環境

航空事業を中核とするエアライングループとして環境負荷の低減に努めます

SDGsへの貢献
7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに 9.産業と技術革新の基盤を作ろう 12.つくる責任つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を 14.海の豊かさを守ろう 15.陸の豊かさも守ろう 17.パートナーシップで目標を達成しよう

はじめに

2015年に国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)でパリ協定が成立したことにより、日本政府も温室効果ガスの削減に関する目標を定めました。また、2016年の国際民間航空機関(ICAO)総会の決議事項を受け、2021年以降、国際航空分野からのCO2排出量を増加させないカーボンニュートラルな成長が国際公約となったことで、航空各社のCO2削減に対する意識が高まっています。
ANAグループは、1998年に「環境に関する基本的な考え方」を整理し、2012‒2020中長期環境計画「ANA FLY ECO 2020」に基づいて、環境負荷の低減に取り組んでいます。
今般、環境分野におけるリーディングエアライングループを目指す姿勢を国内外に示すため、2017年6月、「ANAグループ環境方針」を制定しました。

ページトップへ