安全教育センター

ANAグループ全役職員の「安全の学び舎」

©Forward Stroke inc.

所在地
〒144-0042
東京都大田区羽田旭町10-8

見学のお申込み

ANAグループ安全教育センター見学の
詳細はこちら

ANAグループ安全教育センター(ASEC)は、若手社員からの「過去の事故を風化させない施設が必要である」との提案に基づき2007年に東京都大田区下丸子に創設されました。

その後、ANAグループの人財育成の拠点をANA総合トレーニングセンター(ANA Blue Base)に集約することを機に2019年に移転し、リニューアルオープンしました。

創設時の想いを引き継ぎながら「事故と向き合い」「心と向き合い」「仲間と向き合う」という3つのコンセプトのもと、受講者が主体的に参加できる安全教育を通じて、自らの職場で安全行動の体現につなげていきます。

安全は経営の基盤であり社会への責務です。

ANAグループは、ご利用いただくすべてのお客様や社会からの信頼の上に成り立っていることを念頭に、安全文化の醸成に取り組んでいます。

ASEC施設紹介

ASECは2階部分と3階部分の2つのフロアーで構成されています

ASEC 3階
留意いただきたい事例や最近のトピックスを展示、紹介しています。

ASEC 2階
事故の衝撃と悲惨さを語りかける事故機体の一部や部品の展示と、ANAグループが起こした事故などの解説が視聴できます。

継想シアター

「事故と向き合う」

STEP1:導入空間
ANAグループが起こした重大事故と向き合う空間として、雫石衝突事故の事故機体の一部を展示し、事故の衝撃とその悲惨さを体感する空間です。

STEP2:シアター空間
映像や事故グラフィックを通じて二度と繰り返してはならない航空事故の悲惨さを、事実や教訓から学び自分事として事故と向き合う空間です。

誓いの空/アクティブラウンジ

「心と向き合う」

©Forward Stroke inc.

STEP3:誓いの空
事故を経験した先輩方の想いと向き合い、心の中で先輩方と対話する空間です。
中央には、ANAグループ安全理念と受講者一人ひとりの安全行動宣言を表示する「継承の柱」を配置しています。

「仲間と向き合う」

©Forward Stroke inc.

STEP4:アクティブラウンジ
エラー体験や仲間とのワークショップを通じて、新たな気づきを感じ、職場で安全行動の体現をしていくための第一歩を踏み出す空間です。

ご挨拶

全日本空輸株式会社
総合安全推進室長 兼 安全推進センター長
宮前利宏

ANAグループで働く一人ひとりが、自らが安全を担うことを自覚し、自身の職場で安全を最優先する安全行動として体現することが重要だと考えています。
一方で、安全運航を継続するほど、過去の事故が遠ざかっていきます。

安全教育センターでは、「事故と向き合い」「(事故を経験したご遺族や先輩の)心と向き合い」「(共に自ら安全を作り込む)仲間と向き合う」という3つのコンセプトのもと、安全教育を通じて意識啓発を図り、受講生一人ひとりが安全を作り込む為の自らの安全行動を宣言し、自身の職場でのその体現に繋げます。

ページトップへ