鹿追町/上士幌町・然別湖

世界でここだけ。オショロコマの固有亜種ミヤベイワナが棲む神秘の湖

別湖だけで出会える魚

固有種とは、限られた地域にのみ生息する生物学上の種のこと。その貴重なひとつであるサケ科魚類が、北海道十勝の山あいの湖、鹿追町と上士幌町にまたがる然別湖に棲む。一般的に、希少な固有種は保護対象となり、採捕が禁止される例が少なくない。しかしここでは、釣り人による釣果情報を資源管理上の貴重なデータと位置づけ、厳格なレギュレーションのもと、保護と利用の両立をめざす試みが続く。そのおかげで、美麗なるミヤベイワナに、今も誰もが出会うことができる。

オショロコマの固有亜種であるミヤベイワナが棲む然別湖。アプローチのメインは手こぎボートだが、ウエーディングで楽しめるエリアもあるオショロコマの固有亜種であるミヤベイワナが棲む然別湖。アプローチのメインは手こぎボートだが、ウエーディングで楽しめるエリアもある

1万年以上の時を経て、閉鎖された環境で独自の進化を遂げたミヤベイワナ。環境に適応した容姿で、手にした釣り人を感動させてくれる

1万年以上の時を経て、閉鎖された環境で独自の進化を遂げたミヤベイワナ。環境に適応した容姿で、手にした釣り人を感動させてくれる

ミヤベイワナの遊漁事業は、2005年からNPO法人が担う。当初からキャッチ&リリースを導入。資源を減らすことなく、継続して釣りが楽しめている

ミヤベイワナの遊漁事業は、2005年からNPO法人が担う。当初からキャッチ&リリースを導入。資源を減らすことなく、継続して釣りが楽しめている

然別湖は、1万数1000年前の火山活動により出現した湖。その際、周囲約14km、最大水深約100m、水面標高810mの湖にオショロコマが陸封された。そこで独自の進化を遂げて固有亜種になり、1938年、ミヤベイワナと命名された。プランクトンなどを主食とする生態から、エラの内側にある鰓把数が多いのが主な特徴。小渓流のオショロコマは20cm前後が多いのに対し、ミヤベイワナは25~30cmを中心に、大型のものは40~50cmに成長する。
容姿は渓流のオショロコマとは趣を異にし、淡めの魚体に鮮やかな朱点をちりばめる。初めて目にすれば、きっと誰もがその美しさに目を奪われる。背部の色味も独特で、グリーン、ブルー、ブラウンの3タイプがいるとされる。

  • ミヤベイワナの体色には個性がある。淡い魚体にちりばめた朱点がひときわ鮮やかミヤベイワナの体色には個性がある。淡い魚体にちりばめた朱点がひときわ鮮やか
  • ミヤベイワナは、小型のウエットフライやストリーマーなどのほか、ドライフライに反応することもあるミヤベイワナは、小型のウエットフライやストリーマーなどのほか、ドライフライに反応することもある

ミヤベイワナのほか、移入種であるサクラマス、ニジマス、ワカサギ、ウグイなども生息する。ニジマスは昭和の一時期に放されて以降、追加の放流は行なわれていない。自然産卵によるワイルドな魚体がロッドを絞り、これを楽しみに訪れる人も多い。

湖面の標高は810mで、北海道内の湖では最も高い。周辺の岩場には氷河期の生き残りとされるナキウサギが生息する

湖面の標高は810mで、北海道内の湖では最も高い。周辺の岩場には氷河期の生き残りとされるナキウサギが生息する

  • 期待に胸を膨らませ、思い思いのポイントへ。防寒対策を万全にして出船したい期待に胸を膨らませ、思い思いのポイントへ。防寒対策を万全にして出船したい
  • 然別湖の釣りはボートが基本。ルアーならスプーンなどでタナを丁寧に探りたい然別湖の釣りはボートが基本。ルアーならスプーンなどでタナを丁寧に探りたい
  • 湖水の透明度は高い。ドライフライの場合、繊細なアプローチが要求される湖水の透明度は高い。ドライフライの場合、繊細なアプローチが要求される
  • ニジマスのコンディションは素晴らしく、人気ターゲットになっている。ドライフライでねらえるニジマスのコンディションは素晴らしく、人気ターゲットになっている。ドライフライでねらえる

レートフィッシング然別湖

然別湖の遊漁事業は現在、漁業権をもつ鹿追町から依託を受け、『NPO法人北海道ツーリズム協会』が担う。2005年から続くこのスタイルは『グレートフィッシング然別湖』と称され、道内外の釣り人に親しまれている。

  • 湖畔の『然別湖畔温泉ホテル風水』に展示されているミヤベイワナの標本。70cm近い超大もの。今もこんなサイズが泳いでいるのか?湖畔の『然別湖畔温泉ホテル風水』に展示されているミヤベイワナの標本。70cm近い超大もの。今もこんなサイズが泳いでいるのか?
  • 湖畔に建つ『然別湖畔温泉ホテル風水』。ホテルの前から出船できる絶好のロケーション。釣り三昧の滞在を満喫できる湖畔に建つ『然別湖畔温泉ホテル風水』。ホテルの前から出船できる絶好のロケーション。釣り三昧の滞在を満喫できる

ミヤベイワナの塩焼。養殖ものながら、滑らかで繊細な身質のファンは多い。湖畔のホテルなどで味わえるミヤベイワナの塩焼。養殖ものながら、滑らかで繊細な身質のファンは多い。湖畔のホテルなどで味わえる

釣りによるプレッシャーと環境への負荷が考慮され、解禁期間と人数が制限されている。近年の解禁期間は春と秋、ファーストとセカンドの2ステージ(期間)が設けられ、全50日間、各日とも1日50人となっている。釣法はルアー、フライ、テンカラで、エサ釣りは禁止。フックはシングル&バーブレスフックのみ使用可。ミヤベイワナはすべてキャッチ&リリース。
釣果情報は資源管理のための貴重なデータになる。このため釣り人は調査員としての役割を担い、釣果の報告が求められている。将来にわたって遊漁事業を継続していけるよう、希少種に接する釣り人の義務として、ていねいに協力していきたい。

近年、ミヤベイワナの資源量の調査が行なわれている。釣果情報はその貴重なデータになる。積極的に協力していきたい近年、ミヤベイワナの資源量の調査が行なわれている。釣果情報はその貴重なデータになる。積極的に協力していきたい

  • 標識のタグが付けられたミヤベイワナ。この調査により資源量が推定されている標識のタグが付けられたミヤベイワナ。この調査により資源量が推定されている
  • 受け付けはここで。近年、ガイドツアーも行なっている受け付けはここで。近年、ガイドツアーも行なっている

この釣り場へのアクセス

鹿追町/上士幌町・然別湖

帯広空港からレンタカーを利用。幸福ICから帯広広尾自動車道に入り、芽室IC下車。道道54、道道133、R274、道道85経由で然別湖畔へ。約90km。所要時間約1時間40分。

釣り場情報

〈然別湖特別解禁遊漁規則(2018)〉

遊漁期間・遊漁時間 ファーストステージ:6月1日~7月2日(6:00~15:00)
セカンドステージ:9月15日~10月2日(7:00~15:00)
遊漁者数 1日50人
遊漁料 1人1日/4110円
※ファミリー割引あり。両親いずれかが同行する場合、小中学生は無料
釣法の制限 ルアー&フライフィッシング、テンカラのみ。エサ釣り禁止
釣り具の制限 シングルバーブレスフック1本のみ使用可。ただし、ミノーに限り、フック2本の使用を試験的に許可。サオは1人1本のみ使用可。予備の持ち込みは制限なし
キャッチ&リリース ミヤベイワナはすべてリリース。ニジマスとサクラマスは1人合計10尾まで持ち帰り可。ただし、道内水面漁業調整規則により、6月はサクラマスを採捕することはできない。釣れた場合、すみやかにリリースすること。そのほかの魚種は持ち帰り制限なし
ボートについて 持ち込みボートは手漕ぎのみ可。アンカーの使用は禁止。ライフジャケット必着。転倒防止のためボート上での立ち釣り禁止。レンタルボート2000円(2人用)、レンタルライフジャケット500円
フロートチューブについて 指定区域内のみ使用可
申込方法 予約はインターネット(http://www.shikaribetsu.com/)、または電話で
問合先 グレートフィッシング然別湖事務局(TEL:080-5599-9591)

※釣り場情報は2018年9月現在のものです。

この釣り場のポイントを
空撮写真でチェック!

  • Facebook
  • Twitter