コンテンツへ

    掲載日:2021.06.21

    【獣医師監修】犬のダイエットの方法や注意点を紹介

    犬にとっても、肥満は万病のもと。もし愛犬が太っている場合は、ダイエットが必要になるでしょう。犬のダイエットでは、日々の食事や運動を見直すのが大切です。肥満のリスクからダイエット方法、愛犬がリバウンドをしない秘訣などを知って健康管理に役立てましょう。

    犬の肥満の原因、おやつの食べすぎ?

    おやつの与え過ぎは犬の肥満の原因につながる pixta_57040018
    おやつの与え過ぎは犬の肥満の原因につながる pixta_57040018

    犬が太ってしまうのは、肥満を引き起こす病気にかかっているケースを除いて、犬自身のせいではありません。食事や運動を管理している飼い主さんに、愛犬の体重増加を招く原因があります。
    犬の肥満の原因で特に多いのは、おやつの与えすぎでしょう。同様に、飼い主さんが食事をしている際に、足元にいる愛犬におすそ分けをしている場合も肥満になりやすいと言えます。
    ドッグフードを規定量どおり与えていても、おやつやおすそ分けのカロリー分で、理想的な摂取カロリーを超えてしまうのです。
    そもそも、ドッグフードのパッケージに記載されているのは、その犬の理想体重における目安給与量です。すでに太り気味の愛犬の体重を基準にしては、給与量が日々オーバーして肥満につながります。
    また、去勢・避妊手術を受けた犬は太りやすくなることも知られています。
    これらの点にも注意しながら、飼い主さんは愛犬の毎日のトータルの摂取カロリーの管理を。それでも肥満になってしまった愛犬には、必要に応じてダイエットをさせて健康維持に努めましょう。

    肥満による犬へのリスク

    犬の肥満はさまざまな病気を引き起こし悪化の可能性も pixta_67794021
    犬の肥満はさまざまな病気を引き起こし悪化の可能性も pixta_67794021

    犬にとっても、肥満は万病のもと。肥満に陥ると、以下のような病気にかかりやすくなったり、重症化しやすくなったりします。

    肥満のリスク(1)関節疾患

    体重増加によって、関節にかかる負担が増します。その結果、関節炎になったり、遺伝的な素因などで子犬期から膝蓋骨脱臼(パテラ)を起こしやすい犬は、重症化しやすくなったりします。
    また、靱帯断裂などのリスクも高まります。

    肥満のリスク(2)呼吸器疾患

    フレンチ・ブルドッグやパグやシー・ズーなどの短頭種は、生まれつき気道が狭いという特徴を備えています。そのため、肥満により気管が脂肪で圧迫されると、短頭種気道症候群と呼ばれる呼吸器トラブルが悪化するので注意が必要です。

    肥満のリスク(3)椎間板ヘルニア

    ダックスフンド、コーギー、フレンチ・ブルドッグなどがかかりやすいことで知られる、椎間板ヘルニア。これらの犬種以外でも、肥満によって椎間板への負担が増加すると、ヘルニアを発症する危険性が高まります。

    肥満のリスク(4)心臓病

    肥満状態になると、心臓への負荷が増します。犬では、シニア期以降に発症の多い僧帽弁閉鎖不全症などの悪化は、肥満によるものも少なくありません。

    犬の効果的なダイエット方法

    犬のダイエットには水泳が効果的 pixta_72940775
    犬のダイエットには水泳が効果的 pixta_72940775

    愛犬が肥満状態である場合、ダイエットが必要です。けれども、すでに肥満度が高いケースでは、無理なダイエットや運動によって、身体に新たな健康問題が生じかねません。
    また、病気が原因で肥満になっているケースもあります。
    飼い主さんが手で触ってみて、愛犬の背骨や肋骨の感触が得られないような肥満の状態にある場合、病気が関係あるのかを確かめるためにも、ダイエットを始める前に必ず獣医師に相談してください。

    犬の効果的なダイエット方法は、食事療法と運動療法です。
    食事療法では、ダイエットフードやダイエット食と呼ばれるような療法食を用いるのが一般的です。
    手作り食の場合は、肉類は脂肪分の少ないささみ等を使用すると良いでしょう。ただし、おやつでささみジャーキーといった肉類はなるべく与えないように。トレーニングのご褒美などでおやつが必要な場合、ごはん分から取り分けたドッグフードを用いたり、カロリーが低い刻み野菜にしたり、ダイエット中の愛犬には工夫しながら与えてください。

    運動は、足腰への負荷を減らすため、泳げる犬であれば水泳が最適でしょう。運動療法についても、獣医師に相談しながら進めることが大切です。

    犬のダイエットが成功しない要因

    犬のダイエットには食事療法だけでなく運動療法も大切 pixta_22285918
    犬のダイエットには食事療法だけでなく運動療法も大切 pixta_22285918

    愛犬のダイエットに取り組んでいても成功しない理由のひとつには、食事療法ばかりに気を配り、運動が足りないケースが挙げられます。
    ダイエット中の散歩は、獣医師と相談しながら無理のない範囲で、坂道を上がったり少し走らせたりと、筋肉に多少の負荷をかけるほうが良いでしょう。
    もちろん、筋トレは室内でも行えます。バランスディスクに愛犬を載せたり、バスタオルを丸めた丸太のようなものを複数並べて、そこを跨ぎながら歩かせて四肢を上げ下げさせるようにしたり、方法は多種多様。愛犬が楽しみながら行えそうなメニューをYouTubeなどで探して、運動療法にも力を注いでください。
    筋肉質な身体を持っている人間や犬のほうが、脂肪を燃焼しやすく太りにくいことが知られています。
    筋トレ後はマッサージをしてあげると、スキンシップによって幸せホルモンとよばれるオキシトシンも分泌されて、愛犬と飼い主さん双方の健康促進にもつながるでしょう。

    ダイエットに成功してもリバウンドする原因

    ダイエット後のリバウンドには気をつけたいところ pixta_74719149
    ダイエット後のリバウンドには気をつけたいところ pixta_74719149

    ダイエットに成功すると、つい気を抜いて元の生活に戻してしまいがち。これこそ、リバウンドの大きな要因です。
    ダイエットに成功しても、人間の食べ物のおすそ分けは引き続き厳禁です。
    太りやすい体質の犬ならば、おやつも低カロリーなものを選びましょう。
    食事の満足感や満腹感をアップさせるためには、早食い防止食器を活用して、時間をかけて食べさせるのも良いでしょう。
    もちろん、健康維持のために、適度な運動と筋トレも継続するようにするのが重要です。

    まとめ

    犬の健康のために運動や食事について正しい知識を pixta_35021499
    犬の健康のために運動や食事について正しい知識を pixta_35021499

    犬が肥満になるか否か、そしてダイエットが成功するかのカギは、飼い主さんが握っています。
    獣医師に相談しながら、食事や運動を適切に管理しながら、無理なくダイエットに取り組みましょう。
    リバウンドにも注意しながら、愛犬が健康な毎日を過ごせるように、正しい知識を得て役立ててくださいね。

    • メインビジュアルは、イメージ(pixta_34905319)です。
    ライター:臼井 京音
    監修者:箱崎 加奈子

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    トラベル特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    ライフ特集

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む

    この記事に関連するおすすめ

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    •    
    •    

                                                             

    戻る
    進む
    ページの先頭に戻る