高知県 いの町・仁淀川町 仁淀川

仁淀ブルーに浸れる県内屈指の美渓

冽な流れを満喫するアユ釣り

愛媛県と高知県を流れ、吉野川と四万十川に次いで四国で3番目の規模を持つ仁淀川。愛媛県内では面河川と呼ばれ、渓谷美が美しい面河渓の名で知られている。その美しさは高知県に入っても変わらず、深い淵になると神秘的な青色に輝く水は「仁淀ブルー」として徐々に全国に知られるようになっている。

いの町浅尾沈下橋付近の美しい風景

いの町にある浅尾沈下橋付近の流れ。青く輝く水が流れる

仁淀川で盛んな釣りは、なんといってもアユの友釣り。まずおすすすめなのは流域の中では下流寄りの「いの町」のエリア。道の駅「土佐和紙工芸村」の上流には、柳瀬、黒瀬、片岡沈下橋、三石などの有名ポイントが並ぶ。山間を縫って流れる川は、澄んだ水で川底の石もコケを盛んに食むアユによってよく磨かれ期待が膨らむ。仁淀川ではアユを獲る川漁が今も行なわれており、釣りをしていると漁師に会うことも珍しくない。1つコツを挙げると、仁淀川は底流れが速いため、オモリをうまく使ってオトリのアユをしっかり流れに馴染ませることが必要になる。この点を意識すれば、アタリと引きが強烈な天然遡上アユがナワバリを張っているので、何度でも訪れたくなるような釣りを味わえるはずだ。川全体を見るとフラットな場所が多いが、三石付近では大きな石が入って白波の立ったダイナミックな瀬も広がる。

  • 写真:船を引く川漁師高知県の清流では今も川漁師の姿が見られる。仁淀川もその1つ
  • 写真:清冽な流れにサオを差すアユの友釣りファン清冽な流れにサオを差すアユの友釣りファン

また、上流の仁淀川町にある安居川などの支流も、釣れるアユは放流されたものになるものの、水はさらに青さと透明度を増し気持ちのよい環境での釣りが堪能できる。

  • 写真:釣り人とアユ全身が黄色みを帯びたきれいなアユが掛かる
  • 写真:手の中のアユ清流に磨かれた三淀川のアユは味もよい

マゴ釣りも楽しい

また、仁淀川はアマゴ釣りも楽しめる。おすすめは本流の上流部や支流の上八川川。上八川川の下流域は里川らしい雰囲気の場所もあって入川は容易。それでいて、30㎝を超える尺クラスもねらえるが、全般に小ぶりながら美しい姿のアマゴが多く、護岸された箇所でも大きめの石があって流れは複雑なため、釣っていて面白い。周囲よりも水深のある落ち込みやその流れ出し、大石周りなどのポイントでパーマーク(藍色の斑紋)がくっきりとしたアマゴが毛バリに飛び出す。

風景写真:川の上流部

変化に富んだ本流の上流部や支流ではアマゴ釣りも楽しい

支流の小川川出合付近から上流は少しずつ水量が減るが、景色は美しく、サオを振りながらのんびりと遡行するにはうってつけ。さらに上へ行くと落差のある渓流の雰囲気になる。いずれも川沿いに道があるので、流れを見ながらポイントを選べる。

  • 写真:竿を引く釣り人本州からこの川を訪れたフライフィッシャーの毛バリにアマゴが食いついた
  • 魚の写真:泳ぐアマゴアマゴはヤマメに似るが、体側にわずかにちりばめられた朱点がある

上八川川では、最上流部に毎年アマゴの稚魚放流を行なっていて、それらが育つためきれいな魚が多い。また、通常のアマゴ釣り期間は例年3月から9月いっぱいまでだが、上八川川と小川の一部区間では、その後も「アマゴ冬季釣り場」が設定され、特別料金で引き続き釣りができる(フライまたはルアーでのキャッチ&リリースのみ)。南国ならではのオフシーズンのアマゴ釣りに挑戦してみるのもおすすめだ。

この釣り場へのアクセス

仁淀川

高知龍馬空港からレンタカーを利用。高知道・伊野ICから仁淀川方面へ

釣り場情報

〈仁淀川/アユ〉

解禁期間 6/1~
遊漁料 1日2,000円
管轄漁協 仁淀川漁協(http://www.niyodogawa.or.jp/
遊漁券購入・
 オトリ店
フレッシュマートキシモト(TEL:088-850-5014)

〈仁淀川/アマゴ〉

解禁期間 3/1~9/30(冬季アマゴ釣り場は10/1~翌年2月末)
遊漁料 1日2,000円
管轄漁協 仁淀川漁協(http://www.niyodogawa.or.jp/

※釣り場情報は2020年6月現在のものです。

こちらもチェック!

  • ヤマメの釣り場ベスト50
  • アユの釣り場ベスト50
  • Facebook
  • Twitter