植物類(種子、球根、苗等)を日本に持ち込むお客様へ

農林水産省令の改正により、2012年3月7日から日本に輸入される植物類の輸入検疫制度の一部が変更されています。種子・苗類等は、一定の条件を満たしたものでなければ輸入できないものが大幅に追加されていますので十分ご注意ください。

  • この一定の条件とは、
    1. 検査証明書(Phytosanitary Certificate)があること、
      (基本的に海外から日本へ植物類を持ち込む際は、輸出国政府機関が発行した検査証明書が必要です。)
    2. 輸出国での検疫措置(栽培地検査、精密検定)を行った旨の追記が検査証明書にあること、
    3. 輸入できる場所が限られていること、
    4. 植物防疫所の検査を受けて合格すること、
  • 等です。

制限品目の一例

◎輸出国での栽培地検査が必要な主な植物(苗、切枝)

  • ■さくら属植物(サクラ、ウメ、モモ、スモモ、セイヨウスモモ、アンズ、ネクタリン等)
  • ■つつじ属植物(ツツジ、サツキ、シャクナゲ等)
  • ■つばき属植物(ツバキ、サザンカ等)
  • ■ばら属植物(バラ等)
  • ■もくれん属植物(モクレン、コブシ、タイサンボク等)
  • ■きづた属植物(キヅタ、アイビー、ヘデラ等)
  • ■こなら属植物(コナラ、クヌギ、ミズナラ等)

◎輸出国での栽培地検査・精密検定が必要な主な植物(種子、苗)

  • ■トマト
  • ■ジャガイモ

◎輸出国での精密検定が必要な主な植物(苗、球根、切枝)

  • ■ダリア

植物検疫制度の最新情報については、農林水産省 植物防疫所のホームページをご参照ください。