石川県「ゴリの空揚げ]

石川県ゴリの空揚げ旬な季節:通年

魯山人も愛した加賀の小さな魚

た目とは裏腹な清涼感のある滋味

金沢の郷土料理に欠かせないのが、このブサイクな顔つきをした小さな魚です。しかし、見た目であなどるなかれ。その身を噛みしめると、じんわりと滋味が染み出します。陶芸家であり美食家でもあった、あの北大路魯山人も、ゴリの味を愛したと伝えられています。

ゴリというのは通称で、カジカやハゼの仲間を指します。金沢では、主にカジカやウツセミカジカのことをゴリと呼び、加賀料理の大切な食材のひとつとされてきました。

主に漁獲されるのは、浅野川や犀川。「ゴリ呼び漁」と呼ばれ、金沢の風物詩のひとつでした。しかし清流に棲むゴリは、ちょっとした環境の変化で数を減らしてしまいます。今は当地でも貴重な食材になっているようです。

空揚げのほか、地元では新鮮な身を刺身にしても食べています。その他、白味噌仕立てのゴリ汁や、しぐれ煮、甘辛く煮詰めた佃煮にもされています。

ゴリが食べられるということは、すなわち美しい川がまだ残されているという証拠です。加賀百万石といわれた加賀藩の時代から愛されてきた小魚は、きっとこれからも金沢の名物であり続けるでしょう。

食べるなら

金沢の山里でイワナ、ゴリの滋味を堪能岩魚茶屋

住所 石川県金沢市二俣町子30番地
電話番号 076-236-1238

お店に関する情報の利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認ください。

このページの情報は2016年7月現在のものです。

  • Facebook
  • Twitter