北海道 枝幸町・枝幸沿岸部

道内のサケ釣りファンが認める最有望エリア

ホーツクの秋の風物詩

「サケ(シロザケ)って釣ってもいいの?」。北海道外の釣り人には、そんな疑問を抱く人が少なくない。日本では漁業との関係で川でのサケ釣りが全国的に規制されており、一部のエリア(調査目的で時期を限って釣りができるエリア)をのぞき、基本的に釣り禁止の場合が多いからだ。一方で、海では河口規制が設定されている場所をのぞき、比較的自由に釣ることができる。一部地域では、遊漁船による船釣りのシステムも確立されている。
70~80cmにもなる魚が釣れるとなれば、釣り人なら誰でも無関心ではいられないというもの。8月から本格化するカラフトマスシーズンの後、9~11月の海岸はサケ釣りムード一色に染まる。なかでも北海道内のファンが一目置くのが、オホーツク海に面する枝幸町内の海岸だ。

  • オホーツク海に面した枝幸の町。港を中心に市街地が広がるオホーツク海に面した枝幸の町。港を中心に市街地が広がる

サケの漁獲量は全道5海区で集計されているが、このうちオホーツク海区は例年、全体の4割を超え、5割に迫るほどの漁獲量を誇る。枝幸町はまさにその海区に位置する。来遊時期が早く、その関係か銀ピカでコンディションのよい魚が多い。メジカと称されるブランドサケが漁獲される海区でもある。数、質とも申し分ない釣りが楽しめることから、毎年多くの釣り人が集まる。

  • 早朝の人気ポイントには釣り人がずらりと並ぶ。これは平日で少ないほう早朝の人気ポイントには釣り人がずらりと並ぶ。これは平日で少ないほう
  • 朝に比べて空いている夕マヅメも潮回りしだいでチャンスは充分朝に比べて空いている夕マヅメも潮回りしだいでチャンスは充分

キルアーがポピュラー。フライでねらう人も

サケ釣りのシーズンは9~10月がメイン。11月以降も楽しめるが、終盤近くになると、色の付いたサケが増え、海もシケやすくなってくる。また、初冬の12月、枝幸港内にサクラマスの群れが入ることがあり、これをねらう人も増えている。

  • 近年は遊漁船でサケの群れを捜し、ウキルアーでねらうスタイルの人気が急上昇中近年は遊漁船でサケの群れを捜し、ウキルアーでねらうスタイルの人気が急上昇中
  • ウキルアーで釣れた精悍なシロザケウキルアーで釣れた精悍なシロザケ

このエリアではウキの先にルアーを結ぶ仕掛けでねらう人が多い。ルアーは30~50gのスプーン(金属片タイプのルアー)。これにタコベイトと呼ぶ魚の興味を引くハリをセットし、ハリにはさらに短冊状にカットしたサンマの身や紅イカを付ける。表層付近をスローに引いてアピールするのがこの釣りのキモで、ルアーの上部にウキを付ける。場所は河口規制のない大小河川の河口付近が人気だ。そして最近は、船で沖に出て同じ仕掛けでねらう「ハネ撃ち」と称されるスタイルも注目されており、枝幸はその前線基地の1つとなっている。また、枝幸は北海道の他の地域に比べても、風や波のきつくない穏やかな釣り場が多いため、フライフィッシングで挑戦する人も多い。

  • ウキルアーの仕掛け。上からフロート(ウキ)、スプーン、タコベイト付きのフックとなっているウキルアーの仕掛け。上からフロート(ウキ)、スプーン、タコベイト付きのフックとなっている
  • ウキルアーはハリにエサを付ける。サンマや紅イカの短冊がポピュラーだウキルアーはハリにエサを付ける。サンマや紅イカの短冊がポピュラーだ

ナー順守で楽しく釣る

北海道はサケ釣りの人気が非常に高く、他の釣りとは比べものにならないくらい釣り場が混雑する。それだけにマナーを守って、譲り合って楽しむ余裕が必要だ。混雑は週末の朝一番が激しく、平日や日中、夕方はそれほどでもない。そのためあえて早朝を外すのも手。日中に群れが寄ることもある。なお、サケの群れは満潮の前後に岸に寄りやすいといわれている。ゴミの持ち帰りも徹底したい。

枝幸町はサケの品質の高さもさることながら、毛ガニの水揚げが日本一で、さらにホタテも絶品。オホーツクの美味しい海の幸に事欠かない。釣りに訪れたなら、地元にも家族にも喜ばれるお土産のチェックもぜひ忘れずに。

  • ハネ撃ちで釣れたシロザケ。味もよく釣った後のお楽しみも大きいハネ撃ちで釣れたシロザケ。味もよく釣った後のお楽しみも大きい
  • 枝幸町内の海岸ではフライフィッシングでねらう人も増えている。フローティングラインによるスローな誘いはシロザケに向く枝幸町内の海岸ではフライフィッシングでねらう人も増えている。フローティングラインによるスローな誘いはシロザケに向く
  • サケ用のフライは赤やピンクで水面に浮いたり水面直下にサスペンドするようなタイプが定番だサケ用のフライは赤やピンクで水面に浮いたり水面直下にサスペンドするようなタイプが定番だ

この釣り場へのアクセス

北海道・枝幸

オホーツク紋別空港から約110km、2時間。稚内空港から約120km、2時間。空港からはレンタカーを利用する。

釣り場情報

〈枝幸沿岸部/シロザケ〉

シーズン 9~10月
問合先 つり具センター
(北海道内に展開する大型釣具店。
http://turigu.ne.jp/

※釣り場情報は2017年9月現在のものです。

  • Facebook
  • Twitter