• 文化
  • 愛知

佐久島

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

愛知県西尾市:佐久島の観光 アートの島をのんびりめぐる旅

愛知県西尾市の佐久島は、三河湾に浮かぶアートの島です。佐久島には、ランチのできる場所やお茶をするカフェをはじめ宿泊施設もあるので、日帰りでも泊まりでもアートと島ののんびりした雰囲気を楽しむことができます。
2001年から「祭りとアート」をキーワードに様々なイベントを開催しており、アーティストと島民、来島者の交流がすっかり定着しました。現在、島内各所に22のアート作品が常設展示されており、そのフォトジェニックな景観から「アートの島」として知られるようになりました。

佐久島には、東西ふたつの集落があります。西集落には、休憩所としても利用できる弁天サロンや印象的な風景が広がる黒壁集落が、東集落には、食堂、宿泊施設などがあり、両集落ともに古民家を改修したカフェもあります。両集落の間は歩いても30分ほど。レンタサイクルもあるので、島内のアート作品を巡りながら、佐久島のゆったりした時間に包まれるのがおすすめです。島(西港)へは、本土側から市営渡船で20分ほど。東港へはさらに5分ほどで到着となります。

島内には、現在、22のアート作品が点在(写真は、石垣海岸にある作品「おひるねハウス」)。島巡りをしながら、島内各所でアート作品の鑑賞・体験ができます。「佐久島アート・ピクニック」は、そんな島巡りを楽しくしてくれるスタンプラリー。スタンプシートは、東西の港や弁天サロンで入手できます。東西どちらの港からスタートしてもOKです。また、大正期に弘法大師の祠が建造されたことにちなみ、弘法巡りスタンプラリーも実施されています。

西港近くに広がる黒壁集落には、潮風から建物を守るため、かつてコールタールを塗った家々が建ち並んでいます。現在は、黒ペンキにより景観保全をしています。その印象的な風景は、三河湾の黒真珠とも形容され、多くの人がカメラを構えています。集落内には細い路地が迷路のように入り組んでおり、角を曲がるたびに現れる新しい景観や、路地をのんびり歩く猫との出会いが、島ののんびりした時間を感じさせてくれます。この黒壁集落を抜けると「おひるねハウス」がある石垣海岸に出られます。

観光地詳細

名称 佐久島
Webサイト https://sakushima.com/
所在地 愛知県西尾市一色町佐久島
アクセス 市営渡船で約20分
お問い合わせ先 TEL:0563-72-9607(西尾市役所佐久島振興課)

関連キーワード

おすすめプラン紹介