和歌山県 白浜町 日置川

山間を穏やかに蛇行する南紀の清流

ユ〝泳がせ釣り〟の道場

日置川は紀伊半島の果無山脈にある千丈山付近に源を発し、屈曲を繰り返して和歌山県西牟婁郡白浜町で太平洋に注ぐ。周辺には世界遺産「熊野古道」の出発地点の一つである中辺路近露や、昔ながらの川渡し舟を体験出来る「安居(あご)の渡し」などもあり、関西圏の中でも自然豊かな地域だ。

  • 風景写真:俯瞰から見た日置川穏やかに蛇行を繰り返す独特の流れ
  • 紀州梅日置川流域は全国一の生産量を誇る紀州梅の栽培も盛ん

この川で人気なのは、なんといっても初夏から秋にかけて楽しめるアユの友釣り。川は全体として荒瀬が少なく、トロ場やチャラ瀬といわれる、比較的穏やかな流れの場所が多い。そのため、友釣りの中でも「泳がせ釣り」と呼ばれる、オトリのアユをなるべく自然に泳がせ、川にいる野アユを挑発する方法が効果的とされる。
逆にアユを積極的に動かしていく釣り方は、この川ではオトリのアユが疲れやすく、なかなか野アユを掛けられないとされる。そのため、関西のアユの友釣りファンの間では、〝日置川は泳がせ釣りの道場〟と言われる。

  • 風景写真:日置川に入る釣り人フラットな水面にアユを丹念に泳がせ、野アユの反応を引き出す
  • 風景写真:日置川に入る釣り人どこまでも開けた流れは、まさに〝道場〟の趣

れるアユは天然遡上が大半。ポイントは合川ダムの下流

アユは漁協による放流もされているものの、シーズンによっては釣れる魚のほとんどが天然遡上。日置川の天然のアユは精悍な顔つきで背ビレが大きく、川の中でナワバリを持った時に現われる追星も真っ黄色で鮮やかだ。ハリに掛かったあとの引きも強く、清流に育つ良質なコケを食んでいることから、味のよさにも定評がある。
そして、日置川ではアユの友釣りが秋頃までロングランで楽しめる。近年は台風の影響で川が増水してしまい、そのままアユ釣りのシーズンが終了してしまうことも残念ながらあるが、本州の多くの川で9月頃でアユが成熟して友釣りによい時期が終了するのに対し、日置川ではだいたい10月末まで友釣りが楽しめる。ちなみにお盆過ぎからは型もよくなり、年によっては30㎝オーバーの尺アユも釣れる。

  • 魚の全身写真:釣り人の手の中のアユ全身が黄味を帯びたグッドコンディションのアユ
  • 魚の全身写真:釣り人の手の中のアユ台風による大水などがなければ、秋までコンディションのよい魚が楽しませてくれる

日置川の主なアユ釣りポイントは、上流にある合川ダム(殿山ダム)より下流の区間。下流から口ヶ谷橋、安居橋、寺山ゴケ、久木橋、ウマベの瀬、大橋、玉伝の瀬、市鹿野橋、大滝・小滝などの周辺だ。なお、玉伝の瀬から上流の大滝・小滝までの区間については、岩盤と大石が多く、流れも速く深くて、他の下中流域の川相とは大きく異なる。

は上流のアマゴ釣りも人気

アユ釣りでは天然遡上もある下流域がやはり人気だが、合川ダムに注ぐ熊野川、前ノ川、将軍川などの支流は、毎年3月1日に解禁となる渓流釣り(アマゴ釣り)でも人気。それぞれの川は渓流の趣で、山肌がすぐ近くに迫り起伏に富んでいる。春先のねらいめは、淵への落ち込みから流れ出しにかけての、一定の水深があり水温が安定しやすい場所。流れの速い瀬の中にアマゴが入るのはもう少し季節が進んでからなので、まずはそんな場所を丹念に探るとよい。

  • 風景写真:日置川の渓流
  • 魚の全身写真:釣り人の手の中のアユ

ダム上流にある支流の前ノ川や将軍川は変化に富んだ渓流相。アユも釣れるが春はアマゴ釣りが面白い

この釣り場へのアクセス

日置川

関西国際空港からレンタカーを利用。阪和道・南紀田辺ICから日置川方面へ

釣り場情報

〈日置川/アユ〉

解禁期間 5月の指定日~
遊漁料 1日3300円、年券1万1000円
管轄漁協 日置川漁協(http://hikigawagyokyou.eek.jp/index.htm
オトリ店 民宿森のお宿(http://moriyado.sakura.ne.jp/index.htm
前田屋(http://maedaya.sakura.ne.jp/

〈日置川/アマゴ〉

解禁期間 3/1~
遊漁料 1日2200円、年券5500円
管轄漁協 日置川漁協(http://hikigawagyokyou.eek.jp/index.htm

※釣り場情報は2020年8月現在のものです。

こちらもチェック!

  • アユの釣り場ベスト50
  • Facebook
  • Twitter