環境コミュニケーション

 ANAグループは、環境省主催のエコライフ・フェア2015(代々木公園にて開催)に参加しました。エコライフ・フェアは毎年6月の環境月間におけるメインイベントとして、1990年から実施されてきました。
 今年は、「美しい地球を守りたい」をテーマに、環境省、地方公共団体、業界団体、企業およびNGOから100近いブースが出展され、2日間で115,000名を超える方が来場されました。
 ANAのブースでは、宮城県南三陸町で実施している「ANAこころの森」を主テーマに、ANAグループのボランティアとともに南三陸町の方々にもご協力いただき、森を感じてもらうワークショップを実施しました。来場したお子様と保護者の皆さまが一緒に、森のヒノキの間伐材を輪切りにした「木メダル」に森をイメージした絵を楽しそうに書きながら、森林組合の方に山や森の話を伺い、東京の真ん中で森づくりを楽しまれていました。
 また、ANAの森づくりから南三陸町の復興応援につながる一連のプログラムをパネル展示でご紹介しました。「ANAこころの森」から生まれたカーボン・オフセットのクレジット(J-クレジット)を使用したANAカーボン・オフセットプログラムのリニューアル、森の間伐材から生まれた木づくりグッズのA-Style(協力:全日空商事)での販売、南三陸自然体験ツアー(企画・主催:ANAセールス)など、ANAグループならではの復興応援プログラムに、皆様からの共感を頂戴しました。
 これからもANAグループは、「空と森と未来のためにできること。~ANAグループだからできることを、今すぐ、一歩ずつ。夢にあふれる未来へつなぐ貢献へ~」をスローガンに、様々な活動を実践していきます。

エコライフフェア会場
エコライフフェア会場

木メダル完成!
木メダル完成!

楽しいワークショップ①
楽しいワークショップ①

楽しいワークショップ②
楽しいワークショップ②

森ってどんなところ?
森ってどんなところ?

展示スペースではANA復興応援プログラム
展示スペースではANA復興応援プログラム

~環境サポートマイル(2015年6月1日~30日)~

ANAグループが支援をしている「東日本大震災で失われた海岸林の再生を目指す 公益財団法人オイスカ 海岸林再生プロジェクト」、今年で12年目を迎える「沖縄県恩納村海域のサンゴ再生を目指す チーム美らサンゴ」の活動にご賛同いただけるANAマイレージクラブ会員の皆様にご支援いただけるプログラム「東北海岸林再生マイル」と「サンゴ再生プロジェクトマイル」を6月1日~30日の間で実施しました。

東北海岸林再生マイル

参加実績 430口(1,290,000マイル=1,290,000円)
公益財団法人オイスカによる「海岸林再生10ヵ年計画」にて、津波被害にあった海岸林の並ぶ美しい風景を被災地の方々自らが苗木を育てて再生する活動に寄付させていただきました。

公益財団法人オイスカ

東北海岸林再生マイル

サンゴ再生プロジェクトマイル

参加実績 271口(813,000マイル=813,000円)
オニヒトデの食害や赤土の流出、海水温の上昇に伴う白化現象により、壊滅的な状況にある沖縄恩納村のサンゴを甦らせる「サンゴ再生プロジェクト」の活動に寄付させていただきました。

チーム美らサンゴ

サンゴ再生プロジェクトマイル