• アクティビティ
  • 長崎

土谷棚田

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

土谷棚田の四季折々の幻想的な光景など、長崎県松浦市の観光

土谷棚田―約3,000本もの灯籠に火が灯される幻想的な風景

日本の棚田100選の中でも指折りの棚田と呼び声も高い土谷棚田。
長崎県松浦市福島町の西に広がる約15ヘクタールの斜面を、明治から昭和初期にかけて開墾し、自然の傾斜に高さ5メートルもの石垣を組み合わせ、約400枚もの棚田を形成しています。
棚田は、美しい曲線を描きながら海岸まで伸び、海と合わさり1つの鏡となり、沈む夕日をはじめ四季折々の景色を映し出します。
一瞬の瞬間を捉えるため、全国各地から多くの写真家が撮影に訪れます。
棚田を守る人々の営みにより、春は田植え、夏は稲穂が黄金色になり、秋は夕焼け、冬には一面の雪景色が見られることもあります。
9月に行われる土谷棚田火祭りでは、約3000本の灯籠に火がともされ幻想的な風景をご覧いただけます。

大山公園

福島大橋から約5km、眼下に拡がるイロハ島は、別名ミニ九十九島と呼ばれ来訪者の眼を楽しませています。
桜のシーズン、大山公園での花見は満開の桜とイロハ島が絶妙にマッチし、とても美しい景色です。
高台の展望所からの眺望が特に素晴らしく、海の青に桜のピンクがよく映えます。
この地にある歌碑は、文学博士井上円了が、明治39年8月4日から7日まで全国巡講の道すがら福島に遊び、当時の福島の情景を詠んだのを記念して建立されたものです。
この一帯は玄海国定公園に指定され、高台に展望所、野外ステージ、遊具施設、管理所兼売店などがあり、「福島桜春まつり」はイベント盛りだくさんで、祭りの間は多くの花見客で賑わいます。

不老山総合公園

松浦市の中心部にあり、春には約11万本のツツジが満開になる自然豊かな公園です。
紀元前3世紀に「秦の始皇帝」の命を受けた「徐福」が「不老不死の薬」を求めてこの山に登ったとの伝説から不老山と呼ばれています。
日本各地に残る「徐福伝説」の一舞台でもあり、288mの山頂からは松浦の海や及び市街地を一望でき、360度のパノラマが広がります。
また、草スキーや各種遊具を完備した子供広場もあります。

観光地詳細

名称 土谷棚田
Webサイト http://matsuura-guide.com/
住所 長崎県松浦市福島町土谷免
お問い合わせ先 まつうら観光物産協会

関連キーワード

おすすめプラン紹介