• 文化
  • 岐阜

多治見市モザイクタイルミュージアム

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

岐阜県多治見市、ユニークな外観のモザイクタイルミュージアム

焼き物の町、多治見市。中でも笠原町はモザイクタイルの生産量が日本一です。世界的に著名な日本人建築家、藤森照信氏が設計したモザイクタイルミュージアムの外観はとてもユニークです。3、4階の展示室ではモザイクタイルのコレクションや資料が公開され、奥深いタイルの文化を知ることができます。

モザイクタイルってなに?日本にひとつだけのミュージアム

モザイクタイルとは一枚の表面積が50平方センチメートル以下の小さなタイルのことです。建設材料として使われることがほとんどのため、建物が壊されれば跡形もなくなってしまいます。地元の歴史ある産業であるモザイクタイルの文化的価値を残していこうと、作られたのがこのミュージアム。ここでは、20年前から地元の有志たちが集めてきたタイル資料や製品を見ることができます。

オリジナル小物を自分で作ろう!

1階にはモザイクタイルの作品作りが体験できる工房とミュージアムショップがあります。好きな小物にモザイクタイルを貼ってオリジナル作品を作りましょう!タイルの色や形、大きさは様々で、おとなも子どもも夢中になる体験工房です。

藤森氏セレクトの4階展示室

4階は藤森照信氏がデザインした開放的なモザイクタイルの展示空間です。床から天井まで白いタイルに覆われた空間に、藤森氏が選んだモザイクタイルの絵模様や絵タイル、レトロな洗面台や浴槽など、多彩なタイルをご覧いただけます。

観光地詳細

名称 多治見市モザイクタイルミュージアム
Webサイト http://www.mosaictile-museum.jp/
所在地 岐阜県多治見市笠原町2082-5
アクセス JR中央本線多治見駅から東鉄バスで東草口行きまたは羽根行きで約17分
東海環状自動車道土岐南多治見ICから車で約15分
営業時間 9:00~17:00(最終入館:閉館の30分前)
定休日 12月29日~1月3日
お問い合わせ先 TEL: 0572-43-5101
料金 一般 : 300円、高校生以下 : 無料

関連キーワード

おすすめプラン紹介