静岡県・西伊豆

日本列島最深の湾が育む多彩な魚たち

深き駿河湾

西伊豆は極めて多彩な魚をねらうことができる豊饒の釣り場である。その最大の理由は日本列島でもっとも深い湾として知られる最大水深2500mの駿河湾にある。また、伊豆半島南側から入ってくる暖流の黒潮も釣り人にとっては恵みの潮だ。

日本には淡水・海水を合わせて2300種類の魚類が確認されているが、駿河湾にはそのうち1000種類が生息しているといわれる。たとえば西伊豆を代表するスキューバダイビングポイントである大瀬崎では、過去に深海魚のリュウグウノツカイや本来は外洋性のジンベエザメが目撃されたこともある。

海岸線に目を向ければ、複雑な海岸線に島が点在し好ポイントが次々と現われる。海に山が迫る地形のため足もとから深い地形が多く、比較的水が澄んでいるのが特徴。釣り人の高揚感を掻き立てる断崖が連なる景観は伊豆半島の大きな魅力のひとつだ。

土肥や黄金崎、松崎など、西伊豆全域に散らばる温泉も釣りの充実度をさらに高いものにしてくれる。釣りを終えたあと、海を眺めて川のせせらぎを聞きながら入る湯は最高だ。また、黄金崎や恋人岬などでは駿河湾に夕陽が沈む絶景を堪能できる。

  • 海面写真:クジラの尾ひれが海面から出している様子仁科エリアで一番沖合に位置する超一級磯・セイ島で釣りをしているとクジラが現われた
  • 網の中のイカ駿河湾はサクラエビを飽食する美味イカが獲れることで知られる
  • 商品写真「潮かつお」かつて田子漁港がカツオ漁で賑わっていた名残で今でも「塩カツオ」が受け継がれている。カツオ節を凝縮したような強い風味が特徴。ご飯やウドンと一緒に
  • 海を眺められる沢田公園露天風呂の様子沢田公園露天風呂から海を眺める

オリイカ、ハタ、マダイ、青もの……
さまざまな魚種がねらえるルアーパラダイス

西伊豆のルアーフィッシングでねらえる魚種は極めて多い。田子の沖堤防はその多彩さを堪能できる釣り場のひとつ。春の乗っ込みシーズンにはエギングで2kg級のアオリイカがねらえ、ジグを遠投すればカンパチやイナダ、サバなどの各種回遊魚がアタックしてくる。時にはメータークラスのシイラも跳ねる。5kgクラスのマダイが出たこともある。回遊魚の姿がなくとも、ジグやソフトベイトを中層で引けばハタが食ってくる。

田子の沖堤防に限らず、近年は西伊豆全体でアカハタやオオモンハタ、キジハタなどハタ類の釣果がかなり増えていることも見逃せないトピック。なかでもオオモンハタは50cmクラスも期待できる。

  • 釣り人が抱えるシイラ
  • 魚の全身写真:イナダ
  • 海面上のアオリイカ

シイラ、イナダ、アオリイカ。すべて同じ日に田子の沖堤防でルアーを襲った。このほかキジハタやカサゴの釣果もあった

風景写真:沖堤防

田子の沖堤防

  • 風景写真:西伊豆の松崎周辺ルアーフィッシングはボートからも楽しめる松崎周辺の地磯周りでアオリイカをねらう
  • 釣り人がアオリイカを釣り上げてる様子アオリイカがヒット。秋には数釣りが楽しめ、春には一発おおものがねらえる
  • 魚の全身写真:ハタ西伊豆のハタ類は近年急に増えている印象がある
  • 釣り人がオオモンハタを持ち上げている様子45cmを軽く超えるオオモンハタはスイミングするソフトベイトを襲ってきた。意外と中層のルアーに好反応を示すのがオオモンハタの特徴だ

~12月も40cmオーバーのメジナがねらえるロマンに満ちた磯

西伊豆を語るうえで外せないのが磯釣り。雲見や田子、仁科には名礁がいくつもある。荒い根や深場など地形的なメリハリがきいており、刻一刻と変わりゆく状況に対してあの手この手で対応する必要があるため磯釣りファンを決して飽きさせない。

2月下旬~3月のシーズン終盤は50cmオーバーの超大型メジナの実績がある。また、駿河湾の水温は若干低い傾向があるためほかの釣り場がなかなか本格化しない9~12月の高水温期でもコンスタントに40cmオーバーのメジナをねらうことができるエリアとして知られている。足もとから水深10mあるドン深の磯も多く、メジナだけでなくマダイやイシダイ、クロダイの大型も期待できる。

磯釣りをしている釣り人の勇姿

40cmオーバーのメジナが磯釣りファンのサオを絞る

  • 魚の全身写真:メジナ9~12月の高水温期も40cmオーバーのメジナの活性が比較的高い
  • 魚の全身写真:マダイ63cmオーバーのマダイもオキアミを食ってきた
  • 魚の全身写真:クロダイフカセ釣りであがった52cmのクロダイ

風に吹かれながら渓流釣りが楽しめる

西伊豆の魅力は海だけではない。一度味わってほしいのが10月の渓流釣りだ。全国の多くの河川では渓流釣りの解禁期間は9月いっぱいで終わってしまうが、伊豆半島を流れる一部の河川では10月30日までが解禁期間に設定されている(年によって変更の可能性があるので要確認)。あまり川に行けないままシーズンを終えてしまった……そんな渓流釣りファンの駆け込み寺といえる存在である。

  • 風景写真:仁科川の大滝仁科川の大滝を探る
  • 魚の顔写真:アマゴ西伊豆が育んだ精悍なアマゴ
し風景写真:西伊豆の夕陽

この釣り場へのアクセス

西伊豆

羽田空港から東名自動車道に入り、沼津ICから各釣り場へ

釣り場情報

〈西伊豆/アオリイカ、イナダ、クロダイ、ハタ、マダイ、メジナ、アマゴなど〉

シーズン 通年(台風などにより釣りが不可能な日もあり)
問合先 愛海丸(渡船・遊漁船/雲見エリア http://www.narumimaru.com/
龍海丸(渡船/仁科エリア http://www.glafis.com/ryukoumaru/
とび島丸(渡船/小下田エリア https://tobisima.jp/
福由丸(渡船/田子エリア http://www.izu-tago.com/

※渡船屋さんは朝が早いので、問い合わせなどで電話する場合は前日の夜7時までにしてください。

※釣り場情報は2020年8月現在のものです。

この釣り場のポイントを
空撮写真でチェック!

  • Facebook
  • Twitter