これまでの「お客様の声」
 
梅雨の間に背を伸ばしていたひまわりの花が咲き始める季節になりました。
本格的な夏の訪れももうすぐです。皆様の夏の予定はお決まりでしょうか?
今月は機内の座席までご利用いただけるリクライニング式車いすの設置空港の拡大と、
ANA BUSINESS STAGGERED(国際線ビジネスクラス)の座席間の仕切りについての改善事例をご紹介いたします。
ANAはお客様の声を大切にし、サービスの向上に努めてまいります。
お客様の声
体の障がいのため着席姿勢を保つことができず、日常生活ではリクライニング式の車いすを使用しています。空港の車いすは背もたれを倒すことができないため、座席までの移動が大変です。機内の座席まで、リクライニング姿勢のままスムーズに移動できるようになりませんか?





改善しました    
機内用リクライニング式車いす使用イメージ
機内の座席までご利用いただけるリクライニング式の車いすを、羽田空港(国内線)に加え、千歳空港、伊丹空港、福岡空港、那覇空港に設置いたしました
ご不便をおかけいたしました。
2015年4月20日より、機内の座席までご利用いただけるリクライニング式の車いすの設置空港を拡大し、病気や障がいにより着席姿勢を保つことが難しいお客様が、リクライニング姿勢で座席まで移動できるようにいたしました。


※おからだの不自由な方へのお手伝い内容はANAウェブサイト(www.ana.co.jp/skyassist)でもご案内しております。
 
お客様の声
隣の席が見えないような仕切りが座席間にあったので、同行者が隣に座っていたにもかかわらず、話をすることができませんでした。必要に応じて仕切りを開閉できるようにしてほしいです。





 
改善しました    
座席間の可動式仕切りイメージ。左:開けた状態、右:閉めた状態
ボーイング787-9型機のANA BUSINESS STAGGERED 最後列の座席間の仕切りを可動式にいたしました
お声をお寄せいただき、ありがとうございました。
2015年5月より順次導入している最新鋭機ボーイング787-9型機では、ANA BUSINESS STAGGEREDの、パーソナルな空間でゆっくりおくつろぎいただける点はそのままに、隣の席にいらっしゃるご同行者とお話ししたいというご要望にもお応えできるよう、最後列の座席間の仕切りを可動式にいたしました。
※このページは機内誌「翼の王国」でもご紹介しています。
<< Vol.141 お客様の声INDEX Vol.143 >>