2021年3月期の業績

新型コロナウイルス感染症の影響によりすべてのセグメントで甚大な影響

新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にある中、売上高は大幅に減少し7,286億円となりました。運航規模の抑制による変動費の削減に加え、人件費等の固定費を削減し5,900億円のコスト削減策を実行しましたが、営業損失は4,647億円、経常損失は4,513億円、親会社株主に帰属する当期純損失は4,046億円となりました。なお、収支改善を進めるために、事業構造改革費用として863億円を特別損失に計上しております。

連結経営成績

  • 「△」はマイナスを表します。
連結経営成績(単位:億円)
2020年3月期実績 2021年3月期実績 差異 増減率(%)
売上高 19,742 7,286 △12,455 △63.1
営業費用 19,134 11,934 △7,199 △37.6
営業利益 608 △4,647 △5,255
営業外損益 △14 134 148
経常利益 593 △4,513 △5,107
特別損益 △78 △940 △861
親会社株主に帰属する当期純利益 276 △4,046 △4,322
EBITDA*1 2,365 △2,884 △5,249
  1. *1. EBITDA=営業利益+減価償却費

営業利益と当期純利益

2017年3月期:営業利益1,455億円、当期純利益988億円、2018年3月期:営業利益1,645億円、当期純利益1,438億円、2019年3月期:営業利益1,650億円、当期純利益1,107億円、2020年3月期:営業利益608億円、当期純利益276億円、2020年3月期:営業利益-4,647億円、当期純利益-4,046億円

2022年3月期業績見通し(2021年10月29日修正)

連結業績予想につきましては、国際線貨物需要が好調に推移する一方で、変異株の流行等によりコロナ影響が長期化したため、当初の想定よりも旅客需要が大きく減少しました。足元では国内の新規感染者数の減少に伴い、国内線旅客需要に回復傾向が見られますが、需要の本格的な回復時期が遅れていることから売上高は3,200億円減少する見通しです。
運航関連の変動費の抑制に加えて、整備費・外部委託費等の固定費削減の深掘りを実行し1,670億円の営業費用削減に取り組んでまいりますが、売上高の減少の影響が大きく営業利益は1,530億円減少し、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益についても同様に大幅に減少することにより損失を計上する見通しです。
これらの結果、2022年3月期の連結業績予想につきまして下表の通り修正いたします。

単位:億円(単位未満は切り捨て)
前期実績
(2021年3月期)
当期の見通し
(2022年3月期)
当初計画
(2021年4月30日)
当期の見通し
(2022年3月期)
修正計画
(2021年10月29日)
増減
売上高 7,286 13,800 10,600 △3,200
営業損益 △4,647 280 △1,250 △1,530
経常損益 △4,513 50 △1,400 △1,450
親会社株主に帰属する当期純損益 △4,046 35 △1,000 △1,035
1株当たり配当額(円) - - - -
ページトップへ