長崎県・下五島

堤防、船、磯、洋上、あらゆる釣りが可能な九州の青い至宝

史香る島

九州北部の西に浮かび、北から中通島(なかどおりじま)、若松島、奈留島、久賀島、福江島などが並ぶ五島列島は、美しい海と豊かな自然に恵まれ、四季を通じて釣りやマリンスポーツが楽しめる。奈良・平安時代には遣唐使船の最後の寄港地、中世以降は海外貿易の拠点として栄え、カトリック教会など数多くの歴史的な遺産があることでも有名だ。それらの中で、福江島を中心とする南西の島々は「下五島」と呼ばれる。特に福江島は五島列島の中でも南端というロケーションから、黒潮(対馬暖流)の影響を色濃く受け、釣り場として非常に魅力的なほかアクセスもよい。

  • 「堂崎天主堂」(五島市奥浦町2015)をはじめ、福江島には多くの教会が残っている「堂崎天主堂」(五島市奥浦町2015)をはじめ、福江島には多くの教会が残っている
  • 干満による潮位の差を利用して魚を生け捕りにする「すけ漁」の仕組みがわかる観光スポット。詳しい案内板も設置されている干満による潮位の差を利用して魚を生け捕りにする「すけ漁」の仕組みがわかる観光スポット。詳しい案内板も設置されている
「高浜海水浴場」(五島市三井楽町貝津)。夏は海水浴で賑わうが、秋は砂浜から軽く投げてキスをねらうこともできる

「高浜海水浴場」(五島市三井楽町貝津)。夏は海水浴で賑わうが、秋は砂浜から軽く投げてキスをねらうこともできる

  • 周囲の自然に吸い込まれそうな一面の青の世界。岸からの釣りでも時に5kgを超える大ものが出る周囲の自然に吸い込まれそうな一面の青の世界。岸からの釣りでも時に5kgを超える大ものが出る
  • 福江島の南岸、富江海岸にある漁夫の像。この島の魚の豊かさを象徴しているよう福江島の南岸、富江海岸にある漁夫の像。この島の魚の豊かさを象徴しているよう

目度高まるアオリイカ

釣りものは数多くあるが、近年人気を高めており、なおかつ比較的シンプルなタックルで楽しめるのはアオリイカ釣り。アオリイカの釣りは、全国的にもそうであるように、春と秋が二大シーズン。釣り人の間では「サイズのよさでは春」「数をねらうなら秋」といわれるが、福江島に関しては秋に1kgを超す良型が釣れることも珍しくない。また、餌木と呼ばれる疑似餌を使うアオリイカ釣りは、かつては夜釣りがメインだったが、近年は日中でも楽しめるようになり、時間帯を選ばなくなった。釣り場は地続きの堤防や護岸、磯のほか、ボートからの釣りや瀬渡し船で沖磯に渡るのもよい。

  • 福江島で釣れたアオリイカ。2kg、3kgといった大型サイズも珍しくない福江島で釣れたアオリイカ。2kg、3kgといった大型サイズも珍しくない
地続きの釣り場からこんな大きな魚も釣れる。タマン(フエフキダイ)

地続きの釣り場からこんな大きな魚も釣れる。写真はタマン(フエフキダイ)

釣りや船釣りも楽しい

アオリイカ以外では、本格的な道具が必要ながら、沖磯に渡って楽しむメジナやイシダイの釣りも人気がある。メジナやイシダイの釣りに関しては、福江島は昔から「憧れの島」として位置づけられ、本州からも多くの太公望を集める。そのほか、釣り船を利用すれば、出港地から魚種に応じたポイントまで案内してくれ、あとは釣るだけ。船によってはレンタル釣り具もあるので、手ぶらでの釣行もできる。大型のヒラマサをねらうジギングやキャスティングの釣り、夜に漁り火を焚いて釣るケンサキイカの釣り、さらに日中に手軽にできるタイラバの釣り(ルアーでねらうマダイ釣り)、そしてアオリイカのエギングなどが代表的なジャンルだ。

  • 磯からのメジナ釣りは景色も魚の引きも豪快。日常を忘れて没頭できる-1磯からのメジナ釣りは景色も魚の引きも豪快。日常を忘れて没頭できる
  • 磯からのメジナ釣りは景色も魚の引きも豪快。日常を忘れて没頭できる-2
  • コツコツという魚信がグンと重くなったらハリに掛かった合図コツコツという魚信がグンと重くなったらハリに掛かった合図
  • 九州北部はヒラマサが多いが、五島の南端に浮かぶ福江島は黒潮の影響を受け、九州南部に多いカンパチもよく掛かってくる九州北部はヒラマサが多いが、五島の南端に浮かぶ福江島は黒潮の影響を受け、九州南部に多いカンパチもよく掛かってくる
  • 磯釣りは瀬渡し船を利用する。宿泊地が福江市街であれば、船宿によっては福江港まで迎えにきてくれる磯釣りは瀬渡し船を利用する。宿泊地が福江市街であれば、船宿によっては福江港まで迎えにきてくれる
  • 下五島は全国屈指のメジナ釣り場として知られ、シーズンには全国から磯釣りファンが訪れる下五島は全国屈指のメジナ釣り場として知られ、シーズンには全国から磯釣りファンが訪れる

イラバにチャレンジ

タイラバやエギングは道具立てがシンプルで、なおかつ釣り方も簡単で、初めての人でも楽しめるおすすめの釣り。タイラバは疑似餌を海底に落としたあと、ゆっくりと巻き上げてくるだけでよく、エギングも海底付近で餌木を跳ね上げたり流したりするだけでよい。ボートからのエギングは、堤防など地続きの釣り場から釣る時に比べてアオリイカの警戒心が低く、反応を得やすいことも大きな特徴。万が一、イカの反応が薄く釣りが難しい日でも、船長という心強いアドバイザーがいる。状況に応じて船長が釣りあげた魚やイカをお土産に持たせてくれるのもうれしい点だ。

  • 秋はタイラバの好シーズン。手軽に楽しめ、マダイの強い引きも体感できる秋はタイラバの好シーズン。手軽に楽しめ、マダイの強い引きも体感できる
  • 青い海を疾走する遊漁船アシュラ。さまざまな釣りを体験できる青い海を疾走する遊漁船アシュラ。さまざまな釣りを体験できる

この釣り場へのアクセス

下五島

福岡空港から五島福江空港まで飛行機で45分。五島福江空港から福江市街までバスやタクシーで15分ほど。島内の堤防を転々と釣り歩くならレンタカーが最適で、沖磯や遊漁船での沖釣りは船の出港地までタクシーで移動するほか、福江市街にある福江港なら迎えに来てくれる場合がある。福岡空港でトランジットする際に時間の余裕を作れば、博多ラーメンなど福岡の味覚を味わうこともできる。

釣り場情報

〈下五島(福江島)〉

シーズン 通年(台風などにより釣りが不可能な日もあり)
問合先 チャーターボート・アシュラ、プロショップ・アシュラ(福江島/釣具店。http://www.asura.biz

※福江島の釣りは基本的に通年可能だが、対象魚や台風の影響により変動あり。
 沖釣りの予約や釣果情報に関しては、各種マリンショップや釣具店に事前の問い合わせが必要。
※釣り場情報は2014年度のものです。

  • Facebook
  • Twitter