• 文化
  • 愛知

名古屋城

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

愛知の城を訪ねる 名古屋城:武将隊や忍者隊が毎日おもてなし

愛知の城を代表する名古屋城は、愛知県名古屋市中区本丸にあります。名古屋城では、名古屋おもてなし武将隊(R)や徳川家康と服部半蔵忍者隊のおもてなしイベントが毎日行われ、訪れる人を楽しませてくれます。また、金シャチ横丁という食のエンターテインメントゾーンが城の門付近にあり、ご当地グルメなどを味わえます。
名古屋城は、「尾張名古屋は城でもつ」とまで言われ、御三家筆頭尾張徳川家の居城で家康公による天下普請の城です。慶長17年(1612)、大小の天守や各櫓が完成した後も、本丸御殿などの整備が続き、天下の名城と呼ばれるに至りました。

近世城郭御殿の最高傑作と言われ、国宝にも指定されていた名古屋城本丸御殿。戦災により惜しくも焼失してしまいましたが、平成30年(2018)6月、10年に及ぶ復元工事が終わり、その豪華絢爛な姿が現代に蘇りました。将軍上洛の際に利用された上洛殿や、創建当時、最大かつ最高格式だった表書院など、殿舎ももちろん必見ですが、忠実に復元模写された障壁画や彫刻欄間なども見逃せません。

名古屋城では、全国の武将隊ブームの先駆けとなった、「名古屋おもてなし武将隊(R)」や「徳川家康と服部半蔵忍者隊」によるおもてなしが毎日、時間を決めて行われています。武将隊は、写真撮影や座談会でお客様をお出迎え、忍者隊は忍術を披露して楽しませてくれます。また、不定期で、武将隊による名古屋城案内ツアーも開催されています。

名古屋城に来たなら、あわせて訪れたいのが商業エリア「金シャチ横丁」。名古屋城正門付近にある、初代藩主にちなんだ「義直ゾーン」には、純和風建築の店舗が連なり、定番・老舗の「なごやめし」を楽しめます。東門付近には、派手好きで知られた7代藩主にちなみ、名古屋の新たな食の魅力を堪能させてくれる「宗春ゾーン」が広がっています。両ゾーンとも、名古屋城の有料エリア外にあり、単独で訪れることもできます。

観光地詳細

名称 名古屋城
Webサイト https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/
所在地 愛知県名古屋市中区本丸1-1
アクセス 地下鉄名城線「市役所」下車、7番出口より徒歩5分
なごや観光ルートバス「メーグル」で「名古屋城」下車
営業時間 9:00~16:30(本丸御殿への最終入場:16:00)
定休日 12月29日~31日、1月1日
お問い合わせ先 TEL:052-231-1700
料金 大人:500円、中学生以下:無料

関連キーワード

おすすめプラン紹介