ANA Inspiration of Japan

好奇心を刺激する、旅と日常にまつわるWebマガジンライフスタイルマガジン ANA Travel & Life (トラベル アンド ライフ)

【女子力アップ応援企画】
世界一のパワースポット、セドナってどんなとこ?

2016.02.18ANAオリジナル

ANAオリジナル
セドナ

前回は、主に恋愛について悩める女子のために日本一のパワースポットである出雲大社と、その周辺に点在する縁結び&女子力アップスポットについてご紹介しました。今回紹介するのは、海を越えてアメリカはアリゾナ州にあるセドナ。セドナという名前自体は、パワースポットというキーワードとともに多くの人が聞いたことがあるのではないでしょうか?果たして、なにがそんなにすごいのか。確かめに行ってきました。

Text by
Naoko Sumita
Photo by
Masashi Yoshikawa

セドナってなにもの?

まず、セドナの概略についてつかんでおきましょう。セドナと同じアリゾナ州にある観光スポットとして有名なのはご存知、グランド・キャニオン。年間400万人もの観光客が訪れるグランド・キャニオンに次いで、セドナは250万人。その人気ぶりはたいしたものです。位置的には、グランド・キャニオンから南へ車で2時間、アリゾナ州の州都フェニックスから北へ2時間。町の標高は約1370メートルで、軽井沢の駅がおよそ標高940メートルなので、高原の町といってもいいのですが、セドナは別名「レッドロックカントリー」とも呼ばれており、赤土の岩山が特徴的。例えば、ディズニーランドのビッグ・サンダー・マウンテンのような山がいっぱいある感じです。冬場はまれに雪がふることもあるようですが、年間を通じて温暖で乾燥していて、セドナより南部からは避暑に、セドナの北部のより標高の高い町からは避寒客が訪れます。

でもまあそれ以上にセドナが世界的な観光地になったのは、セドナに点在する「パワースポット」。一体どんなパワーがあるというのでしょうか。

セドナに行ってみよう

セドナに入るとまず、これまでのアリゾナ州とは全く違うお洒落な街並みに驚きます。これは、セドナの中心部、ザ・ワイと呼ばれる交差点へ続く、アップタウンのストリート。

メインストリートはカフェやレストランがいっぱい。周辺では珍しくオシャレな土産物も手に入る
メインストリートはカフェやレストランがいっぱい。周辺では珍しくオシャレな土産物も手に入る

700メートルに渡って、パワーストーンや衣類などのショップや、アーティストのギャラリー、イタリアン、スペイン料理、メキシコ料理など種類豊富なレストランが並びます。ハンバーガーかステーキ、またはピザしか選択肢のない周辺の地方都市とは大違い。

まずは町の中心にある、セドナの観光案会所に行ってみます。セドナの見どころの紹介から、レストラン、ホテルの紹介、ツアーの紹介など、とても頼りになる存在です。

セドナの観光局。さすが一大観光地だけあって情報は充実
セドナの観光局。さすが一大観光地だけあって情報は充実

率直に「セドナに来たんだけど、何をしたらいいかわからない」と訊いてみます。窓口のおばちゃんは「心のままにしたいことをすればいいのよ」とスピリチュアルっぽいけど尤もな返答。だけどもう少し詳しく教えて欲しかったので、「初めてなので、絶対行っておくべき場所を教えて欲しい」と質問を変えることにしました。

そこで教えてもらったのが、セドナを代表する4つのパワースポット、エアポート・メサ、カセドラル・ロック、ベル・ロック、ボイントンキャニオンです。
おばちゃんの話によると、セドナは古くはネイティブアメリカンの人々の聖地だったたらしく、彼らが儀式を行っていた場所がいくつもあったそう。後に霊能者たちがその場所を訪れたところ、いくつか激しくエネルギーを感じるところがあり、それがまるで渦のように湧き出ていることから、「ボルテックス」と呼んだそうです。ボルテックスは渦という意味。いいですか、セドナではパワースポットのことをボルテックスと呼ぶんですよ。

では、早速おすすめのボルテックスへ行ってみましょう。