北海道 伊達市・喜茂別町・京極町・倶知安町・ニセコ町・蘭越町 尻別川

蝦夷富士の湧水が流れる大河

水の底力

北海道の道央を流れる尻別川。この川の魅力は羊蹄山を抜きに語れない。水源は千歳川の水源でもあるフレ岳だが、喜茂別町市街地付近を過ぎ、羊蹄の山裾を沿い始めると、豊富な湧水を集めて流れる。羊蹄山は標高1898m。美しい円錐形であることから、蝦夷富士と呼ばれる。富士山の周囲に湧き水が多いのと似ているが、その水を効率よく集め、大河になって日本海に注ぐのがこの川の特徴だ。

風景写真:尻別川本流の上流部

本流の上流部。変化に富み、釣り上がりが楽しい流れ。初心者からベテランまで、誰もが気軽に楽しめる

支流にも湧水が多く、水質が抜群にいい。一級河川の水質現況においては、ほぼ毎回水質日本一に選ばれている。広大な農業地帯を流れ、水力発電の要所とされてきたことから、ダムが多く、取水と放水が各所で繰り返される。それでもなお豊かな河川環境を保ってきたのは、豊富な湧水があってこそなのだろう。周辺の河川と比べ、水温、雨後の水位とも変動は小さい。「尻別なら大丈夫」。道内の釣り人はこの川に、そんな安心感をもっている。

種多彩でグッドコンディション

生息する魚種は豊富。上流から見ていくと、まずはエゾイワナ。古くからダム開発が繰り返されてきたことから、上流域には陸封型が多い。これと同じ理由で、降海型が多い道内では珍しく、陸封タイプのヤマメもいる。このヤマメが、良好な河川環境に支えられ大型に育つ。短い夏に急成長するヤマメは幅広で、素晴らしいファイトを見せる。

魚の全身写真:ヤマメ

尻別川の尺ヤマメ。30㎝を超えてこの体高。掛ければすぐに大きいと分かり、緊張が走る。それを求め、多くのヤマメフリークが集まる。ヤマメの解禁は6月1日だ

そのほか、ヤマメの勢力圏から下流にはニジマス。支流にはオショロコマも生息する。一部エリアにブラウントラウト。海とつながるエリアにはアメマス、そしてアユ。北海道に生息するほとんどの淡水魚種がいるといえるかもしれない。

  • 魚の全身写真:アメマス上流部に多いアメマスの陸封タイプ。エゾイワナとも呼ばれる。ときに良型も顔をだし、楽しませてくれる
  • 魚の全身写真:ヤマメ8月上旬、充実のコンディションの夏ヤマメ。この後ほどなく、婚姻色が浮かび上がってくる

上、中、下流、それぞれ多彩な表情を見せ、多様なスタイルの釣りが楽しめる。最上流から河口付近まで、どこにでもサケ科魚類がいて、多くの釣り人のニーズに応えてくれる。その懐の深さは北海道内でもトップクラスといえる。
近年、大型のダムにも魚道の整備が進み、少しずつ、魚類の移動可能範囲が広がりつつある。長く見られなくなっていたエリアでサクラマスが確認されるなど、各所でそんな情報が聞かれるようになってきた。

風景写真:尻別川本流の中流部

本流中流部では良型のニジマスがねらえる。このエリアにはダムによる減水区間があり、タイミングも重要

  • 魚の全身写真:ニジマス本流ニジマス。良好な環境で育つニジマスのファイトは多くの釣り人をとりこにする
  • 魚の全身写真:アメマス下流部には海と行き来するアメマスがいる。湧水のため厳寒期も凍らないエリアもあり、冬期間も楽しめる

現したいイトウの夢

尻別川は過去、イトウの有名釣り場でもあった。当時はメーターオーバーも数多くキャッチされていた。しかし、度重なる河川改修などさまざまな要因により、絶滅の危機とされるレベルにまで生息数を減らしてしまった。これを憂えた地元有志が立ち上がり、『尻別川の未来を考える オビラメの会』が2001年、『オビラメ復活30年計画』という取り組みを始めた(オビラメはイトウの別名)。尻別川産親魚を飼育し、人工授精による稚魚を放流。それにより自然繁殖を復活させようという試み。放流は2004年に実現し、近年、その成果が報告されつつある。

  • 尻別川にて:イトウの産卵の様子産卵のため、支流に遡上したイトウ。尻別川には今もイトウがいる。1度は絶滅の危機に瀕していたが、地元有志による積極的な保護活動により、近年、その成果が現われ始めている。復活のため、協力していきたい
  • 尻別川にて:回遊する稚魚の様子尻別川産親魚を飼育し、人工授精。それによる稚魚の放流が2004年から行なわれている。この川を訪れるときには、地道な活動があることを知っておきたい

近い将来、釣り人のサオをイトウが絞る日が来るかもしれない。もしその幸運に恵まれたなら、1度は絶滅の危機に瀕し、有志の多大な尽力によって復活しつつある魚であることを、思い出していただきたい。そして、敬意をもって、やさしくリリースしたい。そんな日が来ることを願い、多くの釣り人が協力してくれることを期待したい。

  • 尻別川付近にて:地元の看板写真イトウのキャッチ&リリースを呼び掛ける看板。「イトウは地域の宝もの」。地元の熱い思いが伝わってくる

この釣り場へのアクセス

風景写真:尻別川

新千歳空港からレンタカーでニセコ方面へ

釣り場情報

〈尻別川/ヤマメ、ニジマス、アメマス(エゾイワナ)、イトウ〉

シーズン 北海道内水面漁業調整規則により、4~5月ヤマメ禁漁。資源保護水面の支流目名川はヤマメ周年禁漁
問合先 新千歳空港からレンタカーを利用。支笏湖モラップ方面へ向かい、R276経由で、美笛峠、広島峠を越えて上流部へ。喜茂別町内の上流部まで、約80㎞、約1時間30分。

※釣り場情報は2020年4月現在のものです。

こちらもチェック!

  • ヤマメの釣り場ベスト50
  • Facebook
  • Twitter