ANA Inspiration of Japan

ANA Travel & Life

子供と一緒に海外旅行!
ホテル選びは旅を成功させる重要な鍵

2016.03.17ANA Original - ANAオリジナル -

ANA Original - ANAオリジナル -
アンサナ・ラグーナ・プーケット

子供と一緒に海外旅行を計画するにあたって、まず旅先選びに悩むママ・パパは多いと思います。でも、ひょっとしたら旅先選びよりも優先すべきはホテル選びかもしれません。特に子供が小さなうちは、ホテル選びは子連れ旅を成功させる重要な鍵となります。
なぜホテル選びを重要視すべきかその理由を解説しながら、賢いホテル選びの方法をご紹介していきましょう。

Text by
Hikaru Arasawa
Cover photo by
Angsana Laguna Phuket

ホテルの快適度が子連れ旅行のストレスを軽減

プールで遊ぶ母娘

子供も小学生ぐらいになると、さまざまなアクティビティに参加できるようになり「旅先で何ができるか?」と、旅先選びは慎重になります。
でも子供が小さいうちは行動範囲も狭いでしょうし、お昼寝を必要とする子であれば部屋で過ごす時間も長くなります。
特に小さな子供連れの海外旅行を計画したら、旅先を考えることも大切ですが、それ以上に滞在するホテルを吟味してほしいと思います。同じ旅先でもホテル選びで子連れ旅の満足度は大きく変わります。極端な話、旅先を先に考えるよりも、子供におすすめといわれているホテルを重点的にチェックして、そこから気になる旅先を取捨選択していったほうがいいこともあります。

まずはホテルの立地と施設&設備をチェック

タブレットで遊ぶ女の子

小さな子供連れですと、どうしても行動範囲が狭くなるのでホテルの立地条件は気になります。さらにお昼寝が必要な子供が一緒であれば、ママ・パパも部屋で過ごす時間も増えるため、ホテル施設や客室設備の充実度は気になるところ。

まず立地は、子供たちの歩く距離や、食事や買い物の途中で子供が寝てしまったときのことを考えると、街の中心地のホテルがおすすめです。ビーチエリアであれば、一般にはビーチに近いほうがいいと思いますよね。でも、意外に海を嫌がる子供は多いです。ビーチにいても1時間程度だと思うので、海への近さは二の次でもいいかもしれません。それよりもプールがあるホテルを選んだほうが、子供は喜ぶと思います。ウォータースライダーがあるエンターテインメント性の高いプールを有したホテルもチェックですよ。

次に客室設備。特に子供が小さなうちは、バスタブはあった方がいいと思いますが、シャワーヘッドのタイプも確認したいもの。壁に固定されたタイプではなく、可動式のハンドシャワーがあるところを選びたいもの。
とはいえ意外に多い固定式シャワーのホテル。コストや空き状況で、選ばざるを得ないことも多いですよね。お話を聞いたあるママは、100円ショップの手桶を持っていくそう。砂場遊び用のバケツを兼用しちゃうなんていうおおらかな人もいました。

ハワイなどでは子連れにはコンドミニアムが圧倒的に人気です。広々とした部屋にキッチンがあり、公共スペースに洗濯機があるのが魅力です。

子供も大人も楽しいキッズプログラム

お絵描きをする男の子

キッズプログラムが充実しているか?これも大切なチェックポイントです。
キッズプログラムは、大きくわけてホテルに併設されたキッズクラブとホテルが開催するさまざまな子供向けアクティビティのふたつに分けられます。

まずキッズクラブですが、こちらは子供たちに遊びの場を提供するいわばホテルのミニ幼稚園。無料のところがほとんどで、遊具やおもちゃがあるだけのところから、さまざまな体験プログラムを用意しているところまでその内容はホテルによります。
受け入れはほとんどの場合、4~5歳から。海外では、基本的に日本語ができる保育者はいません。「うちの子、英語がダメだけど大丈夫かしら?」と不安に思うママ・パパも多いようですが、子供は子供で不思議となじむものです。

以前、ハワイで4歳の子供をホテルのキッズクラブに預けたことがあります。とはいえ、どうしても不安でキッズクラブの外からしばらく観察してしまいましたが、親が心配する以上にほかの子供たちと一緒に楽しんでいました。もちろん保育者もプロですから、言葉が通じなくても子供が考えていることはわかるようで、うまく遊びをリードしてくださっていました。すっかり安心して、大人だけでのんびりリゾート気分を楽しめたのが、今となってはいい思い出です。

親はしばしリラックスした時間を過ごせますし、子供はもちろんキッズクラブで大いに楽しんでいます。何より、子供の国際感覚を磨くよい機会になると考えます。ぜひキッズクラブのあるホテルを探してみてください。

キッズクラブがなくても、さまざまなキッズプログラムを用意しているホテルも多いです。プールやビーチで楽しむスポーツイベント、絵画・工作といったアートプログラム、地元の文化を知る体験プログラムなど、その土地、そのホテルのカラーが出る子供向けプログラムは要チェックですよ。

子連れにおすすめのホテルはここ

食事をする女の子

最後に、ほんの少しですが子供におすすめのホテルを紹介していきましょう。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ

キッズプログラムを楽しむ人たち

キッズフレンドリーなホテルが多いハワイでも、特に子連れにおすすめ。敷地内にラグーンと5つのプール、90以上のショップがあり、ホテルにいるだけで十分楽しめます。小さい子供は、穏やかなラグーンでちゃぷちゃぷ海デビューができるのも魅力。5~12歳を対象にしたキッズプログラムも人気です。

URL:http://www.hiltonhawaiianvillage.com/

アンサナ・ラグーナ・プーケット

アンサナ・ラグーナ・プーケット

欧米のファミリーに人気があるプーケット。このホテルのキッズクラブでは、タイ舞踊やペインティングなど体験型プログラムが充実しています。スパトリートメントに定評のあるホテルでもあり、子供向けのキッズ・スパもあります。子供好きなスタッフがそろい、大人と同等に扱ってくれるので、子供たちの自尊心が育まれます。

URL:http://www.angsana.com/ja/ap-thailand-phuket

シャングリ・ラ ラサ セントーサ リゾート&スパ

シャングリ・ラ ラサ セントーサ リゾート&スパ

シンガポールのセントーサ島にあるリゾートホテル。シンガポール最大のキッズクラブを有し、さまざまなアクティビティやプログラムを楽しめます。キッズクラブは5~12歳が利用可能。5歳以下も保護者同伴で利用できます。ウォータースライダーがある大きなプールも人気。さらにセントーサ島には巨大水槽のある水族館やウォーターパーク、テーマパークなどもあり、子連れにおすすめです。

URL:http://www.shangri-la.com/jp/singapore/rasasentosaresort/

ハードロック・ホテル・バリ

ハードロック・ホテル・バリ

こちらの記事でも紹介したバリのホテル。ハードな名前とは裏腹に(!?)、子供向けのプログラムが充実しています。クタの中心という立地もよく、コンパクトにバリを楽しめるのが魅力。ラグジュアリー・キッズ・スイートには、マスターベッドルームに加え、子供用の2段ベッド、子供用トイレにプレイステーションまで備えた子供部屋も!

URL:http://bali.hardrockhotels.net/jp/

フォーシーズンズ・リゾート・モルディブ・アット・ランダーギラーヴァル

フォーシーズンズ・リゾート・モルディブ・アット・ランダーギラーヴァル

モルディブの美しい海に囲まれた高級リゾートホテル。何かと荷物が増えてしまうママ・パパのために、事前申し込みでおむつやベビーカー、有機天然素材のアメニティまで用意してくれます。4~11歳を対象にしたキッズクラブでは、サンゴの移植やといったエコプログラムからモルディブの海を楽しむマリンスポーツにクッキングクラスまで充実したプログラムがそろいます。ティーンにはダイビングレッスンも。

URL:http://www.fourseasons.com/jp/maldiveslg/

ロイヤルモンソー・ラッフルズ・パリ

ロイヤルモンソー・ラッフルズ・パリ

セレブキッズならこのホテルへ。高級子供服ブランド、ボンポワンのキュートな子供用のスペシャルアメニティが迎えてくれます。さらに週末には、ミシュラン・シェフによるクッキングクラスといったワークショップも開催しています。ほかにもバレエ教室やセーヌ川クルーズなど、ホテルを飛び出して楽しむアクティビティもたくさん。小さいうちから本物に触れることができます。

URL:http://www.raffles.jp/paris/

世界にはまだたくさんステキなホテルがあります!ご家族の旅スタイルに合わせて賢くホテルを選んで、子供と一緒に楽しい旅を!