ANA Inspiration of Japan

好奇心を刺激する、旅と日常にまつわるWebマガジンライフスタイルマガジン ANA Travel & Life (トラベル アンド ライフ)

ベトナム、ホイアンで服をオーダーメイドする方法

2016.06.02ANAオリジナル

ANAオリジナル
ホイアンのテイラーショップ

街全体が世界遺産に登録されていることから、最近は世界中から観光客が訪れるベトナムのホイアン。
もともとこの街は絹の取引で16世紀から繁栄し、今でも繊維産業が盛んです。そんな歴史背景もあって、ホイアンにはオーダーメイド服を作るテイラーショップがあちこちにあります。誰でも気軽に、シャツ1枚からスーツやドレスまで、安価でオーダーメイドができます。
早ければ1日で完成すると聞き、2日の滞在中に2軒のテイラーショップでシャツのオーダーメイドにトライしました。
その実際の体験談からホイアンでオーダーメイド服を作るためのポイントをレポートします。

Text & Photo by
Takuji Sekido

早速1軒目の「AO DAI」でオーダー

AO DAI

「オーダーメイドでシャツを作ってみたい」と言うと、現地滞在のコーディネーターがお客さんの評判のいいテイラーショップを紹介してくれました。
まず滞在初日の夕食前に案内してもらったのが、ホイアンのダウンタウン中心街にある「AO DAI」というお店。
店内に入るとすぐに店員さんに「何を作りたいの?」と聞かれます。すかさず「シャツ」と答えると、テーブルに案内され、シャツのサンプル写真をたくさん見せてくれました。どれもどこかで見たようなデザインです。その中から「お好みのデザインを選んでください」とのこと。
写真を見ていくと、自分が持っているお気に入りのシャツとほぼ同じデザインのものがありました。これなら間違いないと思い、デザインは決定しました。

生地の見本

次は生地選びです。店の奥に行くとたくさんの生地が積まれています。その中からひとつひとつ見て、肌触りなども確かめながら慎重に選びました。生地によって値段が違い、また観光客向けだからなのか、なぜかUS$表示。生地を選び値段を聞くと1枚だと$35ドルで2枚だと$60のこと。せっかくなので同じ生地を色違いで選び、2枚オーダーすることにしました。

たくさん積まれた生地

そして採寸です。1人がサイズを測って1人がノートにメモしていきます。5分ほどの時間でしたが、自分の体にあったシャツをオーダーしているという特別感をリアルに感じ、気分も上がってきました。

採寸の様子

そして、お支払いです。値段交渉しましたがこの店ではダメのようでした。出来上がりは翌日の12:00ということで楽しみにしながら店を後にしました。

2軒目の「YALY」ではオーダー方法を変えて

滞在2日目。11:00くらいに滞在先のホテルから自転車で2軒目の「YALY」に行きました。ここはホイアンに2店舗を展開している現地では有名なテイラーショップ。私はホテルから近い大きな店舗に行きました。
店内は広々としており、メンズのシャツ、スーツ、レディースのドレスなど取り扱う服の種類も多く、生地の数もダウンタウンのテイラーショップと比べるとかなり豊富でした。

YALY

1軒目の「AO DAI」では写真からデザインを選び、採寸したうえでシャツをオーダーしました。しかし「YALY」では、次の日の朝に帰国しなくてはならず、仕上がってからサイズの微調整などをしている時間がありません。そこで自分のシャツを持ち込み、生地だけ選んでデザインとサイズはそのシャツとまったく同じに仕上げてもらう方法を試しました。

店に入ると、「AO DAI」と同じように店員さんに「何を作りたいか?」と聞かれたので、持ってきたシャツと同じシャツを作りたいと伝えました。するとすぐに生地のコーナーに案内されました。
「YALY」は生地が豊富で生地のひとつひとつに値段が書いてありました。安いもので$30、高い生地だと$100以上のものもありました。生地の数がかなり多かったので時間をかけて見ながら、肌触りを確かめ、値段を比較して$40の生地を2種類選びました。
出来上がるまでの時間が気になったので、「明日の朝までにできるか?」と確認してみると、出来次第、その日の夕方ぐらいにはホテルに届けてくれるとのことで安心しました。
その後、持ってきたシャツを着たうえで、店員さんが「首周りを少し広げた方がいいか?」「袖ボタンは2個付けたほうがいいか?」などと、こちらの希望を細かく聞き取ってくれて、持参したシャツをベースに改良してくれました。
オーダーが終わると、お会計をして、出来上がりを楽しみにしながら「YALY」を去りました。

整頓された生地

ここでも値切り交渉しましたが、システムで生地の値段と料金を一律で管理しているので値引きは出来ないと断られました。

1軒目の「AO DAI」、そのシャツの出来は?

「YALY」でのオーダー後、前日オーダーした「AO DAI」にシャツを受け取りに行きました。チェックのために、フィッティングルームでオーダーしたシャツを着てみました。
あまり縫い目など細かくは見ませんでしたが、着た感じはOKだったのでそのまま持ち帰りました。
ホテルに帰ってから縫い目など細かく見ると、襟の縫い目が少しジグザグしていたり、袖にしっかり縫製されていない箇所があったりしました。
今回は時間が無く出来ませんでしたが、試着しておかしな箇所を細かくチェックし、都度直してもらうという工程を1~2回繰り返して完成させるのがホイアン流のオーダーメイドだそうです。なので、体に合わない箇所、おかしな箇所は遠慮なく言ったほうがいいようです。

「AO DAI」でオーダーしたシャツ2枚
「AO DAI」でオーダーしたシャツ2枚
「AO DAI」でオーダーしたシャツの襟元
「AO DAI」でオーダーしたシャツの襟元
「AO DAI」でオーダーしたシャツの袖口
「AO DAI」でオーダーしたシャツの袖口

2軒目の「YALY」のシャツは?

「YALY」でオーダーしたシャツは、その日の16:00ぐらいにホテルの部屋に届けられました。すぐに中を開けて着てみました。持って行ったシャツと同じでサイズはピッタリ。ディテールも同じで、少し縫製がゆるい箇所もありましたが時間を考えると良い出来栄えです。

「YALY」でオーダーしたシャツ2枚
「YALY」でオーダーしたシャツ2枚
「YALY」でオーダーしたシャツの襟元
「YALY」でオーダーしたシャツの襟元
「YALY」でオーダーしたシャツ(赤)の袖口と持参したシャツの袖口(青)
「YALY」でオーダーしたシャツ(赤)の袖口と持参したシャツの袖口(青)

ホイアンでオーダーメイドするポイント

最後に2つのお店での体験をもとに、ホイアンでのオーダーメイドのポイントをまとめました。
個人的には服の完成度を求めるのではなく、ホイアンでオーダーメイドの服を作るという、そのプロセスを楽しむこと自体が、旅の良い体験となりました。

  1. オーダーメイドで服を作るプロセスを楽しむことが重要
  2. 作りたい服を持参してオーダーした方が精度の高い服ができる
  3. 一度出来たものを試着してからお直しを1~2回して完成させる
  4. お直しの時間を考えると完成までに2日間あったほうが良い
AO DAI
96 Nguyen Thai Hoc, Hoi An, Vietnam
Tel:+84(0)510-3939839
YALY
47 Nguyen Thai Hoc, Hoi An, Vietnam
Tel:+84(0)510-2212474
URL:http://www.yalycouture.com