポイント

コザルコースは難易度の低めのコースもあり、レベルに応じて楽しむことができます。所定の場所に戻ってくるまで命綱が外れないシステムになっているので、安心。コース横で保護者が見学できます。

ノザル1コースのスインキング。コースクリアの基礎が詰まったコース

空中にワイヤーロープで吊られた細い丸太を踏みしめて進むアクティビティは、地上10mの高さにあり、一歩一歩進むたびに緊張の連続です。地上では味わえないスリルと興奮がやってきます。子供にとっては勇気あるチャレンジ、大人にとっては非日常の経験ができ、良い思い出になるでしょう。

那須の森の空中アスレチックNOZARU

住所:栃木県那須郡那須町高久乙3375
電話番号:0287-78-2900
営業時間: 9:00〜17:00(最終受付15:00)
URL:https://nozaru.net/nozaru/

冒険の森のせ(大阪)

アドベンチャーコースのアクティビティ・メガジップライン「てっぺん」

京都府と兵庫県に隣接した、大阪府総合野外活動センターの跡地に誕生した「冒険の森のせ」。大阪のてっぺんと呼ばれる標高の高いエリアの80,000㎡の敷地を生かして作られました。施設では、ツリートップアドベンチャーの2つのコースとフォレストセグウェイツアーの計3つが用意されています。

チャレンジコースのアクティビティ・スイングプレート。ゆらゆらするプレートをうまく渡るのがポイント

ツリートップアドベンチャーのチャレンジコースは5歳以上かつ身長110cm以上から参加が可能。より安全な命綱のシステムが採用されているので、安心して大冒険ができます。

アドベンチャーコースのアクティビティ・ネットウォークは最終コースの終盤。これが終わったらメガジップラインへ

ツリートップアドベンチャーのアドベンチャーコースは、身長140cm以上の人向けの大人も楽しめるコース。地上10mを超える高さの上を渡るアクティビティもあり、ハラハラドキドキ。頭と体を使って、恐怖心や緊張感とも戦いながら、空中を進みます。

アドベンチャーコースのアクティビティ・メガジップラインてっぺん。周りの風景の変化を楽しむのがポイント

アドベンチャーコースの最後にあるのが、メガジップラインてっぺん。樹間距離536mの池の上空を滑空!鳥になった気持ちで森と森の間を気持ちよく浮遊することができます。

冒険の森のせ

住所:大阪府豊能郡能勢町宿野437-1
電話番号:090-4643-4010
営業時間:平日10:00〜17:00(最終受付時間15:00)、土曜・日曜・祝日9:00〜17:00(最終受付時間15:00)※冬季休園期間あり
URL:https://www.bouken.co.jp/nose

ライター:Nozomi Okamoto(verb)

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

トラベル特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

ライフ特集

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む

この記事に関連するおすすめ

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

  •    
  •    

                                                         

戻る
進む
×

「いいね!」で記事へリアクションできるようになりました。

ページの先頭に戻る