ANA Inspiration of Japan

好奇心を刺激する、旅と日常にまつわるWebマガジンライフスタイルマガジン ANA Travel & Life (トラベル アンド ライフ)

マハラジャ気分で贅沢体験!インドの宮殿ホテル

2017.01.26トリップアドバイザーギャラリー

tripadvisor
ANA×TripAdvisor - トリップアドバイザーギャラリー -
インドの宮殿ホテル

豪華絢爛なホテルで、一流のサービスを享受しながら王様/お姫様気分…。そんな夢のような非日常体験ができるのがインドの宮殿ホテルです。そこは、マハラジャ(領主)の邸宅や別荘を改装してうまれた、まさに「宮殿」。ゲストがVIP気分で優雅に過ごせる、世界に類を見ない贅沢な滞在が実現できるんです。

今回は実際に宿泊した旅行者の口コミ評価の高いホテルを厳選してご紹介。インドの宮殿ホテルの魅力を探ってみたいと思います。

ウメイド バワン パレス(ジョードプル)

旧市街の建物の壁が青く塗られていることから「ブルーシティ」の異名をとるインド北西部のラジャスタン州ジョードプル。この町を見下ろす高台には、「トラベラーズチョイス™ ホテルアワード 2016」において世界のベストホテルナンバーワンに輝いたウメイド バワン パレスがあります。

約10万m2もの広大な敷地を誇るこのホテルは、現在でもマハラジャ一族が実際に暮らす世界最大の私邸のひとつとして知られています。贅の限りを尽くしたインテリアや照明だけでなく、石造りの重厚な建物にも目を奪われます。ロビーに足を踏み入れた瞬間からため息がこぼれることでしょう。

MichaelManciniさんの投稿写真
MichaelManciniさんの投稿写真

日没時間には建物全体が煌びやかにライトアップ。マハラジャのおもてなしの心が感じられる演出です。

Reviews-by-MTさんの投稿写真
Reviews-by-MTさんの投稿写真

ゲストルームもさぞかしキラキラ…かと思いきや、意外とモダンな印象。大理石のお風呂で旅の疲れを癒せば、気分はすっかりマハラジャです。

HITESHSADHさんの投稿写真
HITESHSADHさんの投稿写真
Tom Gさんの投稿写真
Tom Gさんの投稿写真
すずらん702さんの口コミ
一度は泊まってみたいと思っていた宮殿ホテルです。その豪華さ、大きさはもちろんのこと、広々としたお庭もとても魅力的。夕暮れ時の散策も、朝のお散歩もとても気持ちの良いものでした。特に広いお庭を眺めながらのディナーは最高でした!
クリスティさんの口コミ
宮殿脇には宿泊者のみ入れる博物館がありジョードプルや統治していたマハラジャの歴史、所蔵コレクションが展示されています。マハラジャ家族が実際に住んでいる宮殿を部分的にホテルとしているのでホテルに滞在しているというよりもマハラジャに招かれたような気分でした。このウメイドバワンの所有者であるマハラジャが作ったという空港からのアクセスもよく(車で20分ほど)2泊3日でもゆっくりと滞在できました。
Air013さんの口コミ
インドのマハラジャが作った宮殿をホテルとしている中の1つ。今でもホテル内にマハラジャ一家が住んでいます。ホテルの中は、豪華な調度品が展示され宿泊客には、ホテル内のツアーも用意されマハラジャが暮らしていた当時の様子などに接することができます。豪華に宿泊そのものを楽しむには、もってこいです。

タージ レイク パレス(ウダイプル)

インド北西部ラジャスタン州ウダイプルのタージ レイク パレスは、1743年に建てられた離宮を改装した歴史あるホテルです。最大の特徴はピチョーラ湖の真ん中に立っていること。ボートでのみアクセスできるこの白亜の宮殿には、究極のプライバシーと超一流のサービスが約束されています。

mgbtvさんの投稿写真
mgbtvさんの投稿写真

6タイプある客室は宮殿ホテルの名にふさわしくどれも豪華絢爛な造り。色使いといい、設備といい、これぞエキゾチックなインドのおもてなし!テンションが一気にアガります。

Tom Gさんの投稿写真
Tom Gさんの投稿写真

特に口コミでの評判が高い客室カテゴリーはピチョーラ湖に面したレイクビュー。部屋によっては、現在もマハラジャの子孫が住むシティパレスを対岸に臨めます。人気のため予約は早めにしておきましょう。

Tom Gさんの投稿写真
Tom Gさんの投稿写真

夜には建物全体がライトアップされます。美しいガーデニングが印象的な中庭もご覧のとおり。薄紅色に染まった空と相まって、幻想的な表情を見せています。

Alexandros Dさんの投稿写真
Alexandros Dさんの投稿写真

レストランからはウダイプルの街並みと湖を眺めながら食事ができます。「窓辺の景色が特別なホテルステイへと格上げしてくれる」と口コミでも上々です。

Ranjani Vさんの投稿写真
Ranjani Vさんの投稿写真
postearthさんの口コミ
確かに建物は年季が入っていますが、丁寧にメンテナンスされており、日本の老舗旅館のような落ち着きを感じさせます。ピンクなどを基調に丁寧にハンドペイントされた部屋壁も趣があります。部屋は日本のビジネスホテルよりは広い程度で、確かにインドのこの価格帯のホテルでは狭いですが、全ては窓辺から見える景色が帳消しにしてくれます。窓辺のフカフカのソファが快適です。少し高くても良いから絶対にレイクビューを予約することをお薦めします。部屋からはシティパレスが見えました。
すずらん702さんの口コミ
前からとても憧れていたタージレイクパレスに宿泊するためにウダイプルを訪れました。その美しさは思っていた通り、岸から眺めるホテルの姿も、ホテルの部屋から眺める湖、そして周りの景色もそれは素晴らしいものでした。中庭もとっても美しかったです。また機会があれば訪れてみたいです。優雅なひと時でした。

ランバーグ パレス(ジャイプール)

ランバーグ パレスはラジャスタン州の州都ジャイプールの主要観光スポットへもアクセス良好な宮殿ホテル。1835年に完成した建物は、迎賓館やマハラジャの公邸などに使われ、現在に至ります。ホテル内に一歩足を踏み入れると、外の喧噪とは無縁の穏やかな時間が流れています。

施設より提供
施設より提供

栄華を極めた時代がそのまま投影されたような壮麗な佇まいのホテルは、「ジャイプールの宝石」の愛称で親しまれています。総大理石のフロアに、瀟洒な家具や数々の肖像画が配置されたロビーからも、風格が感じられます。

talhacilekさんの投稿写真
talhacilekさんの投稿写真

回廊からは手入れの行き届いた中庭を望むことができます。どこもかしこもフォトジェニックです。

Mafalda_Atletiさんの投稿写真
Mafalda_Atletiさんの投稿写真

客室はコンパクトなパレスルームから、居住性に富んだスイートまでさまざま。いずれもエキゾチックかつ豪奢なインテリアが印象的です。旅行のピーク期間を外すと幾分オトクに滞在できるという口コミが見られますので、少し奮発してスイートルームを選んでみてもいいでしょう。

bengal-tigerさんの投稿写真
bengal-tigerさんの投稿写真
ロコモコ0922さんの口コミ
兎に角、何から何まで素晴らしい!レセプションの対応に留まらず、全スタッフがいつも気持ちの良い挨拶をしてくれます。エクセレント以外の評価は苦情とみなされるそうです。それだけ、何から何までキチッとしていました。また宿泊したいです。インドだからか、宿泊料金も格安です。このクラスのホテルに先進国で泊まったら4倍以上はすると思います。絶対オススメです。
ゆー♪さんの口コミ
マハラジャホテルに泊まりたいと思い今回選びましたが、本当に異空間の世界でした。朝、カーテンをあけると、窓の外には孔雀が朝日を浴びてお庭を散歩。白亜の世界で朝から快適に過ごすことができます。7時半からは無料でのヨガレッスンも受けられます。ホスピタリティあふれる快適な滞在となりました。夏季期間はディスカウントがあるようなので、通常は高いこのホテルも夏季にはリーズナブルな滞在ができてお得ですよ。

タージ ファラクヌマ パレス(ハイデラバード)

かつてインド中南部のハイデラバード一帯を支配していたニザーム藩王国。その9代目ニザーム(君主)が19世紀に建てた邸宅を修復し、完成させたのがこの宮殿ホテルです。ゲスト一人ひとりが君主の客人になったかのような質の高いパーソナルサービスは、クラシカルな馬車での送迎から始まります。

VFMPhotoImportさん(管理者)提供の写真
VFMPhotoImportさん(管理者)提供の写真

このホテル最大の特長は「世界で一番のお金持ち」とも言われたニザームが築いた富と栄光を体感できる、文化的な価値にあります。まず目に飛び込んでくるのはニザームの肖像画と、これまでここへ招かれた欧米諸国の王族・著名人のポートレートが飾られた総大理石の大階段。それ以外の場所でも当時の調度品は可能なかぎり残されており、まるで博物館にいるような、歴史の重みに圧倒されることでしょう。

John_W_SGさんの投稿写真
John_W_SGさんの投稿写真

101名座ることができる世界一長いダイニングテーブルは今も現役。ベルギー製のシャンデリアは当時のまま残されています。

SaurabhChatterjeeさんの投稿写真
SaurabhChatterjeeさんの投稿写真

客室もさぞかし重厚感たっぷり…と思ってしまいますが、いい意味で期待を裏切る洗練度。クラシカルな印象そのままに、近代的な設備はしっかり整っています。

Avidtraveller68さんの投稿写真
Avidtraveller68さんの投稿写真

ハイライトは標高2000フィート(約609m)の高台からハイデラバードの街を見渡せるテラス「ゴル・バンガロー」。天井にはきらびやかなステンドグラスを配し、細部に至るまで妥協はありません。ここでは朝食とディナーがいただけるのですが、夜景の美しさは特筆モノ。時間帯を変えて2回は訪れたい場所です。

aussietraveller47さんの投稿写真
aussietraveller47さんの投稿写真
lmckinzeyさんの口コミ
インドにある宮殿ホテルは他にもけっこう行ったことがあるのですが、ここがナンバーワンではないかと思います。このホテルで過ごすためだけにわざわざ週末旅行をした価値がありました。ニザーム家の馬車でのピックアップに始まり、入り口でのバラのフラワーシャワーや部屋専用のバトラーなど、スタッフはまるで私たちがニザーム家の大事なゲストのように扱ってくれました。
tako098さんの口コミ
昔の栄華をそのまま伝える宮殿ホテルです。全てが博物館のようで、鑑賞していてため息と興奮です。360度自らの領地を見渡せるマハラジャの住まいに泊まれます。朝昼晩すべての時間帯で飽きません。格式のある歴史を感じるダイニングでのインド料理フルコースも最高。食後は豪華なテラスから夜景、また中庭の夜景も最高です。

ザ ラージ パレス グランド ヘリティッジ ホテル(ジャイプール)

大小さまざまな宮殿ホテルが点在するインドのなかでも、全29室とスモールラグジュアリーなのがザ ラージ パレス グランド ヘリティッジ ホテル。建物自体は1727年(日本は江戸時代中期!)に建てられたもの。ターバン姿のドアマンが出迎える扉をくぐると、街の雑踏を一瞬で忘れさせるような別世界が飛び込んできます。

iheartnuevoさんの投稿写真
iheartnuevoさんの投稿写真
GuillermoCaen_Franceさんの投稿写真
GuillermoCaen_Franceさんの投稿写真

建物の創建当時はムガール帝国の時代。イスラム教の影響が色濃いため、客室をはじめ随所にエキゾチックな建築様式が見られます。

施設より提供
施設より提供

当時のマハラジャはイギリスやフランスの文化に造詣が深かったことから、ノーブルなアンティーク家具を配したレストランが造られています。高い天井に吊り下げられた巨大なシャンデリアは富の象徴。あまりにも煌びやかで少しそわそわしてしまいそう…。

fidelagaさんの投稿写真
fidelagaさんの投稿写真

中庭には王族たちが楽しんだであろうプールも備わっています。のんびり浸かったり、プールサイドで読書をしたり、旅の合間のリラクゼーションにもってこいです。

Reini21さんの投稿写真
Reini21さんの投稿写真
isohiyodoriさんの口コミ
今までの車窓から見ていた、光景から別世界に来たような感覚でした。門の外の喧騒さは無く、ここだけはゆっくり時間が過ぎている感じでした。各部屋それぞれ趣向が施され、落ち着いた雰囲気で、中庭が広く取ってありゆったりとした雰囲気を出しています。ルームキーも古風なものでした。
mochiokさんの口コミ
ホテルのスタッフの対応が笑顔でとても親切です。建物も元々宮殿だったので歴史を感じる素敵な建物です。それゆえ造りは複雑で広く迷子になりそうでした。掃除も行き届いていて宝石や歴史的な物が展示してあったり売っていたりもします。今回は二泊の滞在でしたが、また行く機会があれば1週間位、滞在して、ゆっくり過ごしたいです。
surusurupooさんの口コミ
夜8時頃ついたのですが、さすがパレス系、入り口の門から装飾がすばらしく、ターバンを巻いたインドらしいスタイルのホテルマンが出迎えてくれます。中へ入るとクラシックな雰囲気で、中庭を眺めながら素敵なブランコに座ってウェルカムドリンクをいただきました。お部屋はプライベートバルコニーとサリーが飾ってあり、クラシックでエレガントな雰囲気。バスタブもあり、お風呂・洗面・トイレは十分な広さでした。

アナンダ イン ザ ヒマラヤ(リシケシュ)

最後に、ちょっと変わり種の宮殿ホテルをご紹介。

場所は、ヨガの聖地として知られるインド北部の町リシケシュ。この町を一望する丘の上に位置しているのが、マハラジャの宮殿を利用したアナンダ イン ザ ヒマラヤです。こちらはインドでは珍しい滞在型のウェルネスリゾートとして、世界のセレブから人気を博しています。宮殿だった建物はレセプション棟になっており、滞在中はティーラウンジなどの利用ができます。

jainmeenakshi90さんの投稿写真
jainmeenakshi90さんの投稿写真
Mohenjodaroさんの投稿写真
Mohenjodaroさんの投稿写真

ホテルの敷地面積は東京ドーム約8.5個分と広大!周りは大自然に囲まれており、癒し効果も抜群です。ゲストルームをはじめ、多くの施設は最新鋭の設備が整う別館に集中しています。

sahil kさんの投稿写真
sahil kさんの投稿写真

観光目的とは異なり、ゲストはデトックスや減量、体質改善にアンチエイジングなど、健康に関する目標をもって訪れている人がほとんど。本場のヨガや瞑想、フィットネス、ハイキングなど、リゾートが主催するプログラムを組み合わせ、各々のスケジュールを組み立てます。長い休みがとれる人は、最低でも1週間じっくりステイするといいでしょう。

Yana Zさんの投稿写真
Yana Zさんの投稿写真

もちろん、インド発祥のアーユルヴェーダも忘れてはいけません。専門スタッフが体の調子に合わせたトリートメントを提案してくれます。ただし予約がとりにくいので、ホテル予約と同時に押さえておきましょう。

施設より提供
施設より提供
ToYama_11さんの口コミ
インドにしては、素晴らしいホテルです。笑顔のフロント、行き届いたサービス、美味しい食事。外の景色。竹などの林が周囲にありマイナスイオンが身体を包み込みます。もともと宮殿でしたので、ゴージャスなフロントロビーにいるだけで雰囲気が楽しめます。庭の手入れも丁寧。フロントから部屋など敷地が広いので、カートを使って移動します。
chalonewdelhiさんの口コミ
ホテルでは、アーユルヴェーダマッサージを受けることも出来、きれいな空気と雰囲気のなかで施術されるひとときは最高の感じで、世界のセレブの女性が憧れる理由もよく分かりました。客室内には、無料で参加できるヨガやエクササイズのメニュー(スケジュール表)があり、早朝から夜まで、ホテルの敷地内のいろいろなところで、体を動かせるメニューがたくさんありました。

インド国内で多く展開され、注目を集める宮殿ホテル。今回ご紹介した場所をはじめ、人気のあるホテルは早いうちから予約でいっぱいになってしまうことも。宿泊したいホテルが決まったらなるべく早めに予約しておきましょう。

ANAマイレージクラブ会員限定 添乗員同行 厳選ツアー