環境

航空事業を中核とするエアライングループとして、
Co2排出量の抑制に取り組みます。

SDGsへの貢献  7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに 13.気候変動に具体的な対策を

基本的な考え方

2015年に国連気候変動枠組条約第21 回締約国会議(COP21)でパリ協定が成立したことにより、日本政府も温室効果ガスの削減に関する目標を定めました。また、2016年の国際民間航空機関(ICAO)総会の決議事項を受け、2021年以降、国際航空分野からのCO2排出量を増加させないカーボンニュートラルな成長が国際公約となったことで、航空各社のCO2削減に対する意識が高まっています。

ANAグループは、1998年に「環境に関する基本的な考え方」を整理し、2012‒2020中長期環境計画「ANA FLY ECO 2020」に基づいて、環境負荷の低減に取り組んでいます。

環境分野におけるリーディングエアライングループを目指す姿勢を国内外に示すため、2017年6月、「ANAグループ環境方針」を制定しました。

ANAグループ環境方針

環境に関する基本的な考え方

  • 環境を大切にする心は、私たち自身が地球に負荷をかけていることの自覚から始まります。
  • 私たちは、資源とエネルギーを大切に利用し、豊かで持続可能な社会の創造に貢献します。
  • 私たちは、率先して環境保全に取り組み、地球を想う心を世界の人々と分かち合います。

ANAグループ環境方針

ANAグループは地球温暖化対策や生物多様性の保全等の地球環境への取組みを重要な経営課題と認識し、グループのあらゆる企業活動を通じて、環境リーディング・エアライングループを目指します。

  1. 企業活動が環境に与える影響を正確に把握・分析し、社会に開示します。
  2. 法令遵守に留まらず、広くステークホルダーと対話を重ね、社会の要請に基づき環境保全に取り組みます。
  3. あらゆる業務において環境負荷の低減に努め、積極的に新技術・サービスを検討し導入に努めます。
  4. サプライチェーンの環境配慮にも常に注意を払い、環境に配慮した調達を推進します。
  5. 3R(Reduce Reuse Recycle)と廃棄物管理を強化し、循環型社会の実現に貢献します。
  6. 環境保全活動への社員参加を促進し、社員一人ひとりの意識向上を図ります。
  • ビジネスパートナーおよびサプライヤーに対しても本方針を支持し、同様の方針を採用するように継続して働きかけていきます。また、グループのあらゆる事業活動には、投資に際してのデューディリジェンスやM&Aも含みます。

2012年から2020年 中長期環境計画「ANA FLY ECO 2020」

推進体制

「グループCSR・リスク・コンプライアンス会議」のもとに、環境負荷の低減にかかわる航空機の運航上の取り組みを議論する「エコ・ファースト部会」、地上での取り組みを議論する「地上エネルギー部会」を設置しています。
「エコ・ファースト部会」では、航空機からのCO2排出量の抑制を課題とし、「地上エネルギー部会」ではグループ全体の施設のエネルギー使用量削減を課題に取り組んでいます。

「ANA FLY ECO 2020」の目標と実績

ANAグループは「環境リーディング・エアライン グループ 」を目指して、2012-20中長期環境計画「ANA FLY ECO 2020」を進めています。

ICAO(国際民間航空機関)が定めた航空業界におけるグローバルスタンダードを意識した目標で、ANAグループが注力すべき課題であるCO2排出量の抑制をはじめ、バイオジェット燃料の本格使用開始に向けた検討や省資源化の促進、地域の環境保全活動の推進など環境負荷の低減に取り組んでいます。

地球温暖化対策

航空機燃料によるCO2排出量の低減
目標 2019年3月期の実績
単位あたり目標
有償輸送トンキロ当たりCO2排出量(国内線・国際線合計)を2021年3月期までに、2006年3月期比で20%削減
2019年3月期は、2006年3月期比で23%削減
参考:
排出総量1143万トン(前期比微減)
有償輸送トンキロ当たり0.97まで削減
総量目標
国内線2013年3月期~2021年3月期のCO2排出量を年平均440万トン以内に抑制
409万トンに抑制
事業所使用エネルギーの削減
目標 2019年3月期の実績
全事業所の総エネルギー消費量
年1%削減(改正省エネルギー法への対応)
原単位当たりで前期比3.9%削減
代替航空燃料の導入
目標 2019年3月期の実績
2021年3月期までの本格使用開始の検討 2019年1月サンフランシスコ国際空港でのバイオ・ジェット燃料購入を決定
米国World Energy社が製造・精製した約265KLを購入、CO2排出量約150トン抑制。

大気汚染対策

航空機の排出ガス基準適合
目標 2019年3月期の実績
航空機(リース機を含む)の全機ICAO排出ガス基準適合 全機適合
低公害車の導入
目標 2019年3月期の実績
低公害車の積極導入と、バイオ燃料使用の検討 低公害・低燃費車*1をグループ全社の自動車全保有数4690台中、1801台導入(全体の38.45%)
  1. *1.燃料電池車、電気自動車、ハイブリッド車、排ガス規制適合車

騒音対策

目標 2019年3月期の実績
リース機を含め全機ICAO騒音基準チャプター4に適合 全機適合

省資源化の促進

目標 2019年3月期の実績
廃棄物削減、営業用紙含めペーパーレスの推進
  • 廃棄物総量:34.3千トン(前期比8.5%削減)
  • 産業廃棄物:3.2千トン(前期比6%削減)

一般廃棄物・産業廃棄物共に減少

機内誌などのクローズド・リサイクルをはじめとする3R活動の促進 紙類の総使用量:3.2千トン 前期より0.8千トン減少
グループ機内誌や営業パンフレット類の大幅な部数削減、省資源活動により削減に努めた

環境保全活動

目標 2019年3月期の実績
地域・社会に新たな価値を提供し、貢献できる持続可能な森づくり
  • 宮城県南三陸町「ANAこころの森」グループ社員ボランディアによる森づくり活動の実施
    年4回(5月、10月)、5月、Boeing社とコラボで活動(毎年継続)
  • 東日本大震災の津波被害を受けた宮城県名取市「オイスカ海岸林再生プロジェクト」に参加
    年1回(7月)、グループ社員ボランティアの参加
  • ANAマイレージクラブからの寄付継続「環境サポートマイル」からの寄付(約70万円)
「チーム美らサンゴ」によるサンゴ再生プロジェクトを通した環境啓発活動の強化 「チーム美らサンゴ」植え付けイベント開催
年4回(5、6、10、11月)参加者288人、延参加者3,482人、累計植え付け本数10,992本
6月、植えつけイベントは台風の影響により中止、産卵イベントは昨年から引き続き実施
  • ANAマイレージクラブからの寄付を継続
    「環境サポートマイル」苗木の寄付(約260本)
    ANAダイヤモンド会員によるサンゴの苗木の寄付(880本)

エコ・ファースト認定企業としての取り組み

環境への取り組みと、社会的責任を重視する企業姿勢が高く評価され、ANAは2008年に環境大臣から運輸業界・航空業界として第一号の「エコ・ファースト企業」に認定されました。
また、地球温暖化対策に資する環境省主導の「COOL CHOICE」に賛同し啓発活動に取り組んでいます。さらに、2018年には環境省主導の海洋プラスチックごみの削減を目指す「プラスチック・スマート」フォーラムに参加しました。

ANAホールディングスグリーンボンド

2018年10月、当社はエアラインで世界初となるグリーンボンドを発行しました。
本グリーンボンドの発行によって調達した資金は、経営の重要課題の一つである「環境」への取り組みとして、グリーンビルディング(環境に配慮した建物)である総合トレーニングセンター「ANA Blue Base」の建設資金の一部として充当しました。ANAグループは、事業と財務の両面からESG経営に取り組み、持続的な成長を追求していきます。

TCFDへの賛同を表明

当社はTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の提言にもとづき、2019年3月に日本のエアライングループとして初めて賛同を表明しました。気候変動が事業にもたらすリスクと機会を分析し、経営戦略に反映するとともに、関連する情報のさらなる開示を進めていきます。

CDP(カーボン・ディスクロジャー・プロジェクト)の評価

CDPによる評価は、投資家からの要請による温室効果ガス排出量や気候変動に対する企業戦略の情報開示を目的としています。ANAグループでは2016年より、グループの温室効果ガス排出量を省エネ法の基準に従ってスコープ1、2、3に分類し、第三者認証を得たものを開示しています。2018年は「B」評価でした。(業界平均はC評価)

ページトップへ