• 文化
  • 長崎

日野江城跡

「Tastes of JAPAN by ANA」は、地域とともに日本の多様な魅力を発信することで、地域活性化に貢献するプロジェクトです。

日野江城跡は、戦国時代のキリシタン大名であった有馬晴信の居城跡です。晴信は、日本で初めてヨーロッパの中等教育機関「有馬セミナリヨ」を設置しました。(セミナリヨはキリスト教の学校。現在の中学校にあたります。)ローマに派遣された天正遣欧少年使節団も、この学校から選ばれました。城跡からは、貿易の足跡を確認できる陶磁器や、豊臣秀吉との関係を語る金箔瓦が出土しています。

1571年、領主となった有馬晴信は、当初はキリスト教に好意的ではありませんでした。しかし、龍造寺氏の攻撃が激しくなると、1580年に洗礼を受け、イエズス会から食糧や資金等の支援を受けます。また、薩摩・島津氏の援軍を得て沖田畷の戦いで龍造寺氏を破りました。危機を脱した晴信は、自領の浦上村をイエズス会に寄進し、有力キリシタン大名大村純忠や大友宗麟亡き後、伴天連追放令が出ても宣教師らを庇護しました。

日野江城は有馬氏の居城で、当時は海に面し、海面に朝日が臨める名城だったといわれています。1590年のイエズス会年報には「部屋はすべて黄金の品や典雅で華麗な絵画で飾られ、日本にこれほど壮麗な建築物があるとは考えてみなかった」と記されています。江戸時代に入ると有馬氏は失脚し、居城は島原城に移されました。1982年、日野江城跡は日本キリスト教史における初期の中心地として、国の史跡に指定されました。

観光地詳細

名称 日野江城跡
Webサイト https://himawari-kankou.jp/learn/000517.php
所在地 長崎県南島原市北有馬町戊
営業時間 年中無休
お問い合わせ先 TEL:0957-65-6333(南島原ひまわり観光協会)

関連キーワード

おすすめプラン紹介