カナダへの渡航に必要な電子渡航認証「eTA」申請について

重要なお知らせ
  • カナダ政府は、カナダ入国ビザが免除されている国籍の渡航者に対し、電子渡航認証(Electronic Travel Authorization: eTA)の取得を、2016年3月15日に義務化しました。

同条例に伴い、カナダへご渡航の際、またはカナダ国内各空港にて乗り継ぎ、他国へ渡航する際、日本でのご搭乗手続き時にeTA所持の有無を確認させていただきます。
対象国籍のお客様でeTAを所持されていない場合には、カナダ当局の指示により、弊社便にご搭乗いただけない可能性がございます。
eTA取得の必要性を予めご確認の上、空港にお越しになる前に申請手続きをお済ませください。

電子渡航認証(eTA)が必要なお客様
カナダ、米国以外の国籍で、かつカナダ入国にビザが必要ない国籍の方は、空路でカナダに向かう前にeTAを取得しなければなりません。
陸路または海路でカナダに入国する場合は、eTAは不要です。


【注意点】
カナダ永住権保有者:
空路でカナダに入国する際、eTAは不要ですが、カナダ永住者(PR)カード、またはPR 旅行書類を携帯している必要があります。
携帯していない場合、カナダ行きの便に搭乗できないこともあります。

米国永住権保有者:
空路でカナダに入国する際にはeTAが必要です(米国のグリーンカードも携帯していなければなりません)。
陸路または海路でカナダに入国する場合は、eTAは不要です。

留学生/一時就労者:
eTAが必要な国籍を有し、2015年8月1日以前に就学許可証/就労許可証の発給を受けている方が、カナダから出国し空路で再入国することを予定している場合は、eTAが必要です。


カナダ政府ウェブサイトより

【eTA申請とは】

eTAの申請には、ウェブサイト(Canada.ca/eTA)での手続きが必要です。申請手続き完了の数分後、EメールにてeTA取得可否の結果が送信されます。渡航直前の申請も可能ですが、カナダ政府は、渡航計画を立て始めた段階での早期申請を推奨しています。
取得に際しては、パスポート情報やEメールアドレス等の入力、クレジットカードでの手数料(7カナダドル)の支払いが求められます。
eTAは5年間有効(但し、5年以内にパスポートが失効する場合はパスポートの有効期限まで)であり、eTAの有効期限内であれば、カナダへの渡航回数に制限はありません。
詳細は以下の申請サイト、またはカナダ政府ウェブサイトをご参照ください。

【eTA関連サイト】
eTA申請サイト(英語・その他の言語)
http://www.cic.gc.ca/english/visit/eta.asp

申請フォーム記入ガイド(日本語)
http://www.cic.gc.ca/english/pdf/eta/japanese.pdf

eTA説明ページ
http://www.cic.gc.ca/english/visit/eta-facts-ja.asp