責任ある調達

ANAグループは、サプライチェーン全体で社会と環境に配慮した責任ある調達活動を行います。

基本的な考え方

近年、グローバルに市場経済が成長する一方、限りある天然資源の枯渇や水不足、温暖化などの環境問題が顕在化し、地球の持続可能性への危機感が高まっています。また、グローバル化する企業のサプライチェーン上では労働災害や人権問題などの社会問題も深刻化しており、企業に対し、各国の法令・規制への遵守はもとより国際的な認識された基準や原則とそれらの精神を尊重し、持続可能な社会の実現のために貢献することが求められています。

ANAグループでは、安心・安全なサービスの提供だけでなく、調達活動を通じて、地域及びグローバルにおいて、社会と環境に配慮した活動を率先して行い、社会的価値の創造に貢献してまいります。
その一環として、サプライチェーン全体で、持続可能な調達活動を推進するため、下記の通り「ANAグループ調達基本方針」を策定しました。

ANAグループ調達方針は「調達基本方針」と「サプライヤー行動指針」で構成されています。

ANAグループ調達方針

調達基本方針

  1. ANAグループの調達活動は、国内外に開放され、関係法令を遵守し、自由な競争に基づく公正、公平かつ透明な手続きによって行い、サプライヤーの皆様との間では相互信頼、相互補完関係を築くように努めます。
  2. ANAグループは、人権、環境に配慮した責任ある調達活動に取り組みます。
  3. ANAグループは、品質の確保、最適な価格、納期の遵守を重視し、安定した経営基盤と、 変化への対応力を備えたサプライヤーの皆様と、イノベーションを推進しながら、お客様の期待に応えます。
  4. ANAグループは、サプライチェーン全体で社会的価値と経済的価値を創造することで、 持続可能な社会の実現に向けて貢献できるよう、取り組みます。

サプライヤー行動指針

ANAグループのサービス・製品に関わるすべてのサプライヤーの皆様に、ANAグループと共に遵守いただきたい指針として、「ANAグループサプライヤー行動指針」を策定しています。

サプライヤー行動指針 PDF 新しいウィンドウで開く。外部サイトの場合はアクセシビリティガイドラインに対応していない可能性があります。

「サプライヤ―行動指針」の主な記載事項
1.品質の確保と事業継続計画
  1. 1.1.品質の確保と品質管理体制の確立
  2. 1.2.事業継続計画
2.法令遵守と腐敗防止
  1. 2.1.法令遵守
  2. 2.2.公正な取引
  3. 2.3.贈収賄・汚職等の防止
  4. 2.4.反社会的勢力との関係根絶
  5. 2.5.知的財産権・機密情報・個人情報の管理と保護
  6. 2.6.不正行為の予防と早期発見
  7. 2.7.内部統制の構築
3.労働基準
  1. 3.1.人権尊重と差別排除
  2. 3.2.虐待及びハラスメントの排除
  3. 3.3.強制労働の撤廃
  4. 3.4.児童労働の撤廃
  5. 3.5.適切な労働時間の管理
  6. 3.6.賃金と福利厚生
  7. 3.7.結社の自由と団体交渉権の尊重
  8. 3.8.外国人や移住労働者の尊重
  9. 3.9.人権侵害への加担の回避
4.安全衛生
  1. 4.1.安全かつ衛生的な職場環境の確保
  2. 4.2.労働災害・事故への対応
  3. 4.3.緊急時への対応
  4. 4.4.コミュニケーションの推進
5.環境
  1. 5.1.環境マネジメントシステムの構築
  2. 5.2.気候変動・生物多様性への対応
  3. 5.3.資源、エネルギー、水の効率的な利用の推進
  4. 5.4.化学物質の管理
  5. 5.5.汚染や公害発生の抑制
  6. 5.6.グリーン調達
6.地域社会への貢献
  1. 6.1.地域社会
  2. 6.2.先住民族の権利の尊重
7.情報の開示
8.紛争鉱物に対する取り組み

サプライヤー行動指針は、国際連合の「ビジネスと人権に関する指導原則」、「国際人権章典」(「世界人権宣言」、「市民的および政治的権利に関する国際規約」、「経済的、社会的および文化的 権利に関する国際規約」)や、労働における基本的権利を規定した国際労働機関(ILO)の 「労働における基本的原則および権利に関するILO 宣言」による中核的労働基準に加え、「賃金や労働時間など労働者の人権に関する条約」、「先住民族の権利に関する国際連合宣言」などの人権に関わる国際規範等を参照しています。

推進体制

ANAグループの責任ある調達を推進するため、ANAグループ主要部署に『調達責任者』を選任し、サプライヤーの皆様と共に持続可能な社会の実現に向けて取り組みを進めていきます。

ANAグループのサプライチェーン

ANAグループは、グローバルな調達活動を展開しており、年間の調達額は約1.4兆円となります。(2019年度)

主な取り組み

サプライチェーンの健全性確立に向けて

ANAグループのサプライチェーンについて、「事業継続上の重要性」と「ESG上の重要性」でカテゴリー分けを行い、それぞれのカテゴリーに応じたマネジメントを実施します。

重要アイテムについて

ANAグループでは、(1)アイテム*1、(2)製造地*2、(3)ANAグループ専用品の3つの指標で重要アイテムを特定しています。特に全てに該当するものを最重要アイテムと位置付け、優先して健全なサプライチェーン構築に取り組みます。
対象となるアイテム、製造地については、IATA(国際航空運送協会)等が定めるESGリスク基準を参照し、決定しています。

  1. *1.アイテム:「環境」「労働条件」「公正取引」「持続性」等により評価
  2. *2.製造地:「環境」「健康」「人権」「汚職」 等により評価

新規取り引きに際しての調達方針の周知

ANAグループでは、新たな取り引きを開始する際には、調達方針の内容の理解、遵守をサプライヤーの皆様にお願いしています。

モニタリングの実施

ANAグループでは、健全なサプライチェーン構築のため、外部評価機関の評価を参照するとともに、サプライヤーの皆様に対しては非定期でのアンケート調査や視察、従業員へのインタビューなどを実施し、継続的な状況の把握に努めています。

サプライヤーの皆様とのコミュニケーション

ANAグループでは、サプライヤーの皆様との良好なパートナーシップを築くため、適宜、情報共有・意見交換を行っています。

  • 個別の訪問、メールやWEBを通した意見交換や課題確認
  • 説明会の開催(オンラインでの開催を含む)

機内食に関わるサプライチェーンマネジメントの強化

2017年、ANAグループは日本企業として初めてブルーナンバー・イニシアティブ*へ参画しました。機内食の食材に関わる生産者や業者の情報登録を進めており、生産過程における人権尊重や環境保全にもつながる、透明性の高い「食のサプライチェーン」の構築を目指しています。

ブルーナンバー管理サイトの地図上に生産者・業者の情報がプロットされる
  • ブルーナンバー・イニシアティブ:ブルーナンバー財団による、食に関わるサプライチェーン・プラットフォーム構築を目指す世界的な取り組み。

社内教育の実施

ANAグループでは、調達方針の着実な浸透を図るため、2020年度は、ANAグループ調達責任者(約100名)に対し、調達活動における社会規範や法令の遵守、環境負荷の低減に継続的に取り組んでいく重要性について、教育を実施しました。
今後も継続的に啓発活動を実施します。

ページトップへ