• 文化
  • 福岡

三池港 

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

世界文化遺産「三池港」

福岡県大牟田市にある三池港は、1908年に開港し、石炭の積出港として、日本の近代化を支える礎となりました。パナマ運河と同じ閘門(こうもん)式ドックを持つのは日本でここだけです。日本の近代化を肌で感じるのことのできる現役で活躍する港です。

日本近代化の礎

石炭の海外輸出により外貨を獲得した日本は、近代化に大きく舵を切ることができました。その一翼を担ったのが三池港です。築港以前は、大牟田川河口から小型船で長崎や熊本の大きな港まで1日がかりで石炭を移送していたのが、三池港築港により、三池港から海外へ石炭の輸出が可能となりました。現在も稼働している現役の港で、三池港展望所より見学することができます。

近代化産業遺産めぐりはここから「大牟田市石炭産業科学館」

大牟田市石炭産業科学館は、三池炭鉱関連資産のガイダンス施設です。近代日本の発展をエネルギー面から支えた石炭。大牟田市はかつてわが国最大の炭鉱のまちでした。大牟田が知る優れた地球資源である石炭の力を未来に伝えます。常設展示の他にさまざまな企画点やイベントも開催しています。

観光地詳細

三池港の詳細情報
名称 三池港
Webサイト https://www.miike-coalmines.jp/port.html
所在地 福岡県大牟田市新港町
アクセス 大牟田駅から西鉄バスにて三川町1丁目バス停下車、徒歩で約5分
大牟田駅から西鉄バスにて三池港バス停下車、徒歩で約5分
営業時間 三池港展望所 9:30~17:00(最終入場:16:30)
定休日 展望所:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
お問い合わせ先 TEL: 0944-41-2750(大牟田市役所観光おもてなし課)
大牟田市石炭産業科学館の詳細情報
名称 大牟田市石炭産業科学館
Webサイト http://www.sekitan-omuta.jp/
所在地 福岡県大牟田市岬町6-23
アクセス JRまたは西鉄大牟田駅からバスにてイオンモール大牟田下車、徒歩で約8分
JRまたは西鉄大牟田駅からバスにて帝京大学福岡キャンパス下車、徒歩で約3分
営業時間 9:30~17:00
定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
お問い合わせ先 TEL: 0944-53-2377
料金 大人・高校生:420円、4歳~中学生:210円、3歳以下:無料

関連キーワード

おすすめプラン紹介