米国出入国時の手荷物の取扱いについて

米国当局(運輸保安局:Transportation Security Administration)より、爆弾テロ等への警戒強化を機に新しい手荷物検査体制の通知がされています。

米国の各空港を出発または、乗り継ぎされるお客様がお預けになる手荷物については、「預ける手荷物には施錠しない」ことが求められております。検査結果、不審物反応等が認められる場合、当局係員による中身の検査が行われることがございます。
また施錠されている手荷物は、状況によっては当局判断により手荷物所有者、航空会社への告知なしに鍵を壊して検査される場合もございますのでご留意ください。

施錠して手荷物をお預けになる場合

上記内容をご留意の上、貴重品、高価品等は含まず、手荷物をお預けください。なお、米国当局による検査によって生じた手荷物(鍵部分も含む)の破損・没収については、ANAでは免責とさせていただきますので予めご了承ください。

施錠せずに手荷物をお預けになる場合

お預けになる手荷物の中には、貴重品、高価品等は含まないでください。紛失等の可能性もございます。 なお、内容物の紛失については、原則としてANAでは免責とさせていただきますので予めご了承ください。

カメラフィルムについて

検査機器により未現像のフィルムが感光するなど影響が出ますので、お預けする手荷物ではなく機内持ち込みでお運びください。

危険品のお取り扱いについて

危険品につきましては法令により機内への持ち込み、お預かりはできません。詳細につきましては弊社係員までお尋ね下さい。


米国当局要請による安全確保の検査となっておりますのでご理解ご協力の程お願い申し上げます。なお、運輸保安局 (Transportation Security Administration)のホームページ(英語)には詳しい内容が紹介されております。