和歌山県/「サンマのなれずし」

和歌山県サンマのなれずし旬な季節:通年

熊野地方伝統の発酵食品

30年の長期発酵も

「なれずし」とは、主に魚を塩と米で乳酸発酵させた食べもの。酢を用いずに発酵させ、保存食として活用されてきました。琵琶湖のフナやオイカワを使用したものや、北海道のニシンやサケを用いたものなど各地で作られていますが、和歌山県南部・熊野地方ではサンマを使います。

この地方のサンマは、三陸沖から寒流にのって熊野灘へ南下してきたもの。長い間潮にもまれることから、身が引き締まって脂も適度に落ち、当地を代表する寿司魚としても親しまれています。

サンマのなれずしは、発酵が浅い状態でも食されていますが、なかには30年ほどが経過したものも食べられます。それほどの長期発酵となればもちろん"寿司"の原型はなく、ヨーグルト状になります。これは酒の肴としても珍重されており、ほどよい酸味がクセになる味は、ちびちび舐めながら杯を傾けるのにもぴったりです。

  • 川下りでも有名な熊野川。広い谷間を悠々と流れる川下りでも有名な熊野川。広い谷間を悠々と流れる
  • 熊野川流域の熊野市にある丸山千枚田。新宮市の周辺には歴史的な見どころも多い熊野川流域の熊野市にある丸山千枚田。新宮市の周辺には歴史的な見どころも多い

食べるなら

紀州熊野地方の郷土料理を提供東宝茶屋

住所 和歌山県新宮市横町2-2-12
電話番号 0735-22-2843
  • 東宝茶屋

お店に関する情報の利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認ください。

このページの情報は2016年7月現在のものです。

  • Facebook
  • Twitter