ANA Inspiration of Japan

好奇心を刺激する、旅と日常にまつわるWebマガジンライフスタイルマガジン ANA Travel & Life (トラベル アンド ライフ)

ベトナムNo.1!ホイアンの絶品バインミーを食べてみた

2016.05.19ANAオリジナル

ANAオリジナル
バインミー

バインミーはフランス統治時代の食文化から生まれたベトナム庶民の味。ホーチミンやハノイをはじめ、ベトナムの街ではいたるところでバインミーの屋台を見かけます。
お店によってアレンジは異なりますが、ちょっと小さめのフランスパンにレバーペーストを塗り、チャーシューやハムなどの肉、ダイコンとニンジンの甘酢漬けを挟み、これにパクチーなどの香草を加えるのが基本。味付けにはベトナムの魚醤、ニョクマムを振りかけた、まさにご当地サンドイッチです。

数あるバインミー専門店の中でも、口コミサイトのトリップアドバイザーで常に高評価を得ているのが、ベトナム中部の都市、ホイアンにある「Banh My Phuong」です。実はホイアンはバインミーの本場。そんなバインミー激戦区で、一、二を争う人気を誇っているのが「Banh My Phuong」なんです。
さて、ベトナムNo.1との呼び声も高いバインミーのお味は?
実際に行って食べた体験をレポートします。

Text & Photo by
Takuji Sekido

そのバインミーの名店はホイアン旧市街にひっそりと佇む

インターネットで場所を調べ自転車で探すと、ホイアンのダウンタウンから少し離れた場所に「Banh My Phuong」を発見しました。小さく目立たないお店ですが、地元の人から外国人観光客までお店の中はかなりの混みよう。外にはテイクアウト待ちで並んでいる人もいます。

店頭では数人のスタッフが、手早くバインミーを作っています。店内に入っていいのか、それとも入口で先にオーダーするのか? よくわからず迷っていると、奥のテーブルに案内され、店員さんが注文を取りにきました。どうやらこの店は、まず席に着いてからオーダーするシステムのようです。
具材は自分好みにカスタマイズできるみたいでしたが、初めてだったのでとりあえず全部入り「Banh mi thap cam」とビールをオーダーしました。

入口のカウンターで数人のスタッフがバインミーを作る。かなり忙しそう!
入口のカウンターで数人のスタッフがバインミーを作る。かなり忙しそう!
具だくさんの全部入りバインミー。スパイスが結構辛いのでご注意を!
具だくさんの全部入りバインミー。スパイスが結構辛いのでご注意を!

ベトナムNo.1!?噂のバインミーのお味は?

ビールを飲みながら待っていると、10分ほどでバインミーが運ばれてきました。
フランスパンは外がパリッとしているのに中は柔らかく、できたての手作り感がうれしい。具材を包み込むような、モッチリとした食感の秘密は米粉です。昔から稲作が盛んだったベトナムでは、フランスパンに米粉を使っているんだとか。

具材はチャーシュー、茹で豚、オムレツ、玉ねぎ、トマト、パクチーなどがたっぷり入ってかなりのボリューム感。
さっそく、大きく口を開けてガブリとひと口。肉の旨味と爽やかな野菜の酸味、オムレツのコク、そしてニョクマムやパクチーの香りなど、さまざまな味と香りがミックスされ今までにない快感です。心地よい具材のマリアージュに、食欲が止まらない…あっという間に全部食べてしまいました。
これはやみつき。評判通り、ベトナムNo.1の実力は本物でした。

大人気のバインミー。でも値段は安いのが魅力的♪

さて、具だくさんのバインミーですが、お値段はとってもリーズナブル。バインミー3個+ビール3本で約15万ベトナムドン(VND)です。日本円に換算すると750円くらいと格安なのです。
ホイアンへは日本から直行便でダナンへ行き、そこから車で30~40分。ダナン&ホイアンに行くチャンスがあれば、ぜひ「Banh My Phuong」に行ってベトナムNo.1バインミーを味わってみてください。

Banh My Phuong
住所:2B Phan Chau Trinh, Hoi An
電話:0905-743-773
営業時間:6:00~21:00
定休日:なし