ANA Inspiration of Japan

好奇心を刺激する、旅と日常にまつわるWebマガジンライフスタイルマガジン ANA Travel & Life (トラベル アンド ライフ)

とんかつ好きならコンプリートしたい!
今行くべき東京の老舗&注目店

2018.06.14ANAオリジナル

洋食の名店の技を受け継ぐ超人気店
『とんかつ・豚しゃぶ ポンチ軒』

昭和のとんかつ店を彷彿とさせるクラシカルな入口
昭和のとんかつ店を彷彿とさせるクラシカルな入口

とんかつファンなら誰もが「行ってみたいリスト」に入れている行列店、それが神田小川町の『ポンチ軒』。2015年・2016年・2017年・2018年と4年連続で「ミシュランガイド東京」のビブグルマンに選出されていることもその実力を裏付けています。特徴は、洋食出身のシェフが、「とんかつ」という料理のおいしさを追求していること。もともと洋食の名店『旬香亭』の揚げ物部門だった赤坂『フリッツ』で腕を磨いた店長の橋本正幸さんが、現在の『ポンチ軒』の味を支えています。

名物は500gの「特ヒレ一本揚げ」

「特ヒレ一本揚げ」用のひれ肉
「特ヒレ一本揚げ」用のひれ肉

この店を訪れるなら、ぜひオーダーしたいのが「特ヒレ一本揚げ」(税込4,800円)。豚1頭から2本しか取れないひれ肉を1本丸ごと揚げた逸品で、ボリュームは驚愕の500g。これをひとりでペロリと平らげるリピーターもいるのだとか。

こだわりは、旨みの強い沖縄県産の豚に粗めのパン粉をまとわせて、低温でじっくりと揚げる調理法。ひれを塊のまま揚げることで、肉の風味が閉じ込められるのだといいます。140度の油で10分程度揚げてから、徐々に160度くらいまで温度を上げて仕上げる職人技。当日、調理を担当してくれた佐藤貞夫さんは、揚げ物ひと筋30年のベテラン。温度調節ができるフライヤーをあえて使わずに、油鍋をガスコンロで調節する昔ながらの手法で、仕入れた豚肉に合わせた火入れをしているそうです。

「衣の美しさに思わずうっとり
衣の美しさに思わずうっとり

鍋から上げた後、6分ほど余熱でじっくり寝かせてから、「特ヒレ一本揚げ」がどかーんとテーブルに。断面は、肉汁でキラキラと輝いています。おすすめの「塩のみ」で、ひと口目を頬張ると、やわらかいけれど、しっかり噛み応えのある絶妙な食感。もはや官能的です。口の中は、赤身の旨みでいっぱい。粗めの衣も主張しすぎず、ひれのハーモニーを引き立てます。これは、行列に並んでも食べるべき逸品です。

あふれる肉汁がたまりません…
あふれる肉汁がたまりません…

ランチタイムは、開店前からの大行列ですが、夜の時間帯は予約も可能。ビールや日本酒を楽しみながら、ゆっくりと自慢の品々を堪能できます。店名の通り、揚げ物だけでなく、豚しゃぶ(前日までに要予約)も看板メニューのひとつ。欲張って、両方試してみては?

とんかつ・豚しゃぶ ポンチ軒
とんかつ・豚しゃぶ ポンチ軒
住所:東京都千代田区神田小川町2-8 扇ビル1F
TEL:03-3293-2110
営業時間:11:15~14:00(L.O.)/17:30~20:30(L.O.)
定休日:日曜
アクセス:都営新宿線「小川町」駅徒歩6分/東京メトロ丸ノ内線「淡路町」駅徒歩6分

とんかつ&ワインのマリアージュ
小石川の『洋食・ワイン フリッツ』

小石川の閑静な通りのビル2階にある『フリッツ』
小石川の閑静な通りのビル2階にある『フリッツ』

前出『ポンチ軒』の流れと同様、洋食の名店『旬香亭』本店や系列の赤坂『フリッツ』で修業を積んだオーナーシェフの田苗見賢太さんが、2016年5月にオープン。「『フリッツ』の看板を引き継ぐ以上、中途半端にはできない」とオープン当初は封印していた「とんかつ」メニューをついに解禁し、ファンの間で話題を呼んでいます。やはり、名店の系譜というのは、説得力があります。

こちらの魅力は、とんかつなどを赤・白・スパークリングの各種ワインと合わせて楽しめること。カウンターで焦りながらとんかつを頬張る行列店とは、また違った趣です。提供しているのは、自然派のビオワインが中心。オーダーしたフライ料理に合わせて、ワインをセレクトしてくれます。

赤ワインに合わせたい「ヒレカツサンド」
赤ワインに合わせたい「ヒレカツサンド」

当日、取材班がオーダーしたのは、「ヒレカツサンド」(税込1,500円)。赤身の旨みがしっかりしたひれ肉が、しっくりと特注の食パンになじんでいます。豚肉の選び方・揚げ方からパンの保存法まで、カツサンドにこだわった調理法が活かされているようです。

合わせるワインを尋ねると「カツサンドには、赤がいいですよ」と田苗見さん。リピーターは、小皿のおつまみからスタートして、フライ2~3品に好みのワインを合わせて、最後にカツサンドで締めるのだとか。ありそうでなかった「とんかつ&ワインの未体験ゾーン」。ぜひお試しを。夜は、予約必須で、18時台なら比較的余裕があるようです。

洋食・ワイン フリッツ
洋食・ワイン フリッツ
住所:東京都文京区小石川2-25-16 LILIO小石川 2F
TEL:03-3830-0235
営業時間:火~土 11:30~14:00(L.O.)/18:00~21:30(L.O.)、日・祝 11:30~14:00(L.O.)/17:30~20:30(L.O.)
定休日:月曜、第1・第3日曜
アクセス:都営三田線「春日」駅徒歩3分/東京メトロ丸ノ内線「後楽園」駅徒歩5分