長時間にわたりお客様を機内でお待たせする場合の対策(コンティンジェンシープラン)

この長時間にわたりお客様を機内でお待たせする場合の対策(コンティンジェンシープラン)は、全日本空輸株式会社(ANA)および株式会社エアージャパン(AJX)が米国運輸省の規則に従って作成したものであり、米国空港での発着時に適用されます。
弊社は、米国空港において航空機機内で降りることのできない状態のまま、お客様を長時間にわたりお待たせする場合、その時間が4時間を超えないよう努めます。またその間、お客様に少しでも快適に機内で過ごしていただけるよう以下の対応を実施します。
※ただし、安全およびセキュリティ上の理由による場合、および航空管制から当該機の機長に対して、所定の位置に戻る、もしくは降機可能な場所に停止することが空港の運営に支障をきたすとアドバイスがあった場合を除きます。

  1. お待たせ時間が2時間を超えた場合には、機内において飲食物の提供を行います。
  2. 医療行為が必要なお客様への対応、トイレの使用などお客様に必要なサービスを実施します。
  3. 機内にてお待たせしている状況について、少なくとも30分ごとにお客様にご案内します。遅れの理由や機内から降りることができる見込みなど、情報が入り次第お伝えします。
  • ・ この対策は、目的地以外の米国空港に臨時着陸した場合も含まれます。
  • ・ この対策は、米国内の就航空港および臨時着陸をする可能性のある空港の空港当局等と調整されたものです。
  • ・ コードシェア便においては、運航する航空会社の基準により行われます。