徳島県・吉野川

力比べの相手にふさわしい大アユを磨く奔流

国三郎、大歩危・小歩危を釣る

坂東太郎の利根川、筑紫次郎の筑後川と並び、四国三郎の異名を持つ吉野川。本流は徳島県と高知県を流れるが、支流を含めると四国四県にまたがる広大な水域である。かつては暴れ川としても知られており、激流は岸壁をうがち、大歩危、小歩危などの景勝地を生み出した。
また源流部は石鎚国定公園内で、樹齢100年を超える広葉樹の天然林が広がる。そのせいか、透き通った水は夏でも太く流れ、流域を潤してきた。そしてアユも、この流れによって太くたくましく育つのである。
清流の女王と呼ばれるアユは、石に付いたコケ、つまり藻類を食べる。水質がよくなければ、当然コケの質も落ちる。それはアユの成長や味に直結し、だからこそ釣り人は清流を目指す。そして吉野川は、大アユをねらう釣り人にとって、一度は訪れたい川なのである。
ことに大歩危・小歩危は、なにしろ景色だけで観光客を集めるのだから、そこで釣りをする気分は格別。激流を走る尺アユの引きを味わってしまったら、釣り人なら誰でも、毎年のように四国詣でをしたくなってしまう。

  • 背の盛り上がったたくましい吉野アユ背の盛り上がったたくましい吉野アユ
  • 大石で敷き詰められたような吉野川は、アユ釣りファンにとっては垂涎の流れ大石で敷き詰められたような吉野川は、アユ釣りファンにとっては垂涎の流れ
  • 美しい水が良質なコケを育て、ひいてはアユを育てる美しい水が良質なコケを育て、ひいてはアユを育てる

アユと対峙する

  • サオを根もとから曲げる魚。必死で耐える釣り人サオを根もとから曲げる魚。必死で耐える釣り人

なにしろ流れが強いので、それに大アユのパワーが加わると、釣り人はなすすべもなくイトを切られる。地元の名手に聞くと、この川で大アユをねらうなら、以下のことは心得ていてほしいという。
まず仕掛けは、通常河川の同サイズをねらう時より、ワンランク太めを使うこと。メタルラインなら0.1号以上は必要だろう。ハリスは2.5号があると安心だ。ハリは7.5号以上で、ヤナギ、チラシと呼ばれる仕掛け用には、より大きいハリ(8.5~10号)も持参するとよい。またサオも、胴に粘りとパワーがあるものを選ぶ。
なにしろ流れは強いので、足場をしっかり確保する。魚を取り込む位置などを考え、それから釣りをするようにしたい。吉野川での釣りは、どちらかというと格闘という言葉を使いたくなるほど、豪快なのである。

  • ようやく姿を現わした四国三郎のアユようやく姿を現わした四国三郎のアユ
  • 巨岩の連なる流れで、大アユと力勝負巨岩の連なる流れで、大アユと力勝負
  • 「引き抜き」と呼ぶオトリに掛かったアユを取り込む瞬間「引き抜き」と呼ぶオトリに掛かったアユを取り込む瞬間
  • ズシリと重いアユは、もちろん食べても美味だズシリと重いアユは、もちろん食べても美味だ

野川、その周辺

四国といえば、グルメならうどんや柑橘類やカツオ、歴史好きなら坂本龍馬や中岡慎太郎、文学ファンなら夏目漱石の坊ちゃんなどを思い浮かべるかもしれない。本州と瀬戸内海を挟んでいるだけだが、たとえば国道をお遍路の方々が歩いているのを見たり、温暖寡雨な瀬戸内海式気候を肌で感じたりすると、やはり旅情を感じる。
釣りはもちろん楽しいが、せっかくここまで来たのなら、やはり四国を満喫したい。吉野川の周辺でいえば、まず生産日本一の地鶏「阿波尾鶏」が美味。特に鶏の骨付肉を焼いただけの料理が、地元では愛されている。店によっては、ひな鳥と親鳥があって、肉が固いものの滋味が深い親鳥をぜひ味わってほしい。この地鶏のネーミングの由来でもある阿波踊りは、日本三大盆踊りのひとつ。ちょうど夏のアユシーズンに重なるので、見ない手はないだろう。
ちなみに川をさかのぼって高知県との県境あたりに行くと、今度は渓流のアマゴ釣りができる。こちらはエサ釣り、テンカラ、ルアーやフライフィッシングなどで楽しめるので、たとえば昼間はアユ釣りを楽しんだら、夕方には渓流釣りに行くというのもありだ。

  • 大歩危・小歩危付近には温泉もある。こちらは「大歩危祖谷温泉 あわの抄」大歩危・小歩危付近には温泉もある。こちらは「大歩危祖谷温泉 あわの抄」
    URL:http://awanosho.jp/
  • 四国といえばうどんが名物だが、骨付鳥も人気だ四国といえばうどんが名物だが、骨付鳥も人気だ
  • 吉野川はラフティングも盛んだ吉野川はラフティングも盛んだ

この釣り場へのアクセス

吉野川

高松空港から県道45号を経てR193を右折。R377を右折して県道39号を左折。R438を左折して南下し、吉野川へ。大歩危・小歩危へは、そこから徳島自動車道に乗って西へ向かい、井川池田ICを降りてR32を左折。吉野川をさかのぼって向かう。

釣り場情報

〈吉野川/アユ〉

シーズン 6/1~
遊漁料 1日3,000円
管轄漁協 徳島県内=吉野川漁協連合会
高知県内=嶺北漁協(http://www.geocities.jp/aqua4392007

※釣り場情報は2015年7月現在のものです。

  • Facebook
  • Twitter