ANA Inspiration of Japan

ANA Travel & Life

~キャメレオン竹田先生と行くパワースポットの旅~
キャメさんぽVol.4 沖縄・宮古島&竹富島編

2017.02.23キャメさんぽ

~キャメレオン竹田先生と行くパワースポットの旅~ キャメさんぽ ANA旅占いでおなじみのキャメレオン竹田先生が、とっておきの開運スポットをご案内します

「ANA旅占い」で好評連載中のキャメレオン竹田先生が、パワースポットを巡る「キャメさんぽ」。今回は美しい海に囲まれた宮古島へ。大自然のエネルギーを全身で感じる、パワースポットの旅スタート!

まずは郷土料理で腹ごしらえ

パワースポット巡りとはいえ、旅に食は欠かせません。まず向かったのは、宮古島北部にある「お食事処すむばり」。宮古島の言葉で「端っこの畑」という意味の店名どおり、店の前にはサトウキビ畑が広がっています。

島ダコがたっぷりのったタコ炒めそば。ダシがきいてる!
島ダコがたっぷりのったタコ炒めそば。ダシがきいてる!

この店の名物は島ダコ。タコ炒めそば(700円)やタコ丼(700円)など、旨味たっぷりの島ダコを味わえます。「旅先で郷土料理や地の食材をいただくことで、運気は上がるんですよ」とキャメ先生。「海水は浄化のイメージ。きれいな海で育った命をいただくことによって、自然のパワーに触れられるんです」

なるほど、宮古島でとれた島ダコは理想的な食材。イカ墨パスタならぬ、墨入りタコそば(800円)なんていう個性派メニューも!

写真の墨入りタコそばのほか、墨入りタコ焼きそばも人気
写真の墨入りタコそばのほか、墨入りタコ焼きそばも人気
お食事処 すむばり
アクセス:宮古島空港から車で約25分
住所:宮古島市平良字狩俣768-4
電話:0980-72-5813
時間:10:00~19:00(時期により変動します)
休み:不定休
URL:http://www.sumbari.com

高台から池間大橋の絶景を望む

宮古島と池間島をつなぐ池間大橋は全長1425m。橋を渡っている途中も、両側に美しい海が広がります。
池間島側におみやげ屋さんや食事処が集まっていて、そこから橋の全景を眺められます。

池間大橋の売店、海美来(かいみいる)の屋上からの爽快ビュー
池間大橋の売店、海美来(かいみいる)の屋上からの爽快ビュー

美しい景色を眺めるときの高揚感は運気とリンクしているそう。「心拍数の上昇は運気アップにつながるんです!」
ビーチに下りると、目の前に爽快な海が広がります。

橋の下に広がるターコイズブルーの海が気持ちいい
橋の下に広がるターコイズブルーの海が気持ちいい
池間大橋
アクセス:宮古空港から車で約30分

池間島随一の聖地、大主神社(ウハルズウタキ)

池間島で最も強いパワーが宿るといわれる御嶽(ウタキ)。御嶽とは琉球王国時代から伝わる聖域のことで、今でも神々が祀られる地として大切に守られています。

大主神社は集落の許可がないと中に入れません。でも鳥居の前に立つだけで「清らかな気が感じられる」とキャメ先生。

きちんとルールを守って、鳥居の外からの参拝
きちんとルールを守って、鳥居の外からの参拝

鳥居の外からのぞくと、生命感にあふれた緑に包まれ、きれいに整えられた参道が奥へ延びています。深呼吸とともに自然のエネルギーをたっぷり吸って!

大主神社
アクセス:宮古空港から車で約35分

ハートに癒されるイキヅービーチ

ここでキャメ先生の友達ネットワークから、ぜひ行ったほうがいいパワースポットの情報が。急きょ向かったのは、池間島の西海岸にひっそりとたたずむイキヅービーチです。

砂の道を下っていくと、小ぢんまりとしたビーチが広がっています。

ひっそりとした隠れ家のようなビーチ
ひっそりとした隠れ家のようなビーチ

このビーチはNHK連続テレビ小説「純と愛」のロケ地になったことで一躍有名になりました。注目を浴びているのはこのハート岩。幸せを呼ぶ癒しスポットとして、カップルを中心に人気を集めています。

少し離れてみるとハートの形がよくわかる
少し離れてみるとハートの形がよくわかる
イキヅービーチ
アクセス:宮古空港から車で約40分

漲水御嶽で宮古島の神様にご挨拶

宮古島には多くの御嶽が残っていますが、最も格式高いのが平良市街にある漲水御嶽。ガジュマルの巨木に守られた御嶽には、宮古島の創世神が祀られています。
この御嶽は観光客でもお参りができる貴重な存在。立派な鳥居で一礼して進みます。

厳かな雰囲気に包まれた御嶽。地元の方々の姿も多い
厳かな雰囲気に包まれた御嶽。地元の方々の姿も多い

門から入るときにも一礼。宮古島の神様にご挨拶をして手を合わせます。「ここは本当なら最初にご挨拶に訪れる御嶽なんです」とキャメ先生。この地に受け入れてもらえたことへの感謝と旅の安全を祈ります。

御嶽は南側の石垣とともに市指定の史跡にもなっている
御嶽は南側の石垣とともに市指定の史跡にもなっている
漲水御嶽(はりみずうたき)
アクセス:宮古空港から車で約15分

日本最南端の神社、宮古神社

漲水御嶽から、18世紀初めに造られた石畳道を上っていくと2~3分で宮古神社に着きます。1590年創建という歴史ある神社で、現在の新社殿は2010年に造営されました。
沖縄らしい赤瓦屋根が映える南国スタイル。

日本古来の神社建築と沖縄の建築様式が融合
日本古来の神社建築と沖縄の建築様式が融合

沖縄本島の波上宮から勧請した熊野三神と、かつて宮古島を統治した豊見親三柱の六柱を祀っています。ここでも旅の安全を祈願。神社参拝の基本ルールは「キャメさんぽVol.0 パワースポット予習編」をご覧ください。

本殿の両脇を守る狛犬もどこかシーサーを思わせるお姿
本殿の両脇を守る狛犬もどこかシーサーを思わせるお姿
宮古神社
アクセス:宮古空港から車で約15分

不思議な岩がたたずむ砂山ビーチ

夕方は平良市街から比較的近い、砂山ビーチへ行ってみましょう。砂丘のような砂の道を下りていくと、そこには巨岩のアーチが鎮座しています。

両手を広げて、自然のエネルギーを吸収。心でパワーを感じて
両手を広げて、自然のエネルギーを吸収。心でパワーを感じて

ここは夕日の好スポットとしても有名。奇岩のシルエットが神秘的な雰囲気を醸し出しています。「美しい夕日には癒やされますよね。そのほっこりした気持ちは、心が浄化されている証拠です」

きれいに染まった空と奇岩との組み合わせはアーティスティック
きれいに染まった空と奇岩との組み合わせはアーティスティック
砂山ビーチ
アクセス:宮古空港から車で約20分

島の食材を満喫する居酒屋ディナー

1日目の締めくくりは、もちろん郷土料理が味わえる店!
平良市街の「居酒家でいりぐち」で、宮古牛サイコロステーキ(2680円)や刺身の盛り合わせ(時価)などをオーダー。宮古島の自然の恵みに感謝をしていただきます。

ドリンクは甘味と酸味のバランスが抜群のシークワーサーサワー
ドリンクは甘味と酸味のバランスが抜群のシークワーサーサワー
居酒屋でいりぐち
アクセス:宮古島空港から車で約15分
住所:宮古島市平良字西里224
電話:0980-72-8017
時間:17:30~24:00(L.O.23:00頃)
休み:不定休
URL:http://deiriguchi.is.land.to