• 文化
  • 石川

金沢21世紀美術館

撮影:渡邉修
提供:金沢21世紀美術館

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

金沢観光ではずせない 楽しく現代アートを満喫 金沢21世紀美術館

大人も子どもも楽しめる現代アートの美術館。2004年の開館以来、訪れる人が絶えません。世界的建築ユニットの妹島和世(せじまかずよ)+西沢立衛(にしじまりゅうえ) / SANAAが設計した開放的な空間と全面ガラス張りの丸い建物は地元の人にも親しまれています。

レアンドロ・エルリッヒ
『スイミング・プール』2004年
金沢21世紀美術館蔵
撮影:渡邉修
写真提供:金沢21世紀美術館

レアンドロ・エルリッヒ『スイミング・プール』

金沢21 世紀美術館といえば、この作品!「レアンドロのプール」は、展覧会ゾーンと無料で入れる交流ゾーンどちらからでも観ることができます。その楽しさのひとつが、水面を挟んでの人との出会いです。上から見下ろす人と、下から見上げる人。プールを見下ろして水の中に人を見つけたときの驚き、内部から水上を見上げる眺めの楽しさ。多様な経験が展開されるこの作品は、あたりまえの日常の感覚を揺さぶるとともに、地上と地下(プールの内部)で人と人の出会いを創り出します。

パトリック・ブラン
『緑の橋』2004年
金沢21世紀美術館蔵
撮影:中道淳/ナカサアンドパートナーズ
写真提供:金沢21世紀美術館

パトリック・ブラン『緑の橋』

植物学者のアーティスト、パトリック・ブランの作品『緑の橋』はガラスの廊下をまたぐように作られています。長さ13メートル、高さ5メートルの壁面が金沢の気候に適した約100種類の植物で覆われ、四季折々の多様な植物が絶妙なバランスで配置されています。限定的な環境のもとでも植物は順応していくという、植物学者ブランの理論を、作品そのものが示しているのです。

観光地詳細

名称 金沢21世紀美術館
Webサイト https://www.kanazawa21.jp/
所在地 石川県金沢市広坂1-2-1
アクセス JR金沢駅バスターミナルから
兼六園口(東口)3番、6番乗り場からバスで約10分「広坂・21世紀美術館」バス停下車すぐ。
兼六園口8~10番乗り場からバスで約10分「香林坊(アトリオ前)」バス停下車、徒歩約5分。
営業時間 展覧会ゾーン: 10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
交流ゾーン: 9:00~22:00
各施設の開室時間はそれぞれ異なる。
定休日 展覧会ゾーン:月曜日(月曜日が休日の場合、その直後の平日)、年末年始
交流ゾーン:年末年始
その他:2019年12月20日~2020年2月3日は改修工事のため全館休館
お問い合わせ先 TEL: 076-220-2800
料金 美術館の建物への入館(交流ゾーン)は無料。展覧会ゾーンへの入場は展覧会観覧券(有料、展覧会により料金が異なる)が必要です。

関連キーワード

おすすめプラン紹介