ANA Inspiration of Japan

好奇心を刺激する、旅と日常にまつわるWebマガジンライフスタイルマガジン ANA Travel & Life (トラベル アンド ライフ)

国内旅行で食べたい 日本のご当地発酵食品

2020.12.24Infographics

国内旅行で食べたい
日本のご当地発酵食品

皆さん発酵食品と聞いて思い浮かべるのは何ですか?ここ数日の食事を思い返してみても、味噌や醤油、酢などの調味料から、納豆や漬け物、パン、ヨーグルト、チーズ、ビールやワインまで、和洋問わずさまざまな発酵食品が食卓に並んでいるのではないでしょうか。その歴史は古く、日本では奈良時代には発酵技術が確立されていたそう。発酵食品は、私たちの食文化に欠かせない伝統食なのです。
さて、旅先に目を向けると、日本各地に独自の発酵食品があります。その土地の気候や風土に根差した郷土料理は、旅の思い出にぜひ試したいもの。健康食として注目されている食品が多く、1粒で2度おいしいのも魅力です。今回はそんな日本のご当地発酵食品をご紹介します。

A Journey into Japan's Fermented Food Culture

When you hear the word fermentation, what comes to mind? Think back on some recent meals and you’re sure to find a variety of fermented foods on the table—from miso, soy sauce, and vinegar to natto (fermented soy beans), pickled vegetables, bread, yogurt, cheese, beer, and wine. Fermentation has been a part of Japanese history as early as the eighth century during the Nara period, and fermented foods have an essential part of our food culture.

インフォグラフィックを拡大

世界のお茶の楽しみ方

Infographics by groovisions