福井県「セイコガニ」

福井県セイコガニ旬な季節:冬

文豪が愛した日本海のカニ

期は2ヵ月だけ

日本海、冬の味覚といえば越前ガニ。11月に入ると解禁になり、港は一斉に活気づきます。ちなみに、越前ガニとはオスのズワイガニのこと。この種はオスとメスのサイズが大きく違うため、漁獲されている地域の多くでは性別ごとに別の名前で呼ばれています。

そして、今回紹介するのはメスのほう。こちらは福井では「セイコガニ」と呼ばれ、25cm前後とオスに比べると小さめですが、最大の特徴はミソ(卵巣・内子)と卵(外子)。解禁直後の2ヵ月間が旬になりますが、越前ガニでは味わえないような濃厚な味を楽しめます(ズワイガニのシーズンでもセイコガニの漁が許されているのは2ヵ月のみ/11月6日~12月末。翌年の2月ごろから産卵を始めるため、1月10日前後には禁漁になります)。

これは食通の文豪・開高健も好んで食べた食材として知られており、特にミソを和えたセイコガニの丼は地元の老舗旅館のオリジナル「開高丼」(内子、外子、カニの身全て使用)として、全国から食通が訪れます。ちなみに開高丼が食べられるのは例年11月上旬~12月末までの期間になります。

  • 冬の日本海の美味、ズワイガニ。地元や食通の間ではミソ(卵巣・内子)と卵(外子)の詰まったメス「セイコガニ」が珍重される冬の日本海の美味、ズワイガニ。地元や食通の間ではミソ(卵巣・内子)と卵(外子)の詰まったメス「セイコガニ」が珍重される
  • 開高健が好んだという「開高丼」。セイコガニ8杯を散りばめた贅沢な丼開高健が好んだという「開高丼」。セイコガニ8杯を散りばめた贅沢な丼

食べるなら

開高健も舌鼓を打ったふるさとの宿こばせ

住所 福井県丹生郡越前町梅浦58-8
電話番号 0778-37-0018
ホームページ http://kobase.net/
(開高丼に関しては、要問合)
  • ふるさとの宿こばせ
  • 開高健も訪れた越前町の「こばせ」。『越前町で水揚げされた越前かに取り扱い店』の認証を受ける

お店に関する情報の利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認ください。

このページの情報は2016年10月現在のものです。

  • Facebook
  • Twitter