• 文化
  • 岐阜

岩村城跡

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

日本三大山城の一つ 岐阜県恵那市岩村城跡

岩村城は、日本一の標高717メートルに築かれ、高低差180メートルの天然の険しい地形を巧みに利用した山城で、日本の城史にも例を見ないと言われる700年間に及ぶ城の歴史があります。霧の湧きやすい気象までも城づくりに活かされていて、別名「霧が城」とも呼ばれています。

女城主が守った城

岩村城は「女城主の城」としても知られています。織田信長の叔母であるおつやが、信長の戦略により嫁いだ先が岩村城主の遠山景任(とおやまかげとう)でした。織田信長と敵対する武田信玄の配下が攻めてくる時、夫の景任は病死していて、息子はまだ幼かったため、おつや自ら鎧を着て応戦したと伝えられています。

日本酒「女城主」

この逸話にちなみ、岩村城下町にある岩村醸造では、「女城主」という日本酒を製造しています。このお酒はフランスで開催されている日本酒の品評会「KURA MASTER」において、純米大吟醸の部・金賞を受賞しました。

城下町の面影を残す町並みを歩く

岩村城下町は、往時の面影を色濃く残す商家の町並みとして国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されていて、全長1.3キロメートルの古い町並みが続いています。名物のカステラや五平餅、かんから餅など食べ歩きをしながら、歴史を感じる町並みを散策できます。

観光地詳細

名称 岩村城跡
Webサイト https://www.kankou-ena.jp/455.php
所在地 岐阜県恵那市岩村町城山
アクセス 明知鉄道岩村駅より徒歩で約1時間
中央自動車道恵那ICから車で約20分
お問い合わせ先 TEL:0573-43-3057(岩村歴史資料館)

関連キーワード

おすすめプラン紹介