ANA Inspiration of Japan

ANA Travel & Life

ANA CAが東京さんぽ♪
話題の商店街「戸越銀座」

2017.03.09ANA CA's Note

ANA CA’s Note
ANA Latte編集員

都内有数の規模を誇る戸越銀座商店街(品川区)。ドラマやテレビ番組のロケでもおなじみの人気エリアです。今回は、CA編集員の中でも食べ歩きが大好きな森下CAと高橋CAがお出かけ。おいしそうなものを買い込んで、お店の人たちとの会話も楽しんできました!

Text by
Hiromi Hoshi
Photo by
Toshiharu Sakai

東京一長~い商店街に
魅力的なお店がぎっしり!

2016年12月にリニューアルした戸越銀座駅。多摩産の木材を使った駅舎はあたたかみある雰囲気。
2016年12月にリニューアルした戸越銀座駅。
多摩産の木材を使った駅舎はあたたかみある雰囲気。

スタートは戸越銀座駅。「わぁ、長いですね~!」と驚いていたのは森下CA。それもそのはず、戸越銀座商店街は3つの商店街の総称で、距離にして全長約1.3km。直線の商店街としては東京最長なのです。「端から端まで歩いてみましょう♪」という高橋CAのかけ声でいざ出発です。
突然、森下CAが「あらっ、この子は?」。店頭で見かける黄色い猫のキャラクターは、商店街のキャラクター「ぎんちゃん」こと戸越銀次郎。グッズも売られているほどの人気で、街のアイドル的存在です。

「ぎんちゃん、かわいい~♥」とCAふたりも同じポーズでキメてみました。日によっては着ぐるみが散歩しているという噂も…。美容室ホクレア前にて。
「ぎんちゃん、かわいい~♥」とCAふたりも同じポーズでキメてみました。
日によっては着ぐるみが散歩しているという噂も…。美容室ホクレア前にて。

食べ歩きの定番!
「戸越銀座コロッケ」めぐり

お母さんとのやりとりも楽しい「かたばみ精肉店」

「お持ち帰りですか?」と聞かれ、「ここで食べていきます!」と力強く答える森下CA。そのまましばらく話し込んでいました。それもまた戸越の魅力。
「お持ち帰りですか?」と聞かれ、「ここで食べていきます!」と力強く答える森下CA。
そのまましばらく話し込んでいました。それもまた戸越の魅力。

戸越銀座の名物は「戸越銀座コロッケ」。商店街ではいろんなお店が個性豊かなコロッケを作っています。

「かたばみ精肉店」は木村さん一家が営むお肉屋さん。ポテトコロッケは1個90円!主役はあくまでもじゃがいもで、隠し味は少々の豚ひき肉とこしょう。ラードでからりと揚げています。「衣がサクサク!」(森下CA)、「ポテトのなめらかな食感がうれしいですね」(高橋CA)。

そのままでも十分おいしいのですが、お願いすればソースをかけてもらえます。実はこのソース、戸越銀座オリジナルブランドなんですよ!揚げ物によく合います。撮影中もお客さんが途切れることがなく、「自家製の焼豚も美味しいのよ」と地元ミセスが教えてくれました。

「昔ながらのお肉やさん」という響きが、郷愁をそそります。
「昔ながらのお肉やさん」という響きが、郷愁をそそります。
かたばみ精肉店
営業時間10:00~19:00/火・水曜定休

ころんと丸い、おでんコロッケをパクッ
「後藤蒲鉾店」

ふたりが手にしているのがおでんコロッケ。お味はいかに?
ふたりが手にしているのがおでんコロッケ。お味はいかに?

「おでんコロッケ?」と足を止める高橋CA。多彩な自家製おでん種を作っている後藤蒲鉾店ではおでんを通年販売していて、つい誘惑されてしまいます。お店のもうひとつの名物が「おでんコロッケ」70円。「見た目が愛らしい!」(高橋CA)、「えっ、ホントにおでんの和風味!」(森下CA)。じゃがいもをベースに、つみれやこんにゃくといったおでんの具を細かく刻んで混ぜ込んでいて、新鮮な食感。おでんの可能性を開拓した新しいコロッケです。イートインスペースがあり、おでんで一杯、というのも楽しそうですね。

後藤蒲鉾店
後藤蒲鉾店
営業時間10:00~20:00/火曜定休

焼きたて、揚げたて!行列ができる人気店

焼き小籠包はスープがジュワ~!
「龍輝(りゅうき)」

スープたっぷりの焼き小籠包に驚くふたり。ずっしりとボリュームがあり、お箸で持つのが大変なほど。このあと、「熱い~!」「スープが飛び出しそう!」と賑やかな展開に。
スープたっぷりの焼き小籠包に驚くふたり。ずっしりとボリュームがあり、お箸で持つのが大変なほど。
このあと、「熱い~!」「スープが飛び出しそう!」と賑やかな展開に。

焼き小籠包と鶏粥の店。焼き小籠包は上海育ちのご主人・劉さんが子供の頃に食べた味を再現しているそう。「まずは穴をあけてスープを飲んでみて!熱いから注意してね!」とご主人。こんがり焼き上げた焼き小籠包は2個250円。「大きくてれんげからはみ出しそう!」(森下CA)、「お肉のうまみをストレートに感じます!」(高橋CA)。スープはコラーゲンたっぷりで、美肌効果も期待しちゃいます。多いときには1日1000個以上も売れるというのも納得です。

具は豚肉とねぎ・生姜といったシンプルなもの。もちもちとした皮も食べごたえあり。持ち帰りも可能です。
具は豚肉とねぎ・生姜といったシンプルなもの。もちもちとした皮も食べごたえあり。持ち帰りも可能です。
龍輝(りゅうき)
営業時間11:00~20:00/無休

ジューシーで香ばしいから揚げはもはや癒やし!
「中津からあげ渓(けい)」

「渓」の店長と一緒に。地元女子の間ではイケメンと密かに話題だそう
「渓」の店長と一緒に。地元女子の間では
イケメンと密かに話題だそう

「いい匂いがする~」と高橋CAが吸い込まれていったのが、「中津からあげ渓(けい)」。実は大分県の中津はから揚げの激戦地で「聖地」と呼ばれるほどだとか。「渓」は、から揚げグランプリ4年連続金賞受賞賞という実績のあるから揚げの専門店で、から揚げファンが遠くから食べにくるほどの人気です。骨なしモモのから揚げは100グラム260円。国産の鶏肉を、秘伝のにんにくしょうゆに2日間漬け込み下味をつけて揚げています。立ち飲みやイートインスペースがあり、夕方になるとから揚げをつまみにビールをグイッと楽しむ人も。持ち帰り用のほか、お弁当も販売しています。

「やわらかくて味は濃厚!これはハマる!」(森下CA)、「ゆずこしょうをつけると味に変化が出ます!」(高橋CA)。ゆずこしょうも中津の耶馬溪産です。
「やわらかくて味は濃厚!これはハマる!」(森下CA)、「ゆずこしょうをつけると味に変化が出ます!」(高橋CA)。
ゆずこしょうも中津の耶馬溪産です。
中津からあげ渓(けい)
営業時間11:30~23:00/不定休

ニューフェイスお洒落系&地元愛され系 買って帰りたい逸品!

まるでハイセンスなコスメ!
塩の専門店「solco(ソルコ)」

塩(えん)結び85円(白米または玄米)。スプーンで塩をかけてみて。塩はそのまま食べるのと食べ物につけるのとでは味が変わるそう。迷ったらオーナーの田中さんが相談に乗ってくれます。
塩(えん)結び85円(白米または玄米)。スプーンで塩をかけてみて。
塩はそのまま食べるのと食べ物につけるのとでは味が変わるそう。迷ったらオーナーの田中さんが相談に乗ってくれます。

「ステキ!お塩の店とは思わなかった!」と声を揃えるCAふたり。戸越銀座きってのスタイリッシュなお店としても話題の塩専門店。国内、海外の塩を常時40種類以上揃えています。お洒落なボトルは、実は研究者が実験で使う培養試験管。
好みの塩を探すには、おむすびを購入して、ソルトバーでいろんな塩を試すのがおすすめ。
新潟県・笹川流れの藻塩、ウユニ塩湖の塩、結晶が美しいバリ島のピラミッドソルト、戸越銀座ラベルのカレー塩など、ボトルを眺めているだけでも飽きません。

化粧品のようにディスプレイされた塩のボトル。多くは1本650円~1050円程度。お土産やプレゼントにもよさそうです。
化粧品のようにディスプレイされた塩のボトル。多くは1本650円~1050円程度。お土産やプレゼントにもよさそうです。
solco(ソルコ)
営業時間11:00~19:00/火曜定休

サクふわしっとり!
売り切れ必至のカレーパン「ベーカリーホシノ」

カレーパンの噂を聞きつけてやってきたふたり。みんな美味しそうで、あれこれ目移りしてしまいます。
カレーパンの噂を聞きつけてやってきたふたり。みんな美味しそうで、あれこれ目移りしてしまいます。

早朝からたくさんのお客さんでにぎわうベーカリー。牛肉たっぷり特製カレーパンは141円。具のカレーは、2センチ角に切った牛バラ肉をスパイスと赤ワインに一晩漬け込むひと手間が味の秘訣。カレーも玉ねぎや人参など野菜もたっぷり。「パンはふわふわでカレーはやさしい味!」(森下CA)。パンの種類も豊富で、焼きたてが次々と並ぶそばから売れていきます。「パンのほとんどが100円台というのがうれしいですね。いくつも買って帰りたくなる~!」(高橋CA)。

きつね色が魅力的な、牛肉たっぷり特製カレーパン。揚げたてに遭遇したらラッキー。
きつね色が魅力的な、牛肉たっぷり特製カレーパン。揚げたてに遭遇したらラッキー。
ベーカリーホシノ
営業時間7:20~20:00/日曜定休

わざわざ行く価値あり!歩くほどに発見がある戸越銀座

魅力いっぱいの戸越銀座をまる1日満喫したCAのふたり。「いろんなお店があって楽しめました!通っちゃうかも」(高橋CA)。「ご当地グルメがたくさんあって大満足です!」(森下CA)。都心からのアクセスも便利なので、ぜひ出かけてみてくださいね!

1日中人通りがたえない戸越銀座商店街。毎日15時~18時は歩行者天国になります。
1日中人通りがたえない戸越銀座商店街。
毎日15時~18時は歩行者天国になります。
かたばみ精肉店で「コロッケありましたよ!」と小躍りする高橋CA
かたばみ精肉店で「コロッケありましたよ!」
と小躍りする高橋CA
取材協力:戸越銀座商店街
URL:http://www.togoshiginza.jp/
アクセス:東急池上線戸越銀座駅
または都営浅草線戸越駅下車すぐ