ANA Inspiration of Japan

好奇心を刺激する、旅と日常にまつわるWebマガジンライフスタイルマガジン ANA Travel & Life (トラベル アンド ライフ)

熱気あふれる築地へ!
ANA CA「T&L編集員」の東京さんぽ♪

2017.08.31ANA CA's Note

ANA CA’s Note
ANA Latte編集員

今、話題の築地市場。プロの卸売業者や料理人をはじめ、観光やグルメを楽しむ人たちでますますにぎわっています。今回は、食べることが大好きな3人のANA CA「T&L編集員」がお出かけしてきました。歩くほどに発見のある築地、きっと気に入るお店が見つかります!

Text by
Hiromi Hoshi
Photos by
Eri Miyama

早朝から熱気あふれる築地場外市場へ

場外の築地中通り。鮮魚店をはじめ、八百屋、飲食店、お茶専門店など様々なお店が並び、買出人や観光客が行き交います
場外の築地中通り。鮮魚店をはじめ、八百屋、飲食店、お茶専門店など様々なお店が並び、買出人や観光客が行き交います

東京の中心・銀座のすぐお隣にある築地。ひとくちに「築地市場」といっても、「場内」と「場外」に分かれています。「場内」は東京都の中央卸売市場のことで、水産物や青果など食品のセリが行われる場所。仲卸業者をはじめとするプロが日々目利きをしながら取引を行っています。マグロのセリでも有名です。

一方、「場外」は、市場の外に並ぶ商店街一帯をさします。こちらは一般の人も買い物が可能。飲食店も数多くあり、人気店がひしめいています。

早朝やお昼前ともなるとすれ違うだけでも大変なほど。今回は場外を乳井CA、池田CA、北村CAで散策してきました。

街歩きのスタートは、朝の築地4丁目交差点。「おはようございます。お腹すかせてきました!」と元気に現れたのは乳井CA。「私、築地に来るのは初めてで、とっても楽しみにしてたんです」と好奇心たっぷりなのは、伊丹空港を拠点としている北村CA。「器が好きなのでプロ向けの商品が気になります」と池田CAは気合い十分です。

朝からでもつるつるっといける!「若葉」のあっさり中華そば

「若葉」の中華そば。透き通った醤油スープにシンプルな具でサッと食べられます
「若葉」の中華そば。透き通った醤油スープに
シンプルな具でサッと食べられます

まずはもんぜき通り(新大橋通り)の一角にある「若葉」へ向かいました。小説「魚河岸ものがたり」(森田誠吾著、1985年下期直木賞受賞作)のモデルになった店としても知られています。

「チャーシューはやわらかく、メンマは歯ごたえがあってしっかりした味付けなのがうれしいです」(北村CA)。2017年5月に店舗をリニューアル
「チャーシューはやわらかく、メンマは歯ごたえがあってしっかりした味付けなのがうれしいです」(北村CA)。
2017年5月に店舗をリニューアル

一番人気は中華そば700円。「麺がとっても細い!」と驚く北村CA。「麺は特注の極細ちぢれ麺なんです。チャーシューもメンマも自家製ですよ」と店主の若林五郎さん。スープは一見煮干し系と思いきや、豚骨ベース。麺によくからみます。
「やさしい味!朝からでもしっかり食べられますね!」(北村CA)
忙しい魚河岸関係者が常連なのも納得です。「朝ラーメン」、通称「朝ラー」にぴったりですよ!

カウンターと厨房がこの近さ!中華そばは持ち帰り用も販売しています
カウンターと厨房がこの近さ!
中華そばは持ち帰り用も販売しています
築地若葉
営業時間:5:00~13:30
定休日:不定休
URL:http://www.tsukiji-wakaba.com/

料理上達の秘訣は道具にあり!「つきじ常陸屋」

愛らしい箸置きがいっぱい!富士山モチーフは外国人観光客にも大人気だそう
愛らしい箸置きがいっぱい!
富士山モチーフは外国人観光客にも大人気だそう

築地東通りを歩いていたら、突然「かわいい!」と歓声を上げる3人。なんと「たわし」が飾られたツリーでした。そう、これが「つきじ常陸屋」の目印なのです。
常陸屋はプロの料理人向けの厨房用品専門店。ごはん釜やバット、ザルといった本格仕様のアイテムのほか、最近は、一般の人にも上質な道具を使った料理の楽しさを伝えたいという願いから、食器や便利なキッチングッズも置いています。

選りすぐりの食器や道具が揃っています
選りすぐりの食器や道具が揃っています

器好きの池田CAは熱心に品定め。「ステキ!毎日の食卓が楽しくなりそう」(北村CA)、「小さなまな板とか、あると便利な道具も見逃せません」(乳井CA)
日本人女性には豆皿や日本酒用の枡が人気とか。「外国人観光客の方は、スライサーやたわし、お箸を買っていかれる方もいらっしゃいます」(スタッフの中澤さん)。
また、クマのイラストが入った築地オリジナルの保冷バッグは、場外市場で購入した生鮮食料品を持ち帰るのに最適です。

1956年開業。左の軒下にはたわしツリーが。お店はカジュアルな雰囲気なので気軽に入れます
1956年開業。左の軒下にはたわしツリーが。
お店はカジュアルな雰囲気なので気軽に入れます
つきじ常陸屋
営業時間:8:00~15:00(日曜・祝日・休市日は10:00~14:00)
定休日:不定休
URL:http://www.tsukiji.org/

こだわりのコーヒーとデザートでひと休み「米本珈琲本店」

コーヒー豆の販売もしています。有名指揮者も時々訪れて休息していくそう
コーヒー豆の販売もしています。
有名指揮者も時々訪れて休息していくそう

歩き回ったあとは、コーヒーの香りに誘われて晴海通りに面した米本珈琲本店へ。朝5時半からコーヒーが飲める貴重な店です。創業は1960年(昭和35年)。現在の社長のお母さんが始めた喫茶店で、さらに1987年(昭和62年)にセルフ方式を導入したというカフェの先駆け的な存在。今も昔も魚河岸関係者に愛されています。オリジナル焙煎にこだわり、ブレンドコーヒーは280円と毎日でも通える良心的価格です。

店内はコンパクトながらもカウンターとテーブル席があり、場外散策の休憩におすすめ
店内はコンパクトながらもカウンターとテーブル席があり、
場外散策の休憩におすすめ

女性客に人気なのは黒蜜を使ったメニュー。黒蜜きなこソフトクリームは380円。「ほっとする味!疲れがとれる~」(乳井CA)、「黒蜜ときなこがたっぷり!」(池田CA)、「なめらかなソフトクリームが、コーヒーに合います」(北村CA)と絶賛。和と洋がいい具合にとけあっています。

黒蜜きなこソフトクリーム。きなことコクのある黒蜜をトッピングしたことで、意外とボリューム感があります
黒蜜きなこソフトクリーム。きなことコクのある黒蜜をトッピングしたことで、意外とボリューム感があります
米本珈琲本店
営業時間:5:30~16:00
定休日:日曜、祝日
URL:http://www.yonemoto-coffee.com/

海鮮ひつまぶしにうっとり♪「築地虎杖 魚河岸千両」

まるで宝石箱のように具をちりばめた「虎杖元祖 海鮮ひつまぶし」2380円。この日は、ウニ、イクラ、マグロ、鯛、イカ、海老、ホタテ、穴子、サーモン、数の子など。魚は仕入れやその時々によって変わります
まるで宝石箱のように具をちりばめた「虎杖元祖 海鮮ひつまぶし」2380円。この日は、ウニ、イクラ、マグロ、鯛、イカ、海老、ホタテ、穴子、サーモン、数の子など。魚は仕入れやその時々によって変わります

最近、築地場外で注目されているのが虎杖(いたどり)グループの飲食店。そのうちの一軒、「築地虎杖 魚河岸千両」は海鮮丼と寿司のお店。ぜひ食べたいのが「虎杖元祖 海鮮ひつまぶし」です。ごはんの上には12種類以上のネタがたっぷり。
1膳めは、桶に盛られたちらし寿司にわさび醤油をかけて。2膳目は、ウニを混ぜ込んで風味を楽しみ、3膳目はだし汁を注ぎ、お茶漬け風にしていただきます。

「具がキラキラしてる!」と一膳目を食べ始める乳井CA。「濃厚なウニの風味がたまりません」(池田CA)、「だしをかけると食が進みます!ほっとする味」(北村CA)。
「だしは昆布で取っています。ひつまぶしの具からもうまみが出ますので、そのあたりの塩梅が工夫のしどころですね」と店長の村田裕之さん。

お寿司は1カンから注文可能。鯖300円、煮穴子400円、旬の白身500円、上うに1000円。「夏から秋へと変わる時期には、戻りガツオやサンマも出始めます」(店長の村田さん)
お寿司は1カンから注文可能。鯖300円、煮穴子400円、旬の白身500円、上うに1000円。
「夏から秋へと変わる時期には、戻りガツオやサンマも出始めます」(店長の村田さん)

カウンターがあり、にぎり寿司も注文可能。午後には店じまいしてしまう店が多いこの界隈で、ランチから夜まで通し営業しているのもうれしいです。仕事帰りにも立ち寄れます。

築地虎杖 魚河岸千両
営業時間:7:00~23:00(L.O.22:00)、日・祝は21:00まで(L.O.20:30)
定休日:なし
URL:http://www.itadori.co.jp

ビルの中に穴場発見!「築地ボン・マルシェ デリ&バル」

もんぜき通りの真向かいなのに気付いている人はまだ少なく、常連さんの利用が多いとか
もんぜき通りの真向かいなのに気付いている人はまだ少なく、
常連さんの利用が多いとか

築地4丁目交差点に立つ築地KYビルも実は築地共栄会という場外市場の一部。最近、外装のリニューアルが行われました。洗練されたデザインは隈研吾さんが手がけたもの。ここには知る人ぞ知る魅力的なお店があるのです。

1階にあるのが「築地ボン・マルシェ デリ&バル」。2階にある築地創作イタリアン「ボン・マルシェ」の姉妹店です。シェフの薄(うすき)公章さんはイタリアで4年間料理修業したのち、このお店で腕をふるっています。
特筆すべきはコスパのよさ。シェフ渾身のミネストローネ100円!さらには丁寧に造られたスティックピザが350円!!
スティックピザは、自家製のピザ生地を棒状に伸ばして揚げたものに、トマトソースとパルミジャーノをかけ、さらにオーブンで焼いたあとにパルマ産の生ハムを巻くという贅沢な一品です。「リッチな味わいで350円はかなりお得!」(北村CA)、「おやつにもワインにも合いそう!」(乳井CA)、「生地のパリパリ感がいいです。食べごたえもあります」(池田CA)

絶品のスティックピザ。左奥は愛媛県宇和島産ブラッドオレンジのジュース500円。さっぱりした甘さ。「モロ」という品種を使い、日本で飲めるのはとっても珍しいのです
絶品のスティックピザ。左奥は愛媛県宇和島産ブラッドオレンジのジュース500円。
さっぱりした甘さ。「モロ」という品種を使い、日本で飲めるのはとっても珍しいのです

安さの理由は、ビルオーナー直営のため。このビルがもっと賑わってほしいと思い、リーズナブルなお値段で提供しているそう。築地らしく魚を使ったデリもあり、「イタリアと築地が出合った新しい味」ともいえそうです。

築地ボン・マルシェ デリ&バル
営業時間:11:00~20:45(L.O.)
定休日:なし
URL:https://www.facebook.com/tsukijibonmarchedeliandbar/

ミシュラン掲載店も愛用する高品質な海苔「丸山海苔店 築地本店」

海苔の世界を熱く語る7代目社長の丸山慶太さん(左)。3人は説明に思わず聴き入る
海苔の世界を熱く語る7代目社長の丸山慶太さん(左)。
3人は説明に思わず聴き入る

築地といえば寿司、そのお寿司を支える名脇役といえば海苔。丸山海苔店は安政元年創業(1854年)の老舗で、日本橋通り三丁目で創業後、築地に移転してきました。仕入れ、製造、販売までを一貫して行い、高品質な海苔で評判です。特に寿司店からの信頼が厚く、「ミシュランガイド東京」で掲載された有名寿司店をはじめ、なんと3000軒もの得意先で愛用されています。

KYビルの1階、晴海通りに面した本店では個人客も気軽に購入できます。「ひとくちに海苔といっても味はそれぞれ違います。試食してお好みの味を見つけてください」と丸山社長。
食べ比べていくと「えっ、こっちは厚みがあってパリパリ!」(乳井CA)、「風味がさっきと違う!青のりの香りが爽やか」(北村CA)と、違いがはっきりわかります。
「鮮度にとことんこだわるならぜひ土曜日にいらしてください。焼きたての鮮度感をお客様に味わっていただくため、毎週、前日(金曜)に自社工場で焼き上げた海苔をお届けしています」。(丸山社長)
味付けのりもラインナップ豊富。牡蠣味はごはんにぴったり。さらに、エクストラバージンオリーブオイルとフランス・ゲランド産の手摘み塩で味付けした「オリーブの木と塩の花」はビールやシャンパンにも合いそう。海苔の楽しみ方を広げてくれるお店です。

海苔のプロがアドバイスしてくれるので相談してみて。いつもの料理が高級海苔でグレードアップしそう!
海苔のプロがアドバイスしてくれるので相談してみて。いつもの料理が高級海苔でグレードアップしそう!
丸山海苔店 築地本店
営業時間:7:30~18:00
定休日:日曜、祝日
URL:http://www.maruyamanori.com

昔、築地は海だった!波除神社で築地の歴史を知る

大いちょうがそびえる波除神社。市場関係者や地元の人だけでなく、外国人観光客の姿も
大いちょうがそびえる波除神社。
市場関係者や地元の人だけでなく、外国人観光客の姿も

最後に波除(なみよけ)神社へお参り。かつてこのあたりは海で、江戸時代に埋め立てられました。当初は大波で埋め立てが難航しましたが、ある夜、海で稲荷大神の御神体が見つかり、社殿をつくってお祀りしたところ、工事は簡単に進むようになったとか。これが波除神社の始まりといわれています。「災難を除き、波を乗り切る」と、災難よけや工事安全、商売繁盛の神様として市場関係者や地元の人たちに信仰されています。

「大きな獅子!」と驚く北村CA、「玉子塚とか珍しい塚がたくさんありますね」と興味深げな乳井CA。現在の社殿は1937年(昭和12年)に建てられたもので、伊勢神宮(外宮)と同じ神明造なのが特徴です。境内をぐるりと見回すと、本殿の左右に獅子が鎮座。さらに「玉子塚」「海老塚」など、食品業界の寄進による塚が数多く建立されています。食と密接な関係がある町の神社ならではですね。

旅の安全をお願いしました。期間限定の御朱印もあるので、集めている人はお願いしてみては
旅の安全をお願いしました。期間限定の御朱印もあるので、
集めている人はお願いしてみては
波除神社
参拝自由
URL:http://www.namiyoke.or.jp/

築地を楽しむ2つのコツ

築地市場(場内)は原則として、日曜、祝日、水曜(一部)がお休み。この日に合わせて休みを取る場外の店舗も多いので、にぎわいを楽しむのであれば休市日を避けるのがおすすめです。
逆に、休市日だと人気店もゆっくり見られたり、飲食店の行列が少ないというメリットも。スケジュールは東京都中央卸売市場の「市場開場日・休業日年間カレンダー」から確認できます。

本格的に散策を楽しむなら「築地ガイドツアー」の利用が便利。2人からのプライベート感たっぷりのツアーです。例えば「築地市場見学とすしランチコース(レギュラーランチコース)」なら、場内見学や寿司店の昼食がついて1名7344円。その他にも多彩なコースがあります。詳しいガイドさんに案内してもらえば理解も深まります。

アクセス
都営地下鉄大江戸線「築地市場」下車すぐ
東京メトロ日比谷線「築地」下車徒歩3分
取材協力
築地場外市場商店街振興組合、築地共栄会

※この取材は2017年6月に行われました。火災による被害に遭われた関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。