滋賀県/「ホンモロコ」

滋賀県ホンモロコ旬な季節:春

丸ごと食べれば、身、骨、卵のバランスよし

の"子持ち"を食す

滋賀県の大部分を占める琵琶湖には、魚や貝で約50種類の固有種がいるといわれています。コイ科のホンモロコもその一種。通年漁獲されていますが、特に春先がおいしいとされており、高級料亭でも珍重されるほどです。また、この時期は沿岸の比較的浅いエリアを回遊しているため、サオをだしてねらう人も少なくありません。

旬である春先のホンモロコは、産卵期前の状態。地元の漁師たちは、「"子持ち"ホンモロコはサッと素焼きにして食べると絶品」と話します。体長9~14cmの小さい魚ですが、骨は硬くなく、身は淡白すぎず、丸かじりすると旨みがギュッと凝縮されているよう。そこに卵のプチプチという食感が加われば、やみつきなってしまうはずです。

食べ方としては、素焼きにして塩を軽く振るなどのほか、南蛮漬け、佃煮などもポピュラーです。

  • 卵を持った春先のホンモロコ卵を持った春先のホンモロコ
  • 素焼き。仕上げに焼き網に立てるのがおいしく焼くコツ素焼き。仕上げに焼き網に立てるのがおいしく焼くコツ
  • 多くの固有種が生息する琵琶湖。周辺地域には湖魚を使った食文化が根付いている多くの固有種が生息する琵琶湖。周辺地域には湖魚を使った食文化が根付いている

食べるなら

琵琶湖の固有魚を季節ごとに料理馳走家 かど脇

住所 滋賀県守山市吉見2-2-10
電話番号 077-582-7331
ホームページ http://chisouya-kadowaki.com/
(そのほかのおすすめ店は、琵琶湖の特徴的な魚介類を紹介するサイト(滋賀県農政水産部)、「琵琶湖八珍に掲載されています)

お店に関する情報の利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認ください。

このページの情報は2016年10月現在のものです。

  • Facebook
  • Twitter