• アクティビティ
  • 愛知

香嵐渓

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

黄、オレンジ、赤のグラデーションに息をのむ。愛知県足助(あすけ)の秋の絶景、香嵐渓

全国有数の紅葉の名所として、多くの人でにぎわう香嵐渓。赤や黄色に染まった木々が巴川の川面を美しく彩る姿は圧巻です。11月の「香嵐渓もみじまつり」期間中は、週末を中心に、和太鼓の演奏やお茶会、お囃子など、様々なイベントが楽しめます。

幻想的なライトアップ

日没から行われるライトアップでは、昼間の紅葉のイメージとは一転、幻想的な景観を楽しめます。山全体が艶やかに輝き、川面にも映り込む姿は必見です。「もみじまつり」開催期間前半の週末には、本格的なジャズライブ、また、毎週末には川原にキャンドルを並べる「願かけろうそく」が開催され、訪れる人を楽しませてくれます。ライトアップは、「もみじまつり」開催期間中、毎日21:00まで実施されます。

まるでタイムスリップ「足助の古い町並み」

香嵐渓に来たら、あわせて訪れたいのが、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている「足助の古い町並み」。香嵐渓から徒歩で約10分、白壁の土蔵、格子戸、黒い板壁など、風情ある家並みが2キロメートルにわたって続いています。もともとは、三河と信州を結ぶ中馬街道の宿場町として栄えた町でした。

実演が楽しい「三州足助屋敷」

巴川の右岸を上流方面に行くと現れるのが、「三州足助屋敷」。かつての豪農屋敷を再現した建物で、内部では、炭焼き、木地、紙漉き、機織りなど、この地域に根付いていた10種の手仕事の実演を見ることができます。藍染めや機織り、竹細工、五平餅づくりなどの体験プログラムも充実。食事処では、五平餅や鮎の塩焼き、そばなど、山菜料理をいただくことができます。

観光地詳細

名称 香嵐渓
Webサイト http://asuke.info/korankei/
所在地 愛知県豊田市足助町飯盛
アクセス 名鉄三河線豊田市駅からバスで45分
名鉄名古屋本線東岡崎駅からバスで70分
東海環状自動車道豊田勘八ICから約25分
お問い合わせ先 TEL: 0565-62-1272(豊田市足助観光協会)

関連キーワード

おすすめプラン紹介