東京都・八丈島

巨大魚群れる釣り人の楽園

クセス至便になった「鳥も通わぬ島」

東京から南へ290km。かつては「鳥も通わぬ島」と詠われた伊豆七島最南の八丈島には現在、ANAの飛行機が就航していて、羽田空港から1時間弱のフライトで降り立つことができる。黒潮洗う伊豆諸島の島々の中で、考え方によっては最もアクセスが容易といえる。朝イチのフライトを利用すれば、8時30分には島に着けるのである。
島はひょうたん型をしていて、八丈富士と三原山のふたつの火山からなる。島内にはヤシやシダなど亜熱帯の植物が多く、冬場でも気温10℃を下回ることは滅多にない。瀟洒な観光ホテルもあり南国ムード満点だ。
磯釣り、沖釣りともに盛んでオナガメジナ、イシダイ、ヒラマサ、カンパチ、シマアジなどが人気ターゲット。そして、これらすべてにおいてトロフィーサイズがねらえるといっていいほどポテンシャルは高い。具体的にいうと、オナガメジナ60cm超、イシダイ10kg超、ヒラマサ・カンパチ20kg超、シマアジ10kg超などは、過去に何度も釣りあげられている。
ただし、黒潮がまともに島を洗うため、潮の差し方によって海況は大きく変化し、釣果の波も大きい。夢のような大釣りを堪能できる日もあれば、辛抱が必要な日もある。

磯釣り天国ともいわれるほど、数多くの釣り場を擁する。黒潮が生み出すウネリの強さは身近な半島周りの比ではないので、安全第一で楽しむことが鉄則

磯釣り天国ともいわれるほど、数多くの釣り場を擁する。黒潮が生み出すウネリの強さは身近な半島周りの比ではないので、安全第一で楽しむことが鉄則

  • カンパチの7kg。20kg、30kg超の実績も高い写真はカンパチの7kg。20kg、30kg超の実績も高い
  • 冬の人気ターゲットといえばオナガメジナ。八丈島のオナガメジナは回遊型と思われるスカイブルーの魚体が多い。60cm超に最も近い島といわれる冬の人気ターゲットといえばオナガメジナ。八丈島のオナガメジナは回遊型と思われるスカイブルーの魚体が多い。60cm超に最も近い島といわれる
  • 江戸時代に流人が築いたという玉石垣が島内の所々に残されている江戸時代に流人が築いたという玉石垣が島内の所々に残されている。
    写真は大里地区
  • 鳥のような形と鮮やかな色彩から極楽鳥花とも呼ばれるストレチア。八丈町の花でもあり、秋から春が見ごろになる鳥のような形と鮮やかな色彩から極楽鳥花とも呼ばれるストレチア。
    八丈町の花でもあり、秋から春が見ごろになる
  • 良型のイシガキダイを手に破顔一笑のベテラン。イシガキダイは過去に12kg超という特大サイズがあがっている良型のイシガキダイを手に破顔一笑のベテラン。イシガキダイは過去に12kg超という特大サイズがあがっている
  • 島にはいくつかの漁港があり、地元の釣り客でにぎわう島にはいくつかの漁港があり、地元の釣り客でにぎわう

りだけでなく観光も充実

釣りだけで渡島するなら、釣り宿を利用するのがおすすめ。釣り宿の主人に釣りたい魚を伝えれば、的確なアドバイスをもらえる。空港までは宿のクルマで送迎してくれ、地磯や堤防からサオをだす場合は、現地まで案内してもらえるか、場所を教えてもらえる。クニノミチ、石積、南原千畳敷など、ポイントは豊富だ。本格的な磯釣りファンは、八丈島から渡船を利用して、島の周りに点在している沖磯や、西方5kmほど沖合に浮かぶ八丈小島に渡る。島周りで有名な沖磯は、大根、横瀬、御正体根、神子様など。八丈小島の周りにもカンナギ、中根、一の根、平根、小地根といった沖磯があり、いずれも潮は川のように流れる。また、小島本島にもシモダテやコウダテなどの一級ポイントがある。先述したメジナ、イシダイ、ヒラマサ、カンパチ、シマアジは八丈島周りの磯、堤防問わず、どこからでも可能性があると思って間違いない。

島には足湯を入れて7ヵ所の温泉施設がある。写真の裏見ケ滝温泉は水着着用の混浴で、料金は無料

島には足湯を入れて7ヵ所の温泉施設がある。写真の裏見ケ滝温泉は水着着用の混浴で、料金は無料

一方、船釣りも人気があり、メインターゲットはカンパチ、ヒラマサ、シマアジ、オナガダイなど。ただし、それらは魚の回遊や水温に釣果を左右されやすく、ウメイロ、ヒメダイ、アオダイといった手堅いターゲットをねらう五目釣りで、まずはお土産を確保し、2日目にじっくり大ものねらいという計画を立てる人が多いようだ。
八丈島には温泉が6ヵ所あり(足湯も入れると7ヵ所)、八丈富士のトレッキング、ダイビング、サイクリングなど、釣り以外の楽しみ方も豊富。江戸時代から脈々と受け継がれる伝統の織物「黄八丈」をはじめ、くさや、島焼酎、島寿司など、観光にも事欠かない。観光ホテルに泊まって、釣り+島内周遊というプランもおすすめだ。

  • 八丈島は沖釣りも盛ん。向こうに見えるのが八丈小島。ジギングや泳がせ釣りでカンパチ、ヒラマサの人気が高い八丈島は沖釣りも盛ん。向こうに見えるのが八丈小島。ジギングや泳がせ釣りでカンパチ、ヒラマサの人気が高い
  • 船からの五目釣りではアオダイ、ヒメダイ、ウメイロなどがねらえる船からの五目釣りではアオダイ、ヒメダイ、ウメイロなどがねらえる
  • 近年は地磯や堤防からルアーでカンパチやヒラマサをねらうアングラーが増えている近年は地磯や堤防からルアーでカンパチやヒラマサをねらうアングラーが増えている
  • 地磯で釣れたヒラマサ。堤防からもねらうことができる地磯で釣れたヒラマサ。堤防からもねらうことができる
  • アオリイカを専門にねらって渡島する人も少なくない。アオリイカの型もよく、2kg、3kgどころか、過去には5kg超も上がっているアオリイカを専門にねらって渡島する人も少なくない。アオリイカの型もよく、2kg、3kgどころか、過去には5kg超も上がっている
  • 地元ファンに人気なのが堤防からのムロアジ釣り。これを生きエサにしてカンパチやヒラマサをねらうこともできる地元ファンに人気なのが堤防からのムロアジ釣り。これを生きエサにしてカンパチやヒラマサをねらうこともできる
  • 地磯釣り場の入り口にはこのような看板が立てられているところもあるので、初心者にもわかりやすい地磯釣り場の入り口にはこのような看板が立てられているところもあるので、初心者にもわかりやすい
  • 八丈島の名物といえば「くさや」。くさやは、トビウオ、ムロアジが有名で、特に春に水揚げされたハルトビのくさやが一番といわれる八丈島の名物といえば「くさや」。くさやは、トビウオ、ムロアジが有名で、特に春に水揚げされたハルトビのくさやが一番といわれる
  • 島内で最大級のホテル「八丈ビューホテル」の地下には、焼酎BARがあり、ここには幻の青酎(青ヶ島の焼酎)を筆頭に、伊豆諸島の島酒(焼酎)がほとんど揃えられている島内で最大級のホテル「八丈ビューホテル」の地下には、焼酎BARがあり、ここには幻の青酎(青ヶ島の焼酎)を筆頭に、伊豆諸島の島酒(焼酎)がほとんど揃えられている
  • 黄八丈の巾着。着物以外にも、財布や巾着、ネクタイなどさまざまな黄八丈のお土産がある黄八丈の巾着。着物以外にも、財布や巾着、ネクタイなどさまざまな黄八丈のお土産がある

この釣り場へのアクセス

八丈島

羽田空港から八丈島空港まで直行便で1時間弱。毎日3往復している。島内の移動はレンタカーが便利だが、釣り宿の送迎などもある。

釣り場情報

〈八丈島〉

シーズン 通年(台風などにより釣りが不可能な日もあり)
問合先 釣り宿 フィッシングハウス伊藤 (http://blogs.yahoo.co.jp/fhiokami
観光ホテル 八丈ビューホテル (http://www.hachijo-v.co.jp/

※釣り場情報は2015年1月現在のものです。

  • Facebook
  • Twitter